オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
バイオハザード5公式サイトへ
  • カプコン
  • 発売日:2009/09/17
  • 価格:7340円(税込)
    Steam版:1843円(税別)
  • Amazonで買う
読者の評価
64
投稿数:5
レビューを投稿する
海外での評価
89
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2009/05/02 00:00

ニュース

PC版「バイオハザード5」の年内発売が正式決定

バイオハザード5
 カプコンのサバイバルホラーゲーム「バイオハザード5」のPC版発売が決定した。以前からMT Frameworkで制作されているので,PC版も発売されるのではという観測や,PC版も開発中であるという開発者の発言はあったものの,公式に発売が明言されたのは今回が初めてとなる。
 インテルのCore i7発表会では,バイオハザード5のエンジン部分となるMT Framework開発者である伊集院氏は,PC版バイオハザード5を念頭に置いたと思われるプレゼンテーションで,

  • ジャングルのような自然な地形における,遮蔽や起伏に基づく当たり判定を行う
  • NPCのAIが,周囲の地形を自動的に判断して仲間と連携する
  • プレイヤーのアクションに対するリアクションの設定を行って,見た目だけでなく,ゲーム性に結びつくリアリティを表現する
  • 物理シミュレーションとAIを,同時に,リアルタイムで処理する
  • 爆発で吹き飛ばされる人など,物理挙動を考慮に入れたモーションを作成する
  • プロシージャルによるデータ生成を行う

といったCPU負荷の高い処理の実現が可能になるとしていた。
 これらの処理が実際にPC版に反映されるかどうかは不明だが,Core i7の発表会に呼ばれること自体,インテルと深い協力関係にあることを示しており,Core i7のパワーを最大限に引き出すチューニングがされてもさほど不思議ではない。ロストプラネットの例のように,PC版では表現力などが強化されることに期待したい。
 気になる発売時期は,2009年内というだけで,具体的な発売日は未定。PC版の仕様を含め,今後の発表を待とう。



『バイオハザード5』がWindows PCで発売決定!


世界に蔓延する恐怖のバイオテロを阻止すべく、あのクリス・レッドフィールドが帰ってきた。
灼熱の大地アフリカで、現地のBSAA(対バイオテロ部隊)隊員シェバ・アローマと二人で任務を遂行する。だが、そこで明らかになる真実は、シリーズ史上最大の恐怖であった。
常にパートナーと共に行動するCo-op(協力)プレイを導入。互いに協力し、連帯感を強めていくことが「絆」となり、「恐怖」に打ち勝つことができる最高峰のエンターテインメント。
ハイクオリティなグラフィックによるシリーズ最大の恐怖を演出。眩しい「光」や見えない「闇」を巧みに使った新しい恐怖、リアルな空気感や密度を描く世界感、映像作りは必見。

■バイオハザード5
■対応ハード:Windows(R)XP / Windows Vista(R)対応
■メーカー名:カプコン
■ジャンル:サバイバルホラー
■プレイ人数:1〜2人
■CEROレーティング:審査予定
■著作権表記:(c)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 関連タイトル:

    バイオハザード5

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月16日〜10月17日