オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ブレイドアンドソウル公式サイトへ
読者の評価
60
投稿数:98
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2011/11/12 15:53

ムービー

[G-Star 2011]「楽しみにしていたのに!」という人のために贈る,「Blade&Soul」のCBTでプレイ可能だった全キャラクターパターン一覧+αを掲載

Blade&Soul―ブレイドアンドソウル―
 韓国NCsoftがサービス予定のオンラインRPG「Blade&Soul」では,8月下旬から9月上旬にかけて,第2次クローズドβテストが行われていた。4Gamerではこれに関して2本の記事を掲載したが,両記事の注目度は非常に高く,日本でのサービスを待ち望んでいるMMORPGファンの多さをあらためて認識させられた。

キム・ヒョンテ氏の描くキャラの魅力と,ゲームの完成度の高さに脱帽。韓国版「Blade&Soul」第2次CBTの最新スクリーンショットを掲載


日本サービスの準備も着々と進行中!「Blade&Soul」CBTで確認できたゲームの見どころを,大量のSSと共に紹介


Blade&Soul―ブレイドアンドソウル― Blade&Soul―ブレイドアンドソウル―

 韓国でのCBTが終了し,Blade&Soulの次なる情報公開のタイミングは,韓国・釜山で11月に行われるゲームショウ「G-Star 2011」のあたり……だと思われたのだが,残念ながら出展されることはなかった。
 「楽しみにしていたのに!」という読者も少なくなさそうなので,本稿では,こんなときのために撮りだめていたキャラクターモデルに関するスクリーンショットを,スライドショウムービーでまとめて紹介しよう。

 第2次CBTバージョンでは,オーソドックスな「JIN」,女性のみの「GEON」,小柄な「LYN」,筋肉質な「GON」の4種族がプレイアブルキャラクターとして選択できた。そして各種族/性別ごとに,それぞれ18種類のプリセットが用意されていたのだが,そのすべてのバリエーションを撮影してみた。ついでに,クエストなどで接したNPCの画像もピックアップしてみたので,Blade&Soulにどのようなキャラクターが登場するのか気になる人は,ぜひチェックしてみてほしい。


 念のため補足しておくと,これらはあくまで第2次CBT時点の内容である。今後プリセット内容が変わる/増えることがありそうだし,キャラカスタマイズ要素そのものが拡充される可能性もあるので,その点はご了承を。

Blade&Soul―ブレイドアンドソウル―
 ご存じの人も多いと思うが,本作品のグラフィックスを手がけているのは,日本でも知名度の高いキム・ヒョンテ氏である。キム氏は現在,NCsoft社内でアートディレクターを務めており,本作においてはグラフィックス全般を統括している。
 つまり,キム氏が手がけた2Dイラストをもとに,キム氏自身の監修によって3Dモデルが作られているわけだ。この工程により,Blade&Soulのキャラクターはどの角度から見ても違和感がなく,あたかもキム氏の絵がそのまま動いているかのような印象さえ受ける。スクリーンショットを見るだけでも,キャラクターの躍動感は十分に伝わってくるはずだ。

Blade&Soul―ブレイドアンドソウル―
Blade&Soul―ブレイドアンドソウル― Blade&Soul―ブレイドアンドソウル―
Blade&Soul―ブレイドアンドソウル― Blade&Soul―ブレイドアンドソウル―

 本作は,第2次CBTの時点でも完成度が高く仕上がっており,今後のサービススケジュールが気になるところ。そう遠くない時期に何らかの続報が出てくるはずなので,ぜひ楽しみにしていてほしい。

Blade&Soul―ブレイドアンドソウル― Blade&Soul―ブレイドアンドソウル―
  • 関連タイトル:

    ブレイドアンドソウル

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月27日〜04月28日