オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ストリートファイターIV公式サイトへ
  • カプコン
  • 発売日:2009/02/12
  • 価格:8390円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
64
投稿数:4
レビューを投稿する
海外での評価
94
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2010/04/05 22:46

イベント

待望のアーケード版「スーパーストリートファイターIV」も正式発表! 2010年最強のプレイヤーが決定した「ストリートファイターIV 全国大会」レポート

 昨日(4月4日),人気格闘ゲームAC版「ストリートファイターIV」(AC版 / PC版 / PlayStation 3版 / Xbox 360版)(以下,ストIV)のカプコン公式全国大会「Xbox 360 × CAPCOM Presents 闘志追撃 拳をかけろ! ストリートファイターIV 全国大会」が東京・秋葉原にて開催された。


「スーパーストリートファイターIV」公式サイト


 当日は4月にもかかわらず肌寒い一日となり,会場となったオープン型のイベントスペース「ベルサール秋葉原」にはあまり適しているとは言い難かったが,それでも多くのファンが駆けつける盛況ぶりとなった。
 その理由のひとつには,4月28日にPlayStation 3Xbox 360で発売予定の続編「スーパーストリートファイターIV」(以下,スパIV)の試遊台(Xbox 360版)が多数設置されたことがあるだろう。
 もちろん,それだけではなく全国から熾烈な予選を勝ち抜いてきたトッププレイヤー達による,全国大会決勝トーナメントは寒さなんてどこ吹く風の熱気で,見ているだけでも熱くなる名試合をいくつも生み出された。本稿では,そんなイベントの模様を,多数の写真と共にお伝えしていこう。

平時は仕切りのある1Fスペースが開放された会場の様子。秋葉原のメインストリートに面しており,休日の秋葉原を行きかう人達の注目も集めていた
国内では初の一般公開となった「スーパーストリートファイターIV」の試遊台。午前中から60分待ちという混雑ぶりだったが,新キャラなどの新要素を確認するべく,沢山の人が列に並んでいた
午前中には試遊台の一部を使い,2枠用意された当日参加枠をめぐって当日予選が行われた。その参加者も見る人が見ればわかる,なかなか豪華メンバーだ
ストリートファイターIV


声優さんも登場し,盛り上がりをみせた「スペシャルステージ」


トーナメントの組み合わせを決定するくじ引きの様子。対戦順を自由に変更できる3on3ルールでは,この段階から駆け引きが始まっているといっても過言ではない
 午後から開始となったステージイベントは,トーナメント表の発表と,出場チームの紹介で幕を開けた。個人戦で行われた昨年とは違い,今大会は3人がチームとなって勝ち抜き戦を行う,3on3ルールが採用されている。全国で行われた予選を勝ち抜いた9チームに,当日予選枠の2チーム,そしてシード枠として用意された3チームを加えた14チーム・計42名のトッププレイヤー達が秋葉原に集結した形となる。
 それぞれのチームの代表が順にステージに登壇し,トーナメントに向けたコメントを残したあと,本作のファンにはおなじみのプロデューサー,カプコン・小野義徳氏がステージに現れ,大会の開始を宣言した。

