オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
パッケージ
ATI Radeon HD 4800公式サイトへ
  • AMD
  • 発表日:2008/06/19
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2009/07/02 00:00

レビュー

省電力版「ATI Radeon HD 4830」搭載カードの不思議な仕様に迫る

XIAi AF4830-512XD3 Green

Text by 宮崎真一

»  何の前触れもなく市場に登場してきた,補助電源コネクタを持たない「ATI Radeon HD 4830」搭載グラフィックスカード。「基本的には通常版と同じスペックで,動作クロックが多少引き下げられているのではないか」という想像が通用しない注目の新製品を,宮崎真一氏が検証する。


XIAi AF4830-512XD3 Green
メーカー:エーオープンジャパン
実勢価格:9500〜1万円(※2009年7月2日現在)
ATI Radeon HD 4800
 具体的な例が多いため,その一つ一つを挙げるのは避けるが,補助電源コネクタを持たないグラフィックスカードに対する需要は高い。とくに,ミドルクラスのGPUを搭載したモデルだと,3Dゲームをそこそこプレイできるレベルのパフォーマンスを持つため,4Gamer読者にも注目している人は多いだろう。
 そんな市場に,突如として登場してきた新製品が,「ATI Radeon HD 4830」(以下,HD 4830)を搭載する,AOpen(※正確には日本法人であるエーオープンジャパン)の「XIAi AF4830-512XD3 Green」である。本来なら補助電源コネクタを必要とするGPUを搭載しながら,補助電源コネクタ非搭載で登場してきた本製品は,いったいどのような特徴を持ったグラフィックスカードなのか。今回は,実際に店頭で購入した個体を使って,その正体に迫ってみたいと思う。


HD 4830なのにSP数800基!?

仕様の異なる2種類のカードが流通中


外部出力インタフェースは3系統用意される
ATI Radeon HD 4800
 XIAi AF4830-512XD3 Greenのカード長は実測167mm(※突起部除く)で,「ATI Radeon HD 4670」(以下,HD 4670)のリファレンスカードと同サイズ。GPUクーラーは2スロット仕様で,メモリチップにヒートスプレッダは装着されていない。そのメモリチップはHynix Semiconductor製GDDR3「H5RS5223CFR-N0C」(1.0ns品)で,これもHD 4670のリファレンスカードと同じだ。
 外部出力インタフェースはD-Sub 15ピン,DVI-I,HDMIとなっている。

XIAi AF4830-512XD3 Greenを別の角度から
ATI Radeon HD 4800 ATI Radeon HD 4800

ATI Radeon HD 4800
搭載するGDDR3メモリチップ。Hynix Semiconductor製の512Mbit品を8枚搭載することで,グラフィックスメモリ容量512MBを実現する
ATI Radeon HD 4800
「ATI Radeon HD 4770」リファレンスカード(※写真上)と比較したところ。全長167mmということで,さすがに短い

 基本的なスペックは表1に示すとおりで,基本的に従来版(=通常版)HD 4830のそれを踏襲する……はずだった。しかし,実際のカードを見る限り,必ずしもそうではないようだ。

※1 AMDは「Render Back-Ends」と呼ぶことも多い
※2 2009年7月2日時点における実勢価格。4Gamer調べ

 下に示したスクリーンショットは,TechPowerUp製のGPU情報表示ツール「GPU-Z」(Version 0.3.4)を実行した結果で,左に示したのは,2009年6月25日にドスパラ 秋葉原本店(以下,ドスパラ)で購入したXIAi AF4830-512XD3 Green。右は,同29日にツクモeX.で購入したXIAi AF4830-512XD3 Greenだ。ご覧のとおり,ドスパラで購入した個体は,統合型シェーダプロセッサ「Stream Processor」(以下,SP)の数が,800基と表示されている。
 
GPU-Z実行結果。左はドスパラで購入した個体,右はツクモeX.で購入した個体のもので,SP数が640基と返されるべきところ,前者は800基となっている
ATI Radeon HD 4800 ATI Radeon HD 4800

