オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版公式サイトへ
レビューを書く
海外での評価
83
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2008/11/27 19:13

レビュー

「RACE 07」に「ニュルブルクリンクサーキット」と「WTCC Extreme」マシンを追加

GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版

Text by UHAUHA


人気レースシム「RACE 07: Official WTCC Game」の
拡張パックが登場


 「GTR」「RACE」シリーズといった良質のレースシミュレータをリリースし続けている,スウェーデンのゲームデベロッパSimBin Studiosが放つレースシム「GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版」(以下,Evolution)が,ズーから発売されている。

人気のレースシム「RACE 07: Official WTCC Game」に,ニュルブルクリンクサーキットと合計49車種を追加する拡張パックがセットになった「GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版」。世界一過酷なコースであるニュルブルクリンクを思う存分に攻略しよう
GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版

 といっても完全な新作という位置づけではなく,ズーが2007年に発売したFIA公認のWTCC世界ツーリングカー選手権を題材としたレースシム「RACE 07: Official WTCC Game 日本語マニュアル付 英語版」(以下,RACE 07)に,レースモード,サーキット,レースカーを追加する拡張パック「GTR Evolution Expansion」をセットにしたスペシャルパックである。

 では早速,Evolutionを導入するとRACE 07に追加される要素を中心に見ていこう。基本的な部分はRACE 07となんら変わっていないため,RACE 07の詳しいことについては当サイトに掲載してあるレビュー記事をご覧になってから読み進めていただきたい。また,Evolutionのムービー2本を掲載したので,まずはその目でゲーム内容を確認してもらいたい。

「RACE 07: Official WTCC Game」レビュー記事


GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版
もちろん,「RACE 07」に収録されていた車種はすべて使用できる。ニュルブルクリンクをスーパーセブンなどで走ることも可能だ
GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版
リアルレースシムなので,「ステアリングコントローラ」+「ドライバーズビュー」がオススメ。自分のドライビングに酔いしれよう
GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版
追加車種についてもダッシュボード,メーターコラム,ステアリング周り,Aピラーなどコクピット内の再現度は高い
GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版
レースカーのモデリングも細かく再現されていて完成度が高い。コースの落書きなど,オブジェクトの再現度にも注目しよう




リアルに再現された
ニュルブルクリンクサーキットを走り回れ!


 Evolutionで追加されるサーキットは,レースファンならばご存じのドイツのニュルブルクリンクサーキットだ。世界一過酷なコースとして知られる全長20.8kmの北コース,F1などで使用される5.1kmの南コース,さらに北コースと南コースをつないだ24.4kmのエンデュランスレイアウトが収録されており,レイアウトの異なる3コースが楽しめるのは嬉しいところだ。

GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版 GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版 GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版

 ニュルブルクリンクの面白さは,やはり北コースにある。コースの高低差は約300m,コース幅が狭い上に勾配があって,172のコーナーは先が見えにくいブラインドコーナーが多く,それでいて平均スピードが速い。車にとって過酷な条件が揃っており,車の持つ総合的なポテンシャルを測るために世界中の自動車メーカーがスポーツカーのテストを行っていることで有名だ。もちろん車の性能だけでなく,一周6〜8分もかかるコースだけに,ドライバーの集中力,力量,そして度胸が試されるので,気合いを入れて走らなくてはならない。

GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版
ニュルブルクリンクサーキットがついに登場。腕に自信のある人は登場するすべてのレースカーでニュルブルクリンクを極めてみよう
GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版
F3000のマシンでニュルブルクリンクを走る。傾斜のついたコーナーが多く,サーキットセッティングとは異なるノウハウが必要だ

 北コースはすべてのコーナーが覚えられず,何度もミスしてしまうなんてこともあるだろう。筆者も最初はそんな感じだったが,繰り返し走っているうちに自然とどこを走っているのかは分かるようになってくるはず。それでも覚えられない! という人は,コースレイアウトが分かるトラックマップを表示しておけば(デフォルト設定で,テンキーではない5キー),コースの先が見えるようになるのでオーバースピードでのコースアウトなどは極端に減らせるだろう。きちんとコースをトレースできるようになると面白さが倍増すること間違いなしだ。

GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版
ニュルブルクリンクはアップダウンやうねりが激しい割にスピードが出るせいか,リプレイをテレビ中継視点で眺めていると格好が良い
GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版
ニュルブルクリンクの名物コーナー「Karussell(カルッセル)」。バンクがついているがセメント舗装で滑りやすいので注意

