オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2010/06/23 22:07

ニュース

日本でのサービスは2011年開始。ゲームオン,“生活”をコンセプトにしたMMORPG「Lime Odyssey」制作発表会を開催

Lime Odyssey
 本日(6月23日),ゲームオンは,東京都内でMMORPG「Lime Odyssey」の制作発表会を開催した。本作は“生活”をメインコンセプトに据えたMMORPGで,プレイヤーは「チェンジシステム」により,「戦闘職業」と「生活職業」を切り替えつつゲームを進めていく。
 また楽曲に光田康典氏(代表作「クロノトリガー」「ゼノブレイド」など)と,メインイラストレーターにHACCANさん(代表作「斬撃のREGINLEIV」「虫姫さま ふたり」など)という二人のクリエイターが参加していることも特徴だ。なお,本作のサービス開始予定は2011年。料金体系は今のところ未発表だ。

会場には,このページにも掲載しているイメージイラストが展示されていた
Lime Odyssey

試遊台では,韓国サーバーにつながれたテストバージョンに触れられた
Lime Odyssey
 会場では,ゲームオンの取締役オンライン事業本部長を務める萩原和之氏が登壇し,最初の挨拶としてLime Odysseyのサービスを提供することを決めた経緯を述べた。
 萩原氏は,同社がこれまで,海外で一定期間のサービスを継続した「実績のある」タイトルのみを選んで日本展開を行ってきたと説明。
 「PRIUS ONLINE」は,ちょっと例外だったように感じるが,いずれにしろ,このやり方はコンテンツがある程度充実した状態でサービスがスタートできるというメリットがある半面,日本のオンラインゲーム市場のトレンドに乗り遅れてしまったり,ある程度完成してしまっているがゆえにゲームの根本に関わる部分に手を加えることができなかったりといったデメリットを抱えていたと,萩原氏は述べた。

ゲームオン 取締役オンライン事業本部長 萩原和之氏
 さらに萩原氏は,近年の日本市場について,カジュアルゲームやブラウザゲームがあっという間に定着するなど,遊びのスタイルや質が短いサイクルで変化していく傾向があると指摘。そうした傾向にいち早く対応し,本当に顧客が望むものを提供するために,今回は従来とは異なる手法に挑戦しようと,まだ韓国ではクローズドβテスト段階の──いわば未完成のLime Odysseyを手がけることに決めたと,萩原氏は述べた。

 萩原氏は続けて,開発元の韓国SIRIUS Entertainmentは,高い企画/開発力を持った企業であると説明し,とくにLime Odysseyは完成状態ではないため,ゲームオン側からの意見や要望を議論する余地が十分にあり,日本で成功を収めるべく鋭意カルチャライズを施していると,強い意気込みを見せた。
 また二人の日本人クリエイターについては,カジュアルゲーム/ブラウザゲームのプレイヤーを含めた幅広い層に訴求できる魅力を持っていると紹介し,今後,多くのプレイヤーの意見や要望を汲み上げて,Lime Odysseyを作り上げていきたいと締め括った。

ストーリーとコンセプトについての資料
Lime Odyssey Lime Odyssey

韓国SIRIUS Entertainment 代表取締役 ファン・ビョンチャン氏
 次に,韓国SIRIUS Entertainmentの代表取締役であるファン・ビョンチャン氏が登壇し,Lime Odysseyの概要を紹介した。
 最初にファン氏は,同社が「ラグナロクオンライン」の開発スタッフを中心に設立されたメーカーであることを説明。Lime Odysseyの企画時には,まず「自分達に何ができるか」という議論がなされたが,その結果,彼らがラグナロクオンラインなどで表現した“明るく可愛らしい世界”を,3Dで再現することに一致したという。

 本タイトルの特徴はいくつかあるが,まずキャラクターの表情や躍動感を3Dで表現していること,そして頻繁なローディングを解消し,シームレスなフィールドを実現していることを挙げた。

 また“生活”をメインコンセプトに掲げたことにより,生産専門のようなプレイスタイルをも許容しているとのこと。前述のとおり,各プレイヤーには,対モンスター戦に適した戦闘職業と,生産などを手がける生活職業の二つのクラスが与えられ,適宜それらを切り替えてゲームを進めていける。
 プレイスタイルに応じて,どちらかに特化してレベルを上げてもいいし,または両者のバランスを取ることもできる。あるいはログイン時間に応じて,人の少ない時間帯は生活職業で生産に専念し,人が増えてきたら戦闘職業に切り替えて狩りを楽しむといった遊び方も可能になる。

Lime Odyssey Lime Odyssey
Lime Odyssey Lime Odyssey
Lime Odyssey Lime Odyssey

会場では,光田氏およびHACCANさんから寄せられたLime Odysseyについてのメッセージが読み上げられた
Lime Odyssey
 そのほか,詳細な説明はなかったが,「インスタンスダンジョン」「フィールドダンジョン」「多彩なアバター」「ハウジングシステム」「農場システム」「オークション」「郵便」「銀行」などが本作のキーワードとして挙げられている。
 二人の日本人クリエイターについては,Lime Odysseyの魅力を十分に引き出す,高い実力の持ち主と絶賛し,日本でも韓国でも人気の高いクリエイターを起用することで,より多くの人にアピールしていきたいと述べた。

 なお,Lime Odysseyの公式ブログが本日6月23日16:00からオープンしている。今後の展開をいち早く知りたいという人は,ぜひチェックしてみよう。

Lime Odyssey Lime Odyssey Lime Odyssey
公開されたコンセプトアートの一部
Lime Odyssey Lime Odyssey Lime Odyssey
Lime Odyssey Lime Odyssey Lime Odyssey
  • 関連タイトル:

    Lime Odyssey

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月13日〜12月14日
タイトル評価ランキング
83
82
ARMS (Nintendo Switch)
73
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
70
2017年06月〜2017年12月