※2009年7月3日追記
 本記事に掲載したSP数800基版,640基版の出現については,あくまでも編集部が2009年6月25日,29日に購入した結果を示したものです。これらの差異については,エーオープンジャパンから出荷された時点で異なるSP数のものが混在していると思われ,それぞれの店舗で決まったSP数のものが購入できるわけではありませんのでご注意ください。

 800基というのは,「ATI Radeon HD 4850/4870/4890」と同じ。HD 4830のリファレンスと同じ,コア575MHz,メモリ1.8GHz相当(実クロック900MHz)という動作クロックは共通なので,SP数だけ異なっているわけである。
 両者の違いはどこかにないのか。いろいろチェックしてみたところ,製品ボックスやカードの外観にこれといった違いはなかったが,GPUクーラーを取り外して,GPU上の刻印を確認してみると,SP数が800基とされた個体は「215-0669075 D1」,640基とされた個体は「215-0669075」で,「D1」という記載の有無を確認できた。

上段が,ドスパラで購入したSP数800基版,下段がツクモeX.で購入したSP数640基版。製品ボックスは見る限りまったく同じで,カードデザインにも違いはないように見えるが,搭載するGPU上の刻印には,「D1」という表記があるかないかという差異が存在している
ATI Radeon HD 4800 ATI Radeon HD 4800 ATI Radeon HD 4800
ATI Radeon HD 4800 ATI Radeon HD 4800 ATI Radeon HD 4800

 GPU-Zの返した値がどれだけ信頼できるかは後ほど検証するとして,GPU-Zが正しい前提で話を進めると,ドスパラで購入した個体は,新リビジョン版HD 4850の,動作クロックを落としたもの,ツクモeX.で購入した個体は,従来同様のHD 4830を,それぞれ搭載しているという推測ができそうである。

 ちなみに,TechPowerUp製のBIOS情報表示&カスタマイズツール,「Radeon BIOS Editor」(Version 1.21)でBIOS設定を確認する限り,グラフィックスBIOS(=VBIOS)の内容に違いは見られなかった。
 ちなみに,XIAi AF4830-512XD3 Greenのコア電圧は,Radeon BIOS Editorによると1.046V。HD 4830のリファレンスカードだと,最低クロック時のコア電圧が1.044V設定だったので,XIAi AF4830-512XD3 Greenは,GPUコアの動作電圧を抑えることで,補助電源コネクタの省略を実現したモデルとまとめられるだろう。

Radeon BIOS Editor実行結果。ブート時のコアクロックがなぜか625MHzに設定されているのは,HD 4850の名残だろうか。また,クロックテーブルを見る限り,省電力機能「ATI PowerPlay」は機能しない設定になっているようだ(※サムネイルをクリックすると,別ウインドウで全体を表示します)
ATI Radeon HD 4800


SP数800基版と640基版の両方をテスト

省電力版9800 GT&9600 GTとも比較


 テストのセットアップに入ろう。用意したテスト環境は表2のとおりで,今回入手した2枚のXIAi AF4830-512XD3 Greenはその両方で検証を行うこととし,以下,「省電力版HD 4830(800SP)」「省電力版HD 4830(640SP)」と書き分けることにする。


 今回,比較対象として用意したのは,補助電源コネクタが不要なグラフィックスカードから,省電力版「GeForce 9800 GT」(以下,省電力版9800 GT)を搭載したGalaxy Microsystems製グラフィックスカード「GF P98GT/512D3/LOW POWER」と,省電力版「GeForce 9600 GT」(以下,省電力版9600 GT)搭載のZOTAC International製品「ZOTAC GeForce 9600 GT Eco Short」。また,HD 4830とATI Radeon HD 4770(以下,HD 4770),「ATI Radeon HD 4730」(以下,HD 4730),そしてHD 4670のスコアは,HD 4730のレビューで得られたデータを流用することをあらかじめお断りしておきたい。

