オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
GeForce 9800公式サイトへ
  • NVIDIA
  • 発表日:2008/03/18
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2008/07/30 23:25

テストレポート

「GeForce 9800 GT」パフォーマンス速報。65nm版は「GeForce 8800 GT」とまったく同じ

ZOTAC GeForce 9800 GT AMP! Editionメーカー:ZOTAC International
問い合わせ先:アスク(販売代理店) info@ask-corp.co.jp
予想実売価格:2万3680円前後(2008年7月30日現在)
GeForce 9800
 「GeForce 9500 GT」の発表と時を同じくして,NVIDIAはGPUの新製品「GeForce 9800 GT」を市場投入した。すでに「AICパートナー」(AIC:Add In Cards)と呼ばれるNVIDIAのパートナー各社から搭載グラフィックスカードがいくつか発表されているが,4Gamerではそのうち,ZOTAC International製の「ZOTAC GeForce 9800 GT AMP! Edition」(型番:ZT-98GES3P-FCP)を,同社の販売代理店であるアスクの協力で入手したので,取り急ぎそのパフォーマンスをお知らせしたい。


65&55nmプロセス版が用意される9800 GT

65nm版は仕様も外観もGeForce 8800 GTと瓜二つ


GeForce 9800
 GeForce 9800 GTの主なスペックは表1のとおり。シェーダプロセッサ(Streaming Processor)数や動作クロックは,GeForce 8世代のエントリーハイエンドGPUだった「GeForce 8800 GT」とまったく同じだ。異なるのは,GeForce 9800 GTには55nmプロセスで製造される(いわゆる「G92b」コアの)個体が用意される点と,省電力機能「HybridPower」がGeForce 9800 GTでのみサポートされる点だけである。

※GeForce 9800 GTは4Gamerによる推測,GeForce 8800 GTは2008年7月30日現在における搭載グラフィックスカードの実勢価格

 実際の搭載カードとなるZOTAC GeForce 9800 GT AMP! Editionはクロックアップモデルで,動作クロックはコア700MHz,シェーダ1700MHz,メモリ2GHz相当(実クロック1GHz)。
PCI Express用6ピン電源コネクタを1基搭載する,長さ228mm(※実測値。突起部除く)のカードを,1スロット仕様のGPUクーラーが覆うという外観も,GeForce 8800 GTのリファレンスカードそっくりだ。
 ちなみにGPUクーラーだが,負荷のかかっていない状態で40%,900rpmほどにファン回転数は抑えられているが,GPU温度が80℃近くなると70%,1500rpm程度にまで上がり,筆者には若干耳障りに感じられるようになった。

左はZOTAC GeForce 9800 GT AMP! Edition,右はGeForce 8800 GTリファレンスカード。前者が2ピンのSPDIF入力コネクタをカード上に用意するのを除けば,カードデザインはまったく同じといっていいレベルだ
GeForce 9800 GeForce 9800

GeForce 9800 GT GPU……だが,カード上の刻印は「G92-270-A2」で,GeForce 8800 GTと同じ
GeForce 9800
 さて,GPUクーラーを取り外すとGPUとグラフィックスメモリチップが姿を見せるわけだが,GPUのチップ上の刻印は「G92-270-A2」。そう,これはGeForce 8800 GTそのものだ。GPUチップが同じなのだから,表1でスペックが同じなのはむしろ当然であろう。ちなみに,ZOTAC GeForce 9800 GT AMP! Editionが搭載していたGDDR3メモリチップはSamsung Electronics製の「K4J52324QE-BJ1A」(1.0ns品)だった。


製品付属のドライバで検証

リファレンスクロックでのテストも実施


搭載するメモリチップ
GeForce 9800
 別記事で紹介しているように,GeForce 9800 GTに対応したGeForce Driverはβ版が公開されているものの,今回はテストスケジュールの都合上,ZOTAC GeForce 9800 GT AMP! Editionの製品ボックスに付属していた「GeForce Driver 175.31」を使用する。また,NVIDIA製ユーティリティソフト「NVIDIA System Tools」(Version 6.02)を利用して,動作クロックをリファレンスにまで下げた状態でもテストを行うことにした。

 比較対象として用意したのは,GeForce 8800 GTを搭載するZOTAC International製品「ZOTAC GeForce 8800 GT」。スペックの同じGeForce 9800 GTとGeForce 8800 GTで,パフォーマンスも同じなのかを,検証しようというわけである。
 そのほかテスト環境は表2に示したとおり。テスト方法は4Gamerのベンチマークレギュレーション5.2に準じるが,スケジュールの都合上,「Unreal Tournament 3」と「Half-Life 2: Episode Two」は省略する。


 なお以下,文中,グラフ中とも,グラフィックスカード名ではなく,「GeForce」を省略したGPU名で表記を行う。また,9800 GTはクロックアップ状態とリファレンスクロックの2種類でテストするため,前者を「9800 GT[OC]」と呼んで区別する。


