オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
StarCraft II: Wings of Liberty公式サイトへ
読者の評価
94
投稿数:10
レビューを投稿する
海外での評価
93
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「BlizzCon 2017」がアナハイムで開幕。 「Overwatch」の新たなヒーローとなる「モイラ」や,「Hearthstone」の拡張パックなどが明らかに
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/11/04 18:40

イベント

「BlizzCon 2017」がアナハイムで開幕。 「Overwatch」の新たなヒーローとなる「モイラ」や,「Hearthstone」の拡張パックなどが明らかに

 Blizzard Entertainmentは北米時間の2017年11月3日〜4日,本拠を置くカリフォルニア州アナハイムのイベント施設Anaheim Convention Centerにおいて,今年で11回めを迎えるファンイベント「BlizzCon 2017」を開催している。

StarCraft II: Wings of Liberty

オープニングセレモニーで登壇したBlizzard EntertainmentのCEO,マイク・モーハイム(Mike Morhaime)氏
 数か月前にオープンした新館を含め,11万2000平方m(アメフト競技場約20個分)の広さを誇るAnaheim Convention Centerをフルに使った「BlizzCon 2017」。7500人が収容可能なアリーナでは「Overwatch World Cup」が開催されるなど,会場は盛況で,発表によれば,昨年より8000人も多い,約3万5000人のファンが詰めかけたという。簡単に言って,1つのゲームメーカーが独自で開催しているとはとても思えないほどの,巨大なイベントなのだ。

 あまりにも規模が大きくなったためか,今年はオープニングセレモニーが行われたメイン会場だけでなくアリーナや新館でも開発者達が情報公開を行い,それがほかの会場にも中継されるという新たなスタイルが採用されている。

フランス対中国のマッチが行われていた「Overwatch World Cup」のアリーナの様子
StarCraft II: Wings of Liberty

 新情報については,新作の開発など大きなものはなかったものの,「Overwatch」の26人目のヒーロー「モイラ」や,「Hearthstone」の新拡張パック「コボルトと秘宝の迷宮」などが発表されて,会場は大いに盛り上がった。というわけで,以下に発表内容をまとめてみよう。

「Overwatch」のディレクターとして日本でも知名度の高い,ジェフ・キャプラン(Jeff Kaplan)氏
StarCraft II: Wings of Liberty

「BlizzCon 2017」公式サイト



「StarCraft II」がFree-to-Playゲームに


 本日(11月4日)掲載した速報記事でもお伝えしたように,RTS「StarCraft II」が11月14日,基本プレイ料金無料のFree-to-Playタイトルになることが発表された。息の長い展開を続けてきた“スタクラ2”に,変革のときが訪れたようだ。

 具体的には,第1弾の「StarCraft II: Wings of Liberty」のキャンペーンが無料公開され,「Co-op Commander」モードがレベル5まで自由にプレイできるようになるというもの。10月31日より前に「StarCraft II」を購入した人には,「Eidolon Ghost」スキンほか,いくつかのポートレートが用意されるという。
 マルチプレイモードは無料でプレイできるが,拡張パックで追加されたユニットを使用したいときは,ランク外ゲームに勝利して,「First Wins of the Day」を10回獲得する必要がある。また,すでに「Wings of Liberty」を持っているプレイヤーには,「StarCraft II: Heart of the Swarm」が無償で提供されるとのことだ。

StarCraft II: Wings of Liberty

「StarCraft II: Wings of Liberty」公式サイト



「Heroes of the Storm」に,HanzoとAlextraszaが参戦


 2017年4月に導入された大型パッチ「Heroes of the Storm 2.0」で,すべてのコンテンツがゲームに勝つことでアンロックできるようになるなど,進化を続ける本作。今回は「Overwatch」Hanzoと,「World of Warcraft」Alextraszaがネクサスの世界に参戦することがアナウンスされた。
 Alextraszaは「World of Warcraft」の物語で“命の守護”と呼ばれるレッドドラゴンで,同じく龍をシンボルにするHanzoと模擬戦を繰り広げるという格好いいトレイラーが公開されている。

「Heroes of the Storm」公式サイト


 マッチメイキングでは,プレイヤーのレベルではなく直近の成績で自動的にマッチアップする新システムが採用されることに加え,ボイスチャットやカメラ位置の変更,レーン通過の調整,ステルスアニメーションの変更など,大型のアップデートが年内に再び行われる予定だ。

StarCraft II: Wings of Liberty


「Hearthstone」の新規拡張パック「コボルトと秘宝の迷宮」が年内にもリリース予定


 こちらも本日掲載した記事でお伝えしているが,「Hearthstone」の新規拡張パック「コボルトと秘宝の迷宮」が発表された。「コボルトと秘宝の迷宮」は,ダンジョン探索の雰囲気を取り入れることを目的に開発が続けられていたもので,ストーリーは,「World of Warcraft」でロウソクを頭に付けて穴掘りをしていた謎のクリーチャー,コボルトが掘り進めていたダンジョンへ潜入していくというものだ。

 発表に合わせて,「Marin the Fox」という新しいレジェンダリーカードが追加されており,パイレーツウォリアーデッキを組む際の強力な助っ人になってくれそう。このMarin the Foxは,北米時間の11月6日に「Hearthstone」にアクセスすると,すべてのプレイヤーに無料で進呈され,即日使用可能になるとのこと。