ATI Radeon HD 4800
GF P98GT/512D3/LOW POWER
外排気クーラー搭載の省電力版9800 GTカード。HDMI出力標準対応も特徴
メーカー:Galaxy Microsystems
問い合わせ先:info@galaxytech.jp
実勢価格:1万1500〜1万2500円(※2009年7月2日現在)
ATI Radeon HD 4800
ZOTAC GeForce 9600 GT Eco Short
カード長193mm(※突起部含まず)の省電力版
メーカー:ZOTAC International
問い合わせ先:アスク(販売代理店) info@ask-corp.co.jp
実勢価格:9000〜1万1000円(※2009年7月2日現在)

 テストは4Gamerのベンチマークレギュレーション7.0準拠となるが,スケジュール,そしてデータ流用の都合上,解像度1024×768ドットは省略し,「Left 4 Dead」「Company of Heroes」のテストも割愛する。


640SP版は通常版と同じ性能

一方,800SP版のパフォーマンスに注目


 まずはグラフ1,2の「3DMark06」(Build 1.1.0)から見ていこう。
 Stream Processorの仕様も,動作クロックも変わらない以上,当たり前といえば当たり前なのだが,省電力版HD 4830(640SP)のスコアは,通常版のHD 4830とほぼ同じ。一方,省電力版HD 4830(800SP)は,アンチエイリアシング,テクスチャフィルタリングともに無効化した「標準設定」,4xアンチエイリアシングと8x異方性フィルタリングを適用した「高負荷設定」のどちらでも,HD 4830(640SP)やHD 4830と比べて明らかに高いスコアを出している。4〜8%という違いが測定誤差とは考えにくいため,GPU-Zの「SP数800基」というレポートは,間違いではなさそうだ。
 また,省電力版HD 4830(640SP)のスコアが,省電力版9800 GTとほぼ同じレベルで並んでいる点は興味深い。


 「Crysis Warhead」の結果がグラフ3,4となる。Crysis Warheadは,グラフィックス描画負荷の高いFPSで,レギュレーションも高グラフィックス設定に振っているため,ミドルクラスGPUだと大きな差がつきづらい。ただ,それでも,省電力版HD 4830(800SP)が頭一つ抜け気味なのは見て取れるはずだ。


 続けてグラフ5,6は,「Call of Duty 4: Modern Warfare」(以下,Call of Duty 4)のテスト結果である。Call of Duty 4は,シェーダプロセッサ数がフレームレートを大きく左右するタイトルということもあって,省電力版HD 4830(800SP)と,省電力版HD 4830(640SP)の差が大きい。HD 4770は別格として,省電力版HD 4830(800SP)のポテンシャルも,相当なものである。


 一方,RPGタイトル「ラスト レムナント」では傾向が若干異なる(グラフ7)。ラスト レムナントは,NVIDIA製GPUに有利なスコアが出やすいタイトルだが,やはりというかなんというか,3枚のHD 4830カードは,HD 4770と揃って,省電力版9600 GT程度のスコアに留まり,省電力版9800 GTの後塵を拝した。
 またここでは,省電力版HD 4830(800SP)と省電力版HD 4830(640SP)の間に,スコアの違いがそれほど生じていない。


 最後に「Race Driver: GRID」(以下,GRID)の結果がグラフ8,9となる。ラスト レムナントとは異なり,ATI Radeonに有利なスコアが出やすい本タイトルだと,省電力版HD 4830(640SP)が省電力版9800 GTより高いフレームレートを叩き出すが,省電力版HD 4830(800SP)は,それよりさらに一段高い位置にいるのが分かる。



PowerPlay無効によりアイドル時はやや高いが

アプリ実行時の消費電力は確実に低減


 補助電源を必要とせず,PCI Express x16インタフェースからの75W給電だけで動作可能なカードになったことで,通常版から消費電力はどれくらい下がったか。ログを取得できるワットチェッカー,「Watts up? PRO」から,システム全体の消費電力をチェックしてみたい。
 今回も,レギュレーションに従って,OS起動後30分間放置した時点を「アイドル時」,各アプリケーションベンチマークを実行したとき,最も高い消費電力値を記録した時点を,各タイトルごとの実行時として,それぞれの消費電力値を測定することにした。