カプコン 小野義徳氏

全国大会出場チーム


関東予選(1)優勝 「レタスサンド」
志郎(アベル),キャベツ(ヴァイパー),おじさんボーイ選手(サガット)
東北予選優勝 「HEELS」
マゴ選手(サガット),ときど選手(豪鬼),あきも選手(本田)
関西予選(1)優勝 「チュン鳥love」
ピエ選手(サガット),Y24選手(春麗),うめちん選手(リュウ)
九州予選優勝 「おこづかい2000円」
金デヴ選手(ルーファス),あーるえふ選手(サガット),ももち選手(豪鬼)
中部予選優勝 「えい田リク尊」
リクそん選手(サガット),前田太尊選手(バイソン),えいた選手(豪鬼)
北海道予選優勝 「暴れ馬」
青汁ガイル選手(バイソン),ベガカレー選手(サガット),だしお選手(ヴァイパー)
関西予選(2)優勝 「カイザーフェニックス」
MDR選手(ルーファス),ぱみゅ〜選手(バイソン),飛翔選手(サガット)
中四国予選優勝 「黒豆」
ビーン選手(アベル),黒魔術師選手(サガット),ブラックマンバ選手(ブランカ)
関東予選(2)優勝 「高モチベ」
板橋ザンギエフ選手(ザンギエフ),ふ〜選手(リュウ),中足絶唱TKD選手(フォルテ)
当日参加枠A 「くま味コーラ」
八頭選手(ガイル),くま選手(ベガ),味ぽん選手(ルーファス)
当日参加枠B 「チームTRF」
ミゾテル選手(ブランカ),はなまるき選手(サガット),ハネヤマ選手(チュンリー)
ドリームチームA 「ぢぢプロデュース」
寝王☆誠選手(バルログ),すとらいくさん選手(ケン),M嬢選手(ダルシム)
ドリームチームB 「試合数」
ウメハラ選手(リュウ),祐☆選手(豪鬼),ボンちゃん選手(サガット)
初代全国覇者枠 「ボウヤ道場」
伊予選手(ダルシム),ネモ選手(春麗),りき選手(ベガ)

今回のトーナメントの優勝チームに送られる,ゴールデングローブもここでお披露目

 と,実際のトーナメントに移る前に,当の小野プロデューサーをホストとした,スペシャルステージが催されたのでそちらの内容を紹介していこう。会場に多数の試遊台が設置されていることからも分かるとおり,このステージのテーマは,もちろん4月28日の発売が迫る「スーパーストリートファイターIV」についてのもの。スパIVの気になる最新情報が次々と発表される,同作に興味がある人には見逃せないステージとなった。

ストリートファイターIV ストリートファイターIV
ストリートファイターIV ストリートファイターIV

 ステージは,まずこの日が初公開となる「スパIV」最新プロモーションムービーの上映からスタートした。本作から登場する新キャラクターを含む,本作のために新たに描き起こされたキャラクターイラストと共に,全35キャラを紹介するという内容だ。

「ストIV」で弱すぎた“アイツ”や強すぎた“アイツ”の調整について,「良き様にはからっている」と語る小野プロデューサー。とくに溜め系のキャラクターについては,念入りに調整されているようだ
 続いて小野プロデューサーから,新キャラクター以外の新要素についての説明が行われた。「スパIV」で復活を遂げた,懐かしの「ボーナスステージ」についてや,ネットワーク対戦の新モードである「エンドレスバトル」と「チームバトル」「リプレイチャンネル」についてノリノリで説明が行われたあとは,熱心なプレイヤーが集まる全国大会会場ならではの,既存キャラクターのバランス調整についても話が及んだ。

 その後は,Xbox 360版限定のダウンロード特典となる,オリジナルアニメーションのプロモーションムービーの上映が開始。本作から登場する完全新規キャラクター「ジュリ」に大きくスポットを当てた内容のようで,この場ではごくさわりの部分しか観られなかったが,クオリティにもなかなか期待できそうなアニメーションに仕上がっていた。
 続いて,このアニメだけでなくゲーム内のキャラクターボイスも担当した声優さん3名をゲストとして迎え,「プレミアムトークショー」が行われた。登壇したのは,ジュリ役の喜多村英梨さん,ガイル役の安元洋貴さん,ヴァイパー役の園崎未恵さんの3名で,収録時のエピソードなどを交えつつ,それぞれの役どころについて,ちょっと暴走気味のトークが展開された。

初代ストリートファイターの話題が出るほど,ストリートファイターシリーズがお好きで,「ストIV」も遊んでいるという安元さん,「中学生のときにゲームセンターでプレイしていたゲームが,今になってまたやれる,関われるというだけでうれしいです」

