オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
極限脱出ADV 善人シボウデス公式サイトへ
読者の評価
80
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2012/02/23 11:00

連載

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第168回「ラブプラスは遊びじゃない」


著者近影
 さて,先に書いておこうかしら。
 ケツ論から言うと「NEWラブプラス」を入手したものの,まだプレイできておりません。なぜかというと,2月19日に私の本業であるプロレスで,タイトルマッチがあったから。そう,“戦いの聖地”後楽園ホールで,私はおチャンピオン様としてメインイベントを務めたわけ。挑戦者・アントーニオ本多は,私の親友ということもあり,先日のタイトルマッチは私にとって,強い意味を持つものだったわ。

 簡単に書くと,10年にわたる2人の人生の線が交わり合う日だったのね。
 お互いに金が無くて一つ屋根の下に暮らした日々,成功する親友を横目で見ながらの嫉妬,一方で成功と引き換えに自分が失ったものを持ち続けている親友への嫉妬,冷蔵庫のプリンを巡る争い,その他諸々の愛憎劇……そういった実際にあるんだかないんだか分からないものがリング上で,それも後楽園ホールのメインイベントで表現されちゃったんですよ,日曜日に。
 だから,失礼のないようにNEWラブプラスをプレイするのは先延ばしにしよう,と。そういうケツ論に至ったわけです。……っていうとすごくストイックなイメージを持たれるかもしれないけど,勘違いしないで。
 確かに私は今,おチャンピオン様なのね。でも,チャンピオンであろうがなかろうが,食っちゃ寝食っちゃ寝は変わらないし,ゲイムだってしっかりとプレイするわ。だから,生活という意味では,ベルトを持ってたからって何も変わらないわけ。
 ただ,くり返すけども,ちょっと重要な……(もちろん毎回重要だけど)タイトルマッチで気を散らしてしまうのは,失礼じゃないかと思うに至ったのよ。ラブプラスに対して。もっとはっきり言うと,愛花に対して。
 だってそうでしょ。これから殴り合う34歳のおっさんの顔をチラつかせながら,愛花との時間を過ごすなんて,愛花に悪いじゃない。私は集中したいのよ,愛花に。だから,10年来の親友とはいえ,邪魔しないでほしかったの。「ラブプラスは遊びじゃない」んだから。
 ほら,今回から「カノジョを友達に紹介」って機能があるじゃない? でもこれ,ゲイムに機能が載っていなくても,みんな紹介しあっていたわけでしょ。「これ俺の愛花」って。そんなこと言われても,愛花は私のもんだし
 とはいえ,まだNEWラブプラスはプレイしてないからこそ冷静でいられるわけで,愛花が全国の誰に対しても笑顔を振りまいているんだという現実は辛うじて受容できています。でも,実際に愛花と話をしてみると「愛花がそんなことしてるはずがない」って思ってしまうことは予想できます。……と,この私がこんなことを考えてしまうぐらい,「ラブプラスは遊びじゃない」んですよ。っていうお話でございました。

 まぁ,おそらく一部のマスコミが「最近の若者の恋愛事情」みたいな見出しで我々ラブプラシストを報道の体であれこれするのかもしれませんがね,気にしなくていいんですよ。だって,そういうものじゃん。ゲイム自体が。ゲイムだけじゃなくて,エンターテイメント自体が。重要なのは,その世界観に自分から乗れるかどうか,消費者としてお金を出せるかどうかなわけで。乗れない人のことは気にしてもしょうがないし。
 でも私だったら,たとえ世界観に乗れないエンターテイメントに対しても,毛嫌いするんじゃなくて,せめて何が楽しいのか,その楽しみ方を理解したい。そのほうがきっと,人生って豊かになると思わない?

 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第168回「ラブプラスは遊びじゃない」  男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第168回「ラブプラスは遊びじゃない」  男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第168回「ラブプラスは遊びじゃない」

 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第168回「ラブプラスは遊びじゃない」
 ……とまあ,これで終わるとさすがにアバンギャルド過ぎるので,ちょっとだけプレイした「極限脱出ADV 善人シボウデス」ニンテンドー3DS / PlayStation Vita)について。
 これはニンテンドーDS用にリリースされた「極限脱出 9時間9人9の扉」の後継作にあたるわけだけれども,今回はニンテンドー3DSとPlayStation Vitaの両方で発売されてるの。
 私はまだプレイ序盤だから,ストーリーについては何も触れられないわ。そもそも,アドベンチャーである以上,ストーリーの面白味がゲイムの面白味に直結している部分もあるから触れないほうがいいでしょう。ただ,極限脱出 9時間9人9の扉は凄く面白かったし,今回もいい感じの雰囲気が出ているから,あらためて別のタイミングで触れるかもしれない。ネタバレは書かないけど。なので,とりあえず今日の段階では,買おうと思っているけれど,3DS版とVita版のどちらにしようか迷っている人へのアドバイスなどを。