 実際のコースを限りなくリアルに再現と謳われているが,筆者は実車でニュルブルクリンクを走った経験がないので,本当に完璧に再現されているとは断言できない。しかし,YoutubeにあったEvolutionと実車の走行比較ムービーなどを見ると,そっくりに再現されていて,思わず口を開けたまま見入ってしまったほど。限りなくリアルに再現という謳い文句は言いすぎではなさそうな印象だ。

GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版
コースの先が分かるトラックマップは強い味方だ。チラチラ見てたらブレーキングが遅れた! なんてことがないようにしよう
GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版
ニュルブルクリンク名物の路面の落書きも再現。テストを行ったメーカーやチーム,ドライバーが書き残していくんだとか


究極のWTCCマシン「WTCC Extreme」登場
このモンスターを乗りこなせ


 追加されるマシン(レースカー)は,究極のWTCCマシンである「WTCC Extreme」クラス,そして「GT Pro」「GT Sport」「GT Club」といった,ニュルブルクリンクで行われる耐久レースなどに参戦しているGTカー,さらにDODGE VIPER SRT10,GUMPERT APOLLO,KOENIGSEGG CCX,AUDI R8の「Production Class」(市販車スポーツカー)の29車種。これで収録車種は合計49車種,カラーリング違いも含めると500種類となるから凄い数だ。

究極のWTCCマシン「WTCC Extreme」クラスが登場。大排気量&ハイパワーで全車リア駆動,エアロもブリスターフェンダーにリアディフューザーと,さながら小さなDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)マシンのようなスペックだ。一度走らせると病みつきになる面白さ
GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版

 最初に,レースが好きな人でさえ聞いたことがない「WTCC Extreme」クラスのマシンに触れておこう。WTCC Extremeクラスのマシンは一見するとWTCCに参戦しているBMW,CHEVROLET,SEAT,ALFA ROMEOなのだが,実はこのゲームのオリジナルマシン。異様に低い車高,巨大なブリスターフェンダー,巨大なエアロパーツやディフューザー(整流板)など,ノーマルのWTCCマシンとはまったく異なっている。

 それぞれのマシンは外観こそ異なるが,マシン性能自体は横並びとなっている。しかし,ノーマルのWTCCマシンとは比べものにならない化け物マシンで,エンジンは4000cc V8 32バルブの最大600馬力で車重1000kg。しかも全車FR(後輪駆動)になっているのだから,普通ならFFでアンダーステアが消えないなんて嘆いているSEAT LEONでさえ,リアをズリズリと流してコーナーを抜けるという次元の違う走りができてしまうのだ。

GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版
ノーマルのWTCCマシンで走り慣れたコースも,WTCC Extremeマシンで走ればガラッと印象が変わる。この挙動はまさに箱のF1といえるかも?
GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版
ライバルカーの強さ(速さ)であるOPPONENT SKILLを自分の腕に合わせて設定すれば熱いバトルが楽しめる。でもこれが難しい

 実は筆者はこのWTCC Extremeクラスのマシンを非常に気に入っていて,走らせているだけで単純に面白くて,何時間も同じコースを走り回ってしまったほどだ。マシンスペック的には怪物マシンなので扱いにくそうなイメージだが,予想以上に走らせやすく,エンジンレスポンス,ハンドリング性能も素晴らしくて,きびきびとした挙動で走りを楽しめる。

 WTCC Extremeクラスのマシンでニュルブルクリンクを走るのも楽しいが,やっぱり,コーナーの多いテクニカルなサーキットがオススメだ。狭いマカオやポーなどの市街地コースのコーナーをリズミカルに抜けられたときに,このWTCC Extremeクラスの面白さが分かると思う。現実にはない架空マシンが登場するのはリアル系レースシムにおいてあまりないが,こういったアレンジならば個人的に大歓迎と思ってしまうほど良く出来ている。

GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版
筆者がお気に入りのAston Martin DBR9(GT Proクラス)。かなりのジャジャ馬なので走らせていて非常に楽しい
GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版
市販車クラスのマシンは高性能な高級スポーツカー。でもレースカーと比べてしまうと曲がらない止まらないで扱いにくい

 新たに追加されたGTカー選手権のマシンと市販車スポーツカーについても,それぞれの車種ごとの挙動特性が再現されており,同じレースカテゴリのマシンでも乗り比べてみるとガラッと違う挙動を楽しめる。