アニメでは台詞が1行しかなかったという園崎さん,「今回ヴァイパーは新キャラでなくレギュラーキャラ。アニメは英梨ちゃんのキャラクター(ジュリ)が大活躍しているので,前回からの橋渡しになりつつ,もっともっと世界が広がるといいなと思います」

 トークコーナーに続いては,3月10日に発売されたiPhone版「ストリートファイターIV」を使った,プチ対戦会が行われた。お三方の一人と小野プロデューサーが対戦し,勝てたら豪華なプレゼントがあるということで,挑戦権をかけたじゃんけんにも力が入る。見事挑戦権を獲得した喜多村さんだったが,なぜか溜めの操作が難しいガイルを選択。なにやらいろいろあったものの,結局は小野プロデューサーが渾身の接待プレイを披露し,辛くも勝利を拾った喜多村さんには,賞品として同作がインストールされた「iPod touch本体」と,ストIVデザインの限定「iPhoneカバー」,などがプレゼントされた。

喜多村さん「(ジュリは)普段の仕事で言う機会のない(?),ドSなセリフが沢山あって,うれしかったし,やりやすかったです(笑)」

そのほか声優さんらしさのアピールに用意された「スパIV技名シャウト」のコーナーも。安元さんの「アイガーアパカ」はスパIIX仕様という本格派。小野プロデューサーからは,「タイガー」が「アイガー」と聞こえるのは,実はROMの容量節約のため,というトリビアも飛び出した
なぜか渋いボイスを引いてしまう女性陣のお二人。喜多村さんはガイルの「ソニックブーム」,園崎さんはダンの「疾走無頼拳」。どちらもノリノリの熱演で,会場に笑いを振りまいた

喜多村さん「ジュリは悪役でスゲー強いという,魅力たっぷりのキャラクターです。今後皆さんに愛していただけるよう精一杯やらせていただきました。使うと快感が得られるキャラクターだと思うので,ぜひ皆さんのリビドーをぶつけてください」
安元さん「脈々と続いてるシリーズで,これはもはや文化といっていいでしょう。それに絡めただけでもうれしいです。本当は声優としてでなく,いちファンとして接したかったくらい。対戦が面白いので,皆さんで遊び倒してください」
園崎さん「歴史ある作品に参加させてもらって緊張するとともに,非常にうれしいです。ヴァイパーは操作が難しいという声も聞きますが,使い込んだらおもしろいのでぜひプレイしてみてください」

ストリートファイターIV
 またスペシャルステージの締めには,全国に店舗を構える中華料理店「紅虎餃子房」「万豚記」(一部店舗のぞく)にて,4月7日から開始となるタイアップキャンペーン「K.O.コラボ飯」についての紹介も行われた。こちらは昨年の「ストIV」発売時に行われたキャンペーンの第2弾となるもので,それぞれの店舗で「スパIV」キャラクターにちなんだ各種特別メニューが発売されるというものだ。さらに特別メニューを注文した人には,ここでしか手に入らない「コラボ記念オリジナルピンバッジ(全8種)」と,「特製携帯待ち受け画面」もしくは「やみつき餃子一皿無料引換券」がもれなくプレゼントされるとのこと。詳細は,本レポート後半の「メディア向け試食会イベント」のところであらためて紹介しよう。


特製携帯待ち受け
ストリートファイターIV ストリートファイターIV

 
  • 関連タイトル:

    ストリートファイターIV

  • 関連タイトル:

    ストリートファイターIV

  • 関連タイトル:

    ストリートファイターIV

  • 関連タイトル:

    ストリートファイターIV

  • 関連タイトル:

    スーパーストリートファイターIV

  • 関連タイトル:

    スーパーストリートファイターIV

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月31日〜08月01日
タイトル評価ランキング
95
92
Smite (PC)
83
83
81
Banished (PC)
2014年02月〜2014年08月