 「コボルトと秘宝の迷宮」の詳細については,追って開発者インタビューを交えて紹介する予定だが,簡単に説明すると,新たに登場する「招集」が注目の点になる。これは,デッキからミニオンを直接召喚してプレイに参加させるという新機能だ。
 また,すべてのキャラクタークラスに「レジェンダリーウェポン」が与えられるとのことで,イベントではプリースト用の「ドラゴンソウル」が紹介された。これは,プリーストが3回連続で呪文を唱えたあと,ドラゴンを1体召喚するというものだ。

「Hearthstone」公式サイト


 新しいゲームモードとして忘れてはならないのが,「Dungeon Run」というシングルプレイ向けの要素だ。これは,例えばダンジョンを進んでいくと複数の通路が出現し,「右に進むか,左へ行くか」を選ぶといった感じで,ストーリーにランダム性を与えてくれる。
 プレイヤーは与えられた10枚のカードでプレイを始め,1つのダンジョンの攻略に成功すると新たなカードが追加され,次のダンジョンに進んでいくが,負ければすべてを失って,最初からプレイをやり直すという,ローグライクなアドベンチャーがカードゲームで表現される。
 詳しくは,掲載予定の記事を楽しみにしていてほしい。


「Overwatch」に新ヒーロー「モイラ」と新マップ「Blizzard World」が登場


 「こちら」の記事でも紹介したとおり,「Overwatch」の新たなヒーローキャラクター「モイラ」がアナウンスされた。モイラは肉体から生成されるエネルギーを利用して攻撃と回復を行うキャラクターで,Overwatchの特殊部隊ブラックウォッチでは,遺伝子学者としての知識を使ってさまざまな兵器を開発してきたが,組織の解体と共に居場所をなくし,研究費捻出するためにタロンの活動に参加したという経歴を持っている。研究成果のためなら倫理は問わないという,どこか危険な香りのする48歳のアイルランド人という設定だ。

 アビリティについては,すでに公式サイトで公開されているが,プライマリーは左手(左クリック)で回復ビーム,右手(右クリック)は攻撃を行う「バイオティック・グラスプ」となる。さらに,放たれると壁や天井で跳ね返りながら付近の味方をヒールしたり,敵のヘルスを奪ったりする「バイオティック・オーブ」と,攻撃はできないが一時的に高速状態になる「フェード」,そして回復と攻撃を同時に行う「コアレッセンス」が使用可能だ。

「Overwatch」公式サイト


 モイラのプレイフィールについては追って紹介したいが,オープニングセレモニーでは,新しいマップとして「Blizzard作品の世界観を使ったテーマパークがあれば,このような感じになる」という「Blizzard World」がアナウンスされており,モイラ同様に会場でプレイテストができた。

 さらに,ラインハートのオリジンに関する最新トレイラーも公開されており,Eichenwaldeのマップになぜアーマーが横たえられているのか,どうしてラインハートは左目を失ったのか,といった疑問が解消されている。トレーラーは,ラインハートが若かったオムニック戦争の時代,彼の兄貴分のバルドリーヒ(Baldreich)がOverwatchから招集を受けながらも力尽きたため,ラインハートに後が託されたというドラマチックな内容になっているので,ぜひチェックしてほしい。



「World of Warcraft」,バニラサーバーの導入と新拡張パック「Battle for Azeroth」が発表


 サービス開始からもうすぐ13年を迎えるMMORPG「World of Warcraft」では,7番めの拡張パックとして「Battle for Azeroth」がアナウンスされた。
 アゼロスの大海に2つの島大陸,クルティラス(Kul Tilas)ザンダラール(Zandalar)が出現し,それぞれにエンパイアホードが進出。そして,相手方の大陸を奪い取ろうと2勢力がぶつかるという,Warcraftシリーズの基本に立ち返ったようなエンパイアとホードの抗争が描かれるという。

 2つの大陸はそれぞれ,いくつかの島々で構成された3つのゾーンに分かれており,プレイヤー達は敵の島に上陸しては,強奪や占拠を行っていくという。
 南米の古代文明を連想させる黄金都市「Atal’Dazar」を始めとする新しいダンジョンやレイドの追加はもちろん,レベルキャップが120に引き上げられるのに合わせて,新しく作成したキャラクターもしくは手持ちのキャラクター1体をレベル10に自動引き上げることができ,すぐさま勢力間抗争の中に身を投じられるという。

「World of Warcraft」公式サイト


 今回のイベントではまた,拡張パックなどで加えられたさまざまなアップデートを巻き戻し,2004年に公開されたままの仕様でプレイできる専用バニラサーバー「World of Warcraft Classic」が発表されている。
 もちろん,バグやネットワーク問題などは修正されているが,以前からファンの強い要望があったものだそうで,古参ゲーマーにとっては嬉しい話かもしれない。

 Blizzard Entertainmentはまた,2005年に導入されてからほとんど使われることのなかったPvPサーバーを停止させるとアナウンスした。この停止は,2018年にリリースされる「Battle for Azeroth」に合わせて行われ,各プレイヤーには「PvP可能/不可能」のタグが付けられて,戦いたい人は戦える仕様に変更されるとのことだ。

  • 関連タイトル:

    StarCraft II: Wings of Liberty

  • 関連タイトル:

    StarCraft II: Wings of Liberty

  • 関連タイトル:

    Heroes of the Storm

  • 関連タイトル:

    Hearthstone

  • 関連タイトル:

    Overwatch

  • 関連タイトル:

    オーバーウォッチ

  • 関連タイトル:

    Overwatch

  • 関連タイトル:

    World of Warcraft

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月24日〜11月25日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
73
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
70
2017年05月〜2017年11月