オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
プリンス・オブ・ペルシャ公式サイトへ
読者の評価
75
投稿数:3
レビューを投稿する
海外での評価
83
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2008/12/09 22:52

ニュース

アクロバティックなアクションと,プリンス/エリカの“会話”に注目。「プリンス・オブ・ペルシャ」発売記念イベントレポート

 ユービーアイソフトは12月9日,カナダ大使館のオスカー・ピーターソン シアターにて,「プリンス・オブ・ペルシャ」(Xbox 360版 / PLAYSTATION 3版)の発売記念イベントを開催した。

プリンス・オブ・ペルシャ プリンス・オブ・ペルシャ

 ユービーアイソフトのなかでも中心的な存在である,カナダのモントリオールスタジオで開発されたプリンス・オブ・ペルシャは,闇の神によって汚染された世界を救うため,主人公の“プリンス”と,穢れを浄化する力を持つ不思議な女性“エリカ”が大冒険を繰り広げるアクションゲームだ。
 壁を走る“ウォールラン”や,崖を滑り落ちることができる“グリップフォール”など,アクロバティックなアクションの数々を駆使しながら突き進んでいく爽快感が,本作の大きな魅力である。
 なお,発売日はXbox 360版が2008年12月18日で,PS3版が2009年1月22日。価格は共に7329円(税込)となっている。

プリンス・オブ・ペルシャ プリンス・オブ・ペルシャ
プリンス・オブ・ペルシャ プリンス・オブ・ペルシャ
プリンス・オブ・ペルシャ プリンス・オブ・ペルシャ

 プリンス役の浪川大輔さん(以下,浪川さん)や,エリカ役の成海璃子さん(以下,成海さん)といった豪華ゲストも登場した同イベント。本稿では,その模様をお伝えしていこう。


豪華ゲストによるトークイベント

本作についてさまざまな話が聞けた


カナダ大使館のキャサリン・ドノヒュー参事官
 本作のトレーラー映像が上映され,司会によるイベントの説明が終わった後,まず登場したのはカナダ大使館のキャサリン・ドノヒュー参事官(以下,ドノヒュー参事官)。
 「本日はカナダ大使館へようこそ。大使館を代表してお礼を申し上げます」と日本語での挨拶を行ったあと,「日本におけるカナダ貿易促進プログラムの責任者の一人として,最高の技術をもってカナダで開発された娯楽作品を紹介するイベントで,こうして挨拶できたことを非常に嬉しく思っております」とコメントしていた。

ユービーアイソフト 代表取締役社長のスティーヴ・ミラー氏
 ドノヒュー参事官の挨拶が終わり,お次に登場したのはユービーアイソフトの代表取締役社長であるスティーヴ・ミラー氏。
 ユービーアイソフトの代表作などについて説明してくれたほか,「我が社の目標はユービーアイソフトのブランドを通じ,驚きと感動を与えることです。その中で,今年の目玉であるプリンス・オブ・ペルシャを紹介できることを,大変嬉しく思います」とコメントしていた。


ユービーアイソフト マーケティングディレクターの辻 良尚氏
 その後は同社マーケティングディレクターである辻 良尚氏(以下,辻氏)が登場。ゲームの概要を説明してくれたほか,本作のヒロインであるエリカ役に成海さんを起用した経緯について,「エリカに関しては,作られたキャラクターではなく,生身の人間を感じさせるようなキャラクターにしたいと思ってました。なので,アニメやゲームなどで普段聞きなれているキャラクターのボイスではなく,演技を本業とする女優さんにぜひともお願いしたいなと考えました。それで最初に浮かんだのが,成海璃子さんだったわけです」と語っていた。

プリンス・オブ・ペルシャ プリンス・オブ・ペルシャ
プリンス・オブ・ペルシャ プリンス・オブ・ペルシャ

プリンス・オブ・ペルシャ
エリカ役を務めた,女優の成海璃子さん(左)と,プリンス役を務めた声優の浪川大輔さん(右)
 続いて,いよいよ同イベントの主役とも言える浪川さんと成海さんが舞台に登場。辻氏を交え3人で,収録時の感想などについてトークをしてくれた。
 「今回はほかのゲームと比べてセリフの量が多く,さらに英語を聞きながら日本語をあてなければいけなかったので,非常に反射神経と集中力の必要な作業でした。もうヘトヘトでしたね(笑)。でも,充実した時間を過ごせました」と,収録を振り返る浪川さん。
 そして,ゲームの声優は本作が初挑戦となる成海さんは,「まず,セリフの量が凄く多いことに驚きました。あと,ずっと同じブースにこもって収録するので,集中力を保つのが大変でしたね。声優さんのお仕事って大変なんだなと思いました」とコメントしていた。

プリンス・オブ・ペルシャ プリンス・オブ・ペルシャ

プリンス・オブ・ペルシャ
 また,成海さんの演技について,「本当にナチュラルに演じてくれました。プリンスとエリカはずっと行動を共にしているのですが,もう最高でした。あれだけセリフがあると,プレイヤーも疲れちゃうと思ったんですが,実際にプレイすると,本当にエリカは自然に語りかけてきてくれて。ゲームにすんなり入っていくことができましたね」と浪川さんは語っていた。
 その後,プリンスとエリカの会話シーンに関するムービー映像も流され,“軽薄だけど頼れるマッチョ”と印象を語られたプリンス。浪川さんの「マッチョ好き?」という質問に対し,成海さんはピシャリと「好きじゃないです」と答え,会場の笑いを誘っていた。

 途中,本作のプロデューサーであるベン・マッテス氏のメッセージ映像も流されたのだが,彼は「まさにイメージ通りだ」と成海さんの演技を絶賛。また,「日本のゲームを意識して作りました。日本のユーザーにどう受け入れられるか楽しみです」ともコメントしていた。


 実際に浪川さんと成海さんがゲームをプレイする場面もあり,さすがゲーム好きなだけあって慣れた手つきでプリンスを操作する浪川さん。アクロバティックな“魅せる”動きでボスを撃破していた。
 あまりゲームをプレイしないという成海さんは,ボス撃破後に行う“穢れ”の浄化作業だけを担当したのだが,それまでの落ち着いた雰囲気から一転。まるで親の仇と言わんばかりに,凄い勢いでボタンを連打していたのが非常に印象的だった。

 イベント終盤,「映像も素晴らしいし,プリンスとエリカの会話が非常に楽しめるものになっています。ネタバレになるので詳しくは言えませんが,色々なバックボーンもありますので。楽しみにプレイしていたければと思います」,「映像は美しく,キャラクターは魅力的ですし,私も一生懸命エリカを演じました。楽しんでいただけると嬉しいです」と,順にファンへのメッセージを語った浪川さんと成海さん。
 そして,最後に辻氏が「非常に壮大なストーリーと,新しいゲーム性を持ったプリンス・オブ・ペルシャ。私としては,とくにプリンスとエリカの距離感を見てほしいです。もうすぐ発売ですので,お楽しみに」とコメントし,イベントは幕を閉じた。

プリンス・オブ・ペルシャ プリンス・オブ・ペルシャ
  • 関連タイトル:

    プリンス・オブ・ペルシャ

  • 関連タイトル:

    プリンス・オブ・ペルシャ

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月18日〜09月19日
タイトル評価ランキング
93
Smite (PC)
83
81
マリオカート8 (Wii U)
78
FREE JACK (BROWSER)
2014年03月〜2014年09月