オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2013/10/24 13:52

ニュース

SteelSeries,右手用マウスの新製品「Rival」を発表。入手したモックアップで概要をチェックしてみる

 北米時間2013年10月23日,SteelSeriesは,同社完全オリジナルのマウスとしては「SteelSeries Ikari」以来の右手用モデルとなる「SteelSeries Rival」(以下,Rival)を発表。直販サイトにおいて,59.99ドル/59.99ユーロで予約受け付けを開始した。11月8日頃の出荷開始予定とのことだ。

Rival
SteelSeries

SteelSeries
 Rivalは,左右メインとセンタークリック機能付きスクロールホイールのほかに,スクロールホイール手前部×1,左サイド×2というボタン構成を採用したワイヤードモデルだ。サイズは70(W)×145(D)×40(W)mm,重量は128g(※ケーブルを含むかどうかは未公開)で,イメージとしては往年の名機「IntelliMouse Explorer 3.0」系といったところ。あるいは現在のゲーマー向けマウス市場を踏まえるなら,「Razer DeathAdder 2013」対抗,といったところだろうか。
 ボタンにはSteelSeriesオリジナルのスイッチが採用され,3000万回のクリックに耐えるというのも,重要なポイントとして訴求されている。

製品ボックス
SteelSeries
 搭載するセンサーはPixArt Imaging(旧Avago Technologies)製の光学式モデルとなる「ADNS-3310」で,SteelSeriesは,加速設定がなされておらず,極めて正確なトラッキングができると謳っている。トラッキング速度は200IPS,最大加速度は50Gで,ポーリングレート(レポートレート)は最大1000Hz。CPI設定は50〜6500の間で調整可能とのことだ。
 なお,本体背面のSteelSeriesロゴ部とスクロールホイール部のLEDは,設定ツール「SteelSeries Engine 3」から,色を自由に変えられるとのこと。また,本体最後部にある「SteelSeries」ロゴ部はゴム製で,標準添付の「RIVAL」ロゴへと変更できるほか,現在,SteelSeriesは3Dプリンターメーカーと協業を進めており,今後,カスタマイズにも対応できる見込みという。

4Gamerで入手したRivalのモックアップ。ケーブルの先はバッテリー(というか電池ボックス)になっている
SteelSeries
 4GamerではそんなRivalのモックアップ(mock up,模型)を独自に入手できたので,ひとまずは写真でお届けしてみたい。ケーブルは最終製品版と異なる……というか,モックアップから伸びるケーブルの先にはLEDを光らせるためのバッテリー部が付けられていたので,参考になるのはあくまでも本体の形状だけだが,気になる人はチェックしてもらえれば幸いだ。

●Rivalのモックアップ写真集

SteelSeries
入手したモックアップ。両サイドは大きなラバーグリップで覆われている。グリップは射出成形されたものだそうだ
SteelSeries SteelSeries
グリップ部の突起は相応に存在感がある
SteelSeries SteelSeries

Razer DeathAdder 2013と並べてみたところ。長いだけでなく,“ひねり”が強く効いたデザインになっているのが分かる
SteelSeries

モックアップだとボタン類は押下できなかったが,サイドボタンがかなり大きいことは見て取れよう
SteelSeries

本文でも触れた「本体最後部のロゴ部」に寄ったところ。ここが交換可能とされている(※モックアップでは取り外し不可だった)
SteelSeries

底面。センサーが搭載されていないが,センサー部の周辺にU字型の溝が彫られているのは気になるところだ
SteelSeries

関係者によると,Rivalの開発コードネームは「Mongoose」(マングース)だそう。毒蛇の天敵というあたり,さもありなん,といったところか
SteelSeries


●SteelSeries Rivalの主なスペック
  • 基本仕様:光学センサー搭載ワイヤードタイプ
  • ボタン:左右メイン,センタークリック機能付きスクロールホイール,スクロールホイール手前×1,左サイド×2
  • トラッキング速度:200IPS
  • 最大加速度:50G
  • フレームレート:未公開
  • 画像処理能力:未公開
  • トラッキング解像度:50〜6500CPI
  • USBレポートレート(ポーリングレート):最大1000Hz
  • データ転送フォーマット:未公開
  • リフトオフディスタンス:未公開
  • フラッシュメモリ:未公開(※おそらく搭載)
  • 本体サイズ:70(W)×145(D)×40(W)mm
  • 重量:128g(※ケーブルを含むかどうかは未公開)
  • マウスソール:未公開
  • ケーブル長:2m
  • 対応OS:未公開
  • 製品保証:未公開


SteelSeries Rival製品情報ページ(英語)

SteelSeries Rival予約注文受け付けページ(英語)

  • 関連タイトル:

    SteelSeries

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2017/09/07)
【国内正規品】ゲーミングマウス SteelSeries Rival 300 Black 62351
Personal Computer
発売日:2015-12-18
価格:6674円(Amazon)
amazonで買う
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月25日〜09月26日