 もちろん,WTCC Extremeクラスを含めて,マシンごとの細かいセッティングも可能で,乗りにくいマシンを自分なりにセッティング調整して乗りやすくするという,レースシムならではの楽しみ方もできる。セッティング調整は苦手という人は,コースごとにそれぞれの車種に合わせたドライ&ウェットセッティングデータが用意されているから安心だ。いろいろとセッティング調整して,自分の走りに合ったレースカーで思う存分に走り回ってもらいたい。

GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版
セッティング調整して挙動の違いを楽しむのがレースシムの醍醐味だ。調整しては走行を繰り返して煮詰めていこう
GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版
ちなみにWTCC Extremeクラスだけでレースを行う「R-CADE EXTREME」というゲームモードも追加されている


「RACE 07」を持っていない人には文句なくオススメだが……


 というわけで,EvolutionはRACE 07にニュルブルクリンクとレースカーを追加したという,ぶっちゃけ地味な拡張パックである。実はこのRACEシリーズはこれまで拡張を繰り返してきており,Evolutionについても最初は正直「また拡張パックか」と思ってしまった。しかし非常に再現度の高いニュルブルクリンクサーキットが収録されており,そこをWTCCを含むさまざまなレースカーで走り回れることに,個人的に大きな魅力を感じてしまった次第だ。

ただでさえピーキーな挙動のGTカーなのにレインコンディションとなると最悪だ。優しくアクセルを踏み込まないと進まないしリアは流れるし,慎重にブレーキングしないと右に左に挙動を乱す。この緊張感がたまらない!
GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版

 これからRACE 07に挑戦したいという人は,このEvolutionを買っておいて損はないだろう。とはいえ,RACE 07のレビューのときも同じことを書いているのだが,またしても拡張パックのみのパッケージが用意されておらず,RACE 07ユーザーがEvolutionを手に入れるには,RACE 07本体がダブるのを諦めてEvolutionを購入するか,デジタル配信システム「Steam」で拡張パックを購入するかしかない。何度も言わせてもらうが,せめてRACE 07所有者のために安価な拡張パックのみのパッケージを用意してくれてもよかったと思う。

GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版
ギアサーキット(マカオ)などはリバースコースも用意されている。逆走になるだけで普通とは異なる走りが要求されて面白い
GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版
ニュルブルクリンクもいいけれど,やっぱりコース幅が狭くて緊張感のある市街地コースでのレースは熱くなれる

 それはさておき,最近はめっきり数が減ってきたリアル系レースシムだが,Evolutionのような拡張パックという形でもサーキット,レースカーの追加で新たな気持ちで楽しめるのは,ファンとしては嬉しい限りだ。今なおRACE 07のマルチプレイも盛んに行われており,Evolutionを導入することでニュルブルクリンクという新たな舞台で世界中のプレイヤーとバトルができるようになるし,まだまだRACE 07をプレイする機会は増えることだろう。興味のある人は,ぜひコテコテのレースシムに挑戦してほしい。

GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版
腕に自信のある人はWTCC Extremeマシンで雨のニュルブルクリンク北コースをどうぞ。筆者は一周でくたびれてしまった
GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版
レースごとに2レース,ローリングスタート(WTCC)か,1レース,スタンディングスタート(GT)にするかを設定できる


収録マシンをどさっと紹介


◆GT Pro
・ Aston Martin DBR9
・ Audi R8 GT Concept
・ Corvette C5-R
・ Corvette C6.R
・ Dodge Viper GTS/R
・ Gumpert Apollo GT
・ Koenigsegg CCGT
・ Lister Storm
・ Saleen S7-R

GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版

◆ GT Sport
・ BMW M3 GTR
・ Corvette C6.R GT2
・ Marcos Marcorelly
・ Mosler MT900R
・ Seat Toledo GT
・ Spyker C8 Spyder GT2R
・ SunRed SR21

GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版

◆ GT Club
・ Aston Martin DBRS9
・ BMW Z4 GTR
・ Dodge Viper Comp. Coupe
・ Gillet Vertigo
・ Seat Cupra GT

GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版

◆ WTCC Extreme
・ Alfa-Romeo 156 Extreme
・ BMW 320si Extreme
・ Chevrolet Lacetti Extreme
・ Seat Leon Extreme

GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版

◆ Production Class
・ Audi R8
・ Dodge Viper SRT/10
・ Gumpert Apollo
・ Koenigsegg CCX
  • 関連タイトル:

    GTR: Evolution 日本語マニュアル付 英語版

  • 関連タイトル:

    RACE 07: Official WTCC Game 日本語マニュアル付 英語版

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月26日〜04月27日
タイトル評価ランキング
87
82
NieR:Automata (PS4)
70
FINAL FANTASY XV (PS4)
2016年10月〜2017年04月