オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
募集中
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2009/02/12 22:34

ニュース

バンダイナムコゲームス,ディースリー株式の公開買付けを開始

 バンダイナムコホールディングスおよびその100%子会社であるバンダイナムコゲームスは,本日(2月12日)開催された各社取締役会において,バンダイナムコゲームスが,ディースリーの(自己株式を除く)発行済株式および本新株予約権のすべてを,公開買付けにより取得することを決議したと発表した。

株式会社バンダイナムコゲームスによる株式会社ディースリー株式等に対する公開買付けの開始に関するお知らせ(pdfファイル)


 詳しくはリリースを参照してほしいが,本公開買付けは,ディースリーの全株式を取得し,同社をバンダイナムコゲームスの完全子会社にすることを目的とするもの。バンダイナムコゲームスはディースリーの親会社であるフィールズとの間で,同社が所有するディースリーの株式すべて(1万2000株,株式所有割合57.04%)について,本公開買付けに応募する旨を合意しており,ディースリー側の主要株主との間においても,本公開買付けに応募する旨を合意している。
 本公開買付けにおける普通株式の買付価格は,1株あたり6万2000円で,バンダイナムコゲームスは,買付け予定株式数の上限を設けておらず,買付け予定株式数の下限を上記株主が所有するディースリーの株式の合計数(1万5731株)に設定しており,下限を超える応募があった場合,応募株式すべての買付けを行うという。

 ディースリーは,ゲームファンにとってはSIMPLEシリーズでおなじみのディースリー・パブリッシャーなどを擁する,ディースリーグループの総括企業。今回の公開買付けは,日本のゲームコンテンツ市場の規模の減少や,カジュアル/ファミリー向けゲームの人気,欧米地域での市場規模の拡大,モバイルコンテンツ配信を含むネットワーク関連事業の競争激化といった傾向を鑑み,バンダイナムコゲームスおよびディースリーが,両社の強みを生かすべく,下記の内容について検討/協議を進めてきた上での合意事項であるという。

### 以下,リリースより ###
・バンダイナムコゲームスによる対象者が得意とするカジュアルゲームとの協業、バンダイナムコグループの他SBUとの連動によるゲームコンテンツ展開の更なる拡大及びコンテンツ価値の最大化。

・対象者によるバンダイナムコゲームスが保有する幅広い出口(家庭用ゲームコンテンツ事業、業務用ゲーム機器事業、モバイルコンテンツ事業)に対するコンテンツ活用(マルチコンテンツ展開)。

・バンダイナムコゲームス及び対象者による両社が保有する技術(ゲーム開発エンジン等)の共有による開発の効率化、共同での海外展開によるスケールメリットの創出及び既に協業関係があるモバイルコンテンツにおけるより一層の協力関係の構築等。

######

 なおバンダイナムコゲームスは,今回の公開買付け後(およびディースリーの完全子会社化後),下記のような施策を検討/実行することで,寡占化が加速する市場において,確固たる優位性を実現し,両社の企業価値の向上を図るとしている。

### 以下,リリースより ###
(1)対象者が海外で展開し好評を得ている「BEN10」シリーズ等との協業による海外でのコンテンツ展開の拡充

(2)対象者保有コンテンツをバンダイナムコグループの他SBUと連動させることによるコンテンツ価値の最大化

(3)米国コンテンツ開発において両社が保有する技術(ゲーム開発エンジン等)の共有による開発効率の向上

(4)バンダイナムコゲームス保有コンテンツを対象者のカジュアルゲームシリーズへ活用、フルラインナップ体制の構築

(5)対象者保有コンテンツをバンダイナムコゲームスが保有する幅広い出口への活用(マルチコンテンツ展開)

(6)モバイルコンテンツの共同開発・共同展開

(7)バンダイナムコゲームス及び対象者のノウハウを融合した新たなコンテンツの創出及び新たな遊びの提案

(8)バンダイナムコゲームス及び対象者との相互人材交流

(9)バックオフィスを中心とした業務の効率化

######

 こ難しい話はさておくとして,両社の強みが上手く合致すれば,バンダイナムコゲームスの人気ゲームシリーズ関連タイトルが,より購入しやすい価格で提供される可能性もあるし,逆にディースリー側のゲーム関連商品が,バンダイナムコゲームスによってマルチコンテンツ展開される可能性もある。また,コンシューマゲームでおなじみの作品が,モバイルコンテンツとして登場することもありそうだ。
 ともあれ,ゲームファンにとっては見逃せない今回の発表。バンダイナムコゲームスおよびディースリーの今後の展開に,大いに注目したい。
  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月29日〜08月30日
タイトル評価ランキング
92
Smite (PC)
83
83
80
マリオカート8 (Wii U)
78
FREE JACK (BROWSER)
2014年03月〜2014年08月