※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2017
号外No.2
東京ゲームショウまとめ読み!9月22日〜24日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
高難度ミッションに挑戦
METAL GEAR SURVIVE
Co-opモードのプレイレポート
裏切り者を探す心理戦が展開
スマホでプレイするPS4タイトル
「Hidden Agenda」
このスピード感はまちがいなく「バーチャロン」
「とある魔術の電脳戦機」プレイレポート
期待のスマホ向けタイトル
23/7 トゥエンティ スリー セブン
D×2 真・女神転生 リベレーション
アルケミアストーリー
会場で異彩を放つユニークな出展も
“挙式VR”を体験レポート
ツイートが武器になる「Last Standard」
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2012/08/15 10:00

連載

インディーズゲームの小部屋:Room#243「REVOLVER360」



 東京湾大華火祭の当日にお台場付近にいたのに,一人寂しく花火も見ずにゆりかもめで素通りしても,ほんのちょっとしか世の中を恨んだりしない,菩薩のごとき広い心の持ち主である筆者がお届けする「インディーズゲームの小部屋」の第243回は,クロスイーグレットの横スクロールSTG「REVOLVER360」を取り上げる。それにしても,夏のイベントがワンフェスとコミケだけって,人としてどうなの? そしてリア充は花火と一緒に夜空に散ればいいんじゃないかな?

インディーズゲームの小部屋:Room#243「REVOLVER360」

 というわけで,今回はそんな鬱憤をまとめて吹き飛ばせる一本をご紹介。本作はXbox LIVEインディーズゲームで配信され,美しいグラフィックスと独創的なシステムで,国内外で好評を博した作品のPC版。ストーリーなどはとくになく,プレイヤーは自機を操作して,ひたすら敵を撃ち落としていく。

インディーズゲームの小部屋:Room#243「REVOLVER360」 インディーズゲームの小部屋:Room#243「REVOLVER360」

 本作のどこが独創的なのかというと,それは画面(=視点)を進行方向を軸にしてリボルバーの弾倉のようにぐるぐると回転させ,敵弾を回避できるという点。言葉では分かりにくいので,実際にどんな様子なのかは下に掲載したムービーを見ていただきたいが,画面いっぱいに広がった敵の弾幕も,画面を回転させて角度を変えてみれば,一本の線のように見えるという理屈だ。


 自機の攻撃方法は,通常ショットと,レーザーゲージが溜まっているときだけ使用できるレーザーの2種類あり,レーザーでは黄色の敵弾を破壊できる。画面を回転させて敵弾をひとまとめにし,そこをレーザーで一掃することで高得点が得られるという寸法だ。また,オーバードライブゲージが満タンになると“オーバードライブ”が発動でき,画面上の敵弾をすべて消滅させると同時に,一定時間レーザーが撃ち放題になる。

インディーズゲームの小部屋:Room#243「REVOLVER360」

 ゲームモードは短時間で遊べる「SHORT RANGE MODE」と,自機のライフがなくなるまで戦い続ける「INFINITE RANGE MODE」の2種類。SHORT RANGE MODEではゲームオーバーがない代わりに,被弾するとスコアに響くペナルティが発生する。また,INFINITE RANGE MODEでは7種類のアイテムが出現し,自機の強化やライフの回復などが可能だ。このほか,プレイ実績に応じてさまざまなアチーブメントが解除され,おまけ画像が見られるという要素もある。

インディーズゲームの小部屋:Room#243「REVOLVER360」 インディーズゲームの小部屋:Room#243「REVOLVER360」

 本作で最も特筆すべきなのは,画面を回転させて敵弾の見え方を変化させるというアイデアの秀逸さ。しかもそのアイデアをうまくゲームシステムに落とし込み,爽快感のあるゲームに仕立て上げている点に感心させられる。また,幻想的なグラフィックスと洗練されたBGMのマッチングも見事で,プレイヤーを本作の世界に引き込んでくれる。これほど完成度の高い作品が,日本のインディーズゲーム制作サークルから(それもほぼ独力で)生み出されたことは,いちプレイヤーとして非常に嬉しく思う。

インディーズゲームの小部屋:Room#243「REVOLVER360」 インディーズゲームの小部屋:Room#243「REVOLVER360」

 シューティングゲームファンならずとも,ぜひ一度は触れてほしい作品なので,興味を持った人は,まずは公式サイトで公開中の動作確認版をお試しあれ。また,製品版は750円(税込)にて発売中だ。

■クロスイーグレット公式サイト
http://crosseaglet.xii.jp/

インディーズゲームの小部屋:Room#243「REVOLVER360」
インディーズゲームの小部屋:Room#243「REVOLVER360」
インディーズゲームの小部屋:Room#243「REVOLVER360」
インディーズゲームの小部屋:Room#243「REVOLVER360」

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月22日〜09月23日