ATI Catallyst Control Centerより。アイドル時でも動作クロックは575MHz未満に下がらない
ATI Radeon HD 4800
 その結果をまとめたのがグラフ10だ。
 アイドル時から見てみると,省電力版HD 4830(800SP)はおろか,省電力版HD 4830(640SP)も,通常版HD 4830より消費電力が高く出ているが,これは,本稿の前半でも指摘したように,省電力機能であるATI PowerPlayが機能しておらず,アイドル時の動作クロックが下がらないためだろう。
 対してアプリケーション実行時で見てみると,省電力版HD 4830(800SP)と通常版HD 4830がほぼ同程度。省電力版HD 4830(640SP)はそれより10W前後低く,省電力版9800 GTと同等以下のスコアを実現している。SP数800基版は,さすがにリファレンスを上回るSP数を搭載した代償を支払わされているが,GPUコア電圧が下がった効果自体はあるわけだ。


Radeon BIOS Editorから,ファン回転数設定をチェックしたところ(※サムネイルをクリックすると,別ウインドウで全体を表示します)
ATI Radeon HD 4800
 省電力版HD 4830(800SP)と省電力版HD 4830(640SP)以外はGPUクーラーが異なるため,横並びの評価には適さないことをお断りしたうえで,3DMark06のGame Testを30分間連続実行した時点を「高負荷時」として,アイドル時ともども,CPUID製のモニタリングソフト「HWMonitor Pro」(Version 1.05)から計測した結果をまとめたものがグラフ11である。
 テスト時の室温は24℃。テスト用システムは,PCケースに組み込まない,バラック状態に置かれた状態のものだが,やはりというかなんというか,省電力版HD 4830(800SP)と省電力版HD 4830(640SP)では,前者のほうが消費電力は高め。とくに高負荷時では7℃も差がついている。
 なお,XIAi AF4830-512XD3 Greenが搭載するGPUクーラーだが,筆者の主観でその動作音をお伝えすると,「風切り音が耳につくほどではないが,決して静音とはいえない」レベル。ただ,この高回転が,それほど問題のないレベルにGPU
温度を落ち着かせているのも確かなので,このあたりは悩ましい。




800SP版は補助電源なしモデルとして歴代最高性能

ただし現状,“狙い撃ち”はまず無理


 以上のテスト結果から明らかなように,省電力版HD 4830(640SP)は,補助電源コネクタなしのグラフィックスカードとして,歴代最高レベルの性能を持っていると述べても過言ではない。さらに,そんな省電力版HD 4830(640SP)を上回る性能を発揮する省電力版HD 4830(800SP)の存在感も大きく,しかも実勢価格は1万円以下で,コストパフォーマンスは良好だ。つい先日登場した HD 4730はいったい何だったのだろうか……。

ATI Radeon HD 4800
 ただし,同じ製品名で,SP数800基のモデルと,640基のモデルが混ざって販売されている点は要注意。序盤で紹介したように,製品ボックスやカードの外観からSP数を判断する方法がないのもユーザー泣かせである。
 今回は,ドスパラで購入した個体が800基版だったが,同店で販売されているものがすべて800基版だという保証や,ツクモeX.で販売されているものがすべて640基版であるという保証はどこにもない。こういう売り方はどうかと思うが,買う側からするとほとんどギャンブルだ。

 その意味において,現時点では,SP数が640基である前提に立ちつつ,800基版が手に入ったらラッキー,くらいのスタンスで購入するのが正解ではなかろうか。
 もっとも,消費電力面でのメリットを踏まえると,省電力版グラフィックスカードとして正しい位置付けの製品は640基版のほうではないか,という気はしないでもないが。

  • 関連タイトル:

    ATI Radeon HD 4800

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月20日〜09月21日