 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第168回「ラブプラスは遊びじゃない」  男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第168回「ラブプラスは遊びじゃない」

 例えば,PSPとPlayStation 3で出ますみたいな感じだったら,ボリュームだとかグラフィックス面だとかの違いであったり,移動中に遊びたいか,家で遊びたいかで選んだりするでしょ?
 PlayStation 3とXbox 360だったら,使用頻度の高いほうを選んだりとか。でも3DSとVita,これは悩むわよ。どっちも携帯型ゲイム機で,どっちもタッチ操作に対応している。3DSは二画面で,Vitaは一画面。だけどVitaのほうが画面は高精細。これは悩む。私は悩んだ。そして両方買ってみた。
 さて,両方で遊んでみているんだけど,少なくとも,「どっちでもいいや」感はなかったわね。というのも,3DSとVitaでは画面の表現方法や性能の方向性が違うから,操作性も違うのね。ゲイムを遊ぶだけの素人である私が,ここでゴチャゴチャ言ってもしょうがないので,思ったところをズバッと書いてしまうと……。
 Vitaのほうがグラフィックスは綺麗ですが,3DSのほうが操作しやすかったです! あれ,もったい付けたわりに普通過ぎて申し訳ないわね。あ,それとあくまで,これは極限脱出ADV 善人シボウデスに限った話よ? そこは一つご了承いただければと。
 Vitaの場合,画面が一つだから,画面を直接触らないといけない。でも,3DSだと上下分割だから,触る画面と触らなくてもいい画面とが分かれていてヤりやすい。しかし,Vitaのグラフィックスはとても細かくてきれい。といったあたりを踏まえて,どちらを買うか決めたほうがいいと私は思うわ。
 っていうか,そもそも多機種で発売されるゲイムに関しては,気軽に選び過ぎないほうがいいのかもしれないわね。ゲイムの本質は同じでも,操作感が違うとそれだけで印象も変わってしまうものだし。なので,なるべく自分に合いそうな機種ということを,一番の判断材料にすればいいのかもね。
 うん,なんだかアドバイスどころか,かえって悩ませる結果になった気がしなくもないけれど,そんな感じで。

 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第168回「ラブプラスは遊びじゃない」  男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第168回「ラブプラスは遊びじゃない」
 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第168回「ラブプラスは遊びじゃない」  男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第168回「ラブプラスは遊びじゃない」

 さて今週は,NEWラブプラスをプレイしなかったという話を中心にお届けしてまいりました。今週も二つ試合があるよ! 来週までに私はプレイするのかな? しないのかな? という,どうでもいいフェイントをかけつつ,今週はこの辺で。また来週,さようなら!

今週のハマりゲイム
(文字通りゲイムスロットにハマっているゲイム)
PlayStation 3:「ワールドサッカー ウイニングイレブン 2012
PlayStation Vita:「極限脱出ADV 善人シボウデス
ニンテンドー3DS:「極限脱出ADV 善人シボウデス
PSP:「幻想水滸伝 紡がれし百年の時
Wii:「ぷよぷよ!!
Xbox 360:「トロピコ4 日本語版

■■男色ディーノ(プロレスラー)■■
2月19日に無事,KO-D無差別級のベルトを防衛したディーノ選手。2月24日(金)にはDDT新木場1st.Ring大会「NON-FIX 2.24」で,次期挑戦者である佐藤光留選手とタッグマッチで激突します。さらに2月26日(日)には,同じく新木場1st.Ringで開催される,新北京プロレス「新北京プロレス新春JAPANツアー2012」に出場……ってあれ? 出場選手に書いてあるのは,伯爵ディーノ……? とりあえず,男色のほうのディーノ選手に確認をしたところ,「よく分からないけど,力の限り頑張ります!」とのことでした。
  • 関連タイトル:

    極限脱出ADV 善人シボウデス

  • 関連タイトル:

    極限脱出ADV 善人シボウデス

  • 関連タイトル:

    NEWラブプラス

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月21日〜10月22日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
72
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
56
アズールレーン (iPhone)
2017年04月〜2017年10月