「スペックが同じ=性能が同じ」という

当たり前の事実を確認する結果に


 さっそくテスト結果の考察に入ろう。グラフ1,2は「3DMark06 Build 1.1.0」(以下,3DMark06)の結果である。やはりというかなんというか,「標準設定」「高負荷設定」とも,9800 GTと8800 GTのスコアは見事に横並び。9800 GT[OC]は,リファレンスクロックモデルと比べて,最大で約11%のスコア向上が見られる。リファレンスクロック比でコアが16%,シェーダプロセッサが13%,メモリが11%高いことを考えると,ほぼ妥当といったところか。


 3DMark06のデフォルト設定となる解像度1280×1024ドットの標準設定で,Feature Testの主要テストを行った結果がグラフ3〜5である。ここでは9800 GTと8800 GTのスコアのみを抜粋しているが,これまた「9800 GT=8800 GT」という結果になっている。


 実際のゲームタイトルにおけるパフォーマンスを見るべく,FPS「Crysis」のGPUベンチマーク「Benchmark_GPU」のテスト結果をまとめた結果がグラフ6,7だが,テスト傾向は3DMark06と同様だ。9800 GT[OC]のスコアが9800 GTおよび8800 GTより最大で1割程度高い。


 続いてTPS「ロスト プラネット エクストリーム コンディション」(以下,ロスト プラネット)のベンチマークモード「PERFORMANCE TEST」から,実ゲームに近い傾向を見せる「Snow」の結果がグラフ8,9。ここでも9800 GTと8800 GTのスコアは変わらず。クロックアップの伸びもCrysisと似た傾向だ。


 そろそろ飽きてきたが,最後はRTS「Company of Heroes」の結果(グラフ10,11)。もはや,何もいうことはないスコアである。



消費電力も8800 GTと変わらず

GPUクーラーも同じ!?


 ここまで同じスコアが並ぶと,消費電力についても想像はつくが,念のためチェックしておこう。
 電力変化のログを取得できるワットチェッカー「Watts up? PRO」を利用して,システム全体の消費電力をチェックした結果がグラフ12である。グラフ中の「アイドル時」は,OSの起動後30分間放置した時点。アプリケーション名があるところは,当該アプリケーションベンチマークを30分間連続実行し,最も高い値をマークした時点の,それぞれスコアとなる。

 グラフを見ると数W単位の測定誤差は確認できるが,アプリケーション実行時に210W強という点では,9800 GTと8800 GTに違いはない。アイドル時のスコアも2Wしか違わないので,これは同一と断じてしまっていいだろう。65nmプロセス版の9800 GT搭載カードに関していうと,8800 GTから,カードデザインや搭載コンポーネントなども変わっていない公算が高い。一方,9800 GT[OC]の消費電力は比較的高め。


 3DMark06を30分間連続実行した時点を「高負荷時」として,前出のアイドル時とともに,GPU温度を取得した結果がグラフ13である。テストシステムは室温24℃の環境にバラック状態で置かれており,GPU温度測定機能を持つ汎用ユーティリティソフト「ATITool」(Version 0.27 Beta 3)から,スコアを取得しているが,それを見る限り,どうやらZOTAC GeForce 9800 GT AMP! Editionは,ZOTAC GeForce 8800 GTが採用する第2世代の(ファン口径の大きな)8800 GT用リファレンスクーラーを,そのまま流用しているようだ。
 なお,9800 GT[OC]のGPU温度が高負荷時にもそれほど高くなっていないのは,前述したとおり,GPU温度が80℃近くなると,ファン回転数が上がるようになっているためである。



8800 GTが市場にあるうちは購入する理由がない

少なくとも55nmプロセス版に切り替わるのを待つべき


製品ボックス
GeForce 9800
 以上,65nmプロセス版の9800 GTに関していうと,8800 GT搭載カードそのものであると考えるのが妥当だ。VBIOS(グラフィックスカード上のBIOS)を書き換えて,違うGPU名にしているだけではなかろうか。

 とにもかくにも問題はその価格。“新製品”ということもあって,9800 GT搭載カードの価格は,8800 GTより高めなのである。既存製品とまったく同じスペック&性能で,価格は既存製品より高いわけで,9800 GTを積極的に選択する理由はない。しかも価格帯で見ると,8800 GTのすぐ上には競合の「ATI Radeon HD 4850」が存在するのだ。

 NVIDIAが予告している以上,9800 GT搭載カードはいずれ55nmプロセス版に切り替わり,それは消費電力の低減,あるいはクロックアップモデルのさらなるクロック上昇につながるはずだ。しかし、現状の9800 GTが65nmプロセスである以上,8800 GTからのアドバンテージは期待できない。
 55nmプロセス版を入手したら,あらためて検証してみたいと思うが,9800 GTは嵐の中の船出になってしまったといわざるを得ないだろう。
  • 関連タイトル:

    GeForce 9800

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月26日〜05月27日