オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Alliance of Valiant Arms公式サイトへ
読者の評価
93
投稿数:185
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2010/05/06 13:42

イベント

FPS「Alliance of Valiant Arms」,日韓最強クランの対決が実現! 「AVAれ祭2010〜秋葉原の陣〜」レポート

 5月1日,ゲームオンは東京都にあるベルサール秋葉原で開催中の「秋葉原PCゲームフェスタ」で,FPS「Alliance of Valiant Arms」(以下,AVA)のオフラインイベント「AVAれ祭 2010〜秋葉原の陣〜」を開催した。会場では,AVAの公式大会「Alliance of Valiant Arms Spring Storm」(AVASS)の爆破トーナメントで優勝したクラン「ReGuLuS」と(関連記事),韓国最強クラン「ASTRICK」のエキシビションマッチなどが行われた。

Alliance of Valiant Arms
解説を務めたBRZRK氏。FPS歴は13年とのこと
同じく解説のAVA プロデューサー 井上洋一郎氏

 ASTRICKは,韓国でプロゲーマーを目指す人達で構成されたクランだ。韓国のAVAでは最強の爆破クランで,ここ最近の勝率は10割,つまり負け知らずだという。
 会場では,最初に来場者が5人1チームとなってASTRICKに挑戦するチャレンジマッチが行われた。挑戦者としてエントリーしたのは4チームで,中には名前が読み上げられただけで会場がどよめく有名プレイヤーや,大会などにはあまり登場していないものの,高い実力を備えたクランのメンバーもいた。

ASTRICKの5人

 チャレンジマッチは,5ラウンド3本先取した方が勝ち。加えて,挑戦者チームがASTRICKから1ラウンドでも取れば,クランチャンネル全体の獲得経験値と獲得補給値が30%アップ,2ラウンド以上取った場合はそれぞれ50%アップするという特典もついた。1試合目は1対3,2試合目は2対3と,挑戦者チームは勝てないながらも健闘し,見事特典を獲得。しかし,このあたりでASTRICKも緊張がほぐれたのか,残りの試合はスピードのある動きと,的確な囲い込みで圧倒的な強さを見せ,ストレート勝ちを決めた。

積極的に動き回るASTRICKのスナイパーに対して,会場からは驚きの声が上がった
Alliance of Valiant Arms Alliance of Valiant Arms

Alliance of Valiant Arms
 続いて,ASTRICKによる協力モード「PrisonBreak2 -Rescue-」の攻略デモが行われた。このモードは日本では4月21日に実装されたばかりだが,韓国では先立って公開されていたもの。4〜5人用として設計されているが,ASTRICKは4人用のノーマルモードを二人で攻略してみせた。序盤は倒すべき敵のみに確実にヘッドショットを決めるなどして弾の消費を抑えながら素早く移動。NPC「エヴァ中尉」を救出してヘリポートへと誘導する後半では,一人が先行し囮となって敵を引きつける一方で,もう一人は敵がポップしなくなる地点までNPCを誘導するなど,計算され尽くした動きを見せて見事にクリア。会場からは驚きの声が上がった。

Alliance of Valiant Arms Alliance of Valiant Arms Alliance of Valiant Arms

 またQ&Aコーナーでは,日々の練習などに関してASTRICKのメンバーに質問が投げかけられ,ASTRICKが15人前後のクランで,大会メンバーは今回来日した5人に固定していること,さらにそのうち4人が共同生活を送っていることなどが明らかにされた。また,クランメンバーの選定には,プレイヤースキルよりも,コミュニケーションを取れるかどうかを重視しているという。そうやって普段からお互いに信頼を高め合うことが,ゲーム内でのチームワークにも繋がっていると,メンバー達は繰り返し主張していた。

Alliance of Valiant Arms Alliance of Valiant Arms

 使用機材に関しては,各自好みがあるようでバラバラだったが,サウンドボードはAVAに最適化されている「Sound Blaster X-Fi」シリーズで一致。さらにスナイパーはいつも決まった位置にいるのではなく,常に動きながらポイントを探すべきというアドバイスも紹介。実際,ASTRICKのメインスナイパーは,思いもよらないような隙間から狙撃のチャンスを狙う一方で,ハンドガンを手にした大胆な立ち回りを頻繁に見せ,会場を沸かせていた。


Alliance of Valiant Arms
 メインイベントのReGuLuS対ASTRICKによるエキシビションマッチは,マップ「Dual Sight」を舞台に,13ラウンド7本先取というルールで行われた。ASTRICKは序盤ラウンドの早いタイミングからのグレネードによる攻撃,自ら前進し狙撃とハンドガンでキルを重ねるスナイパー,それをカバーするチームワークと非の打ち所のないプレイを見せ,ReGuLuSにまともな反撃の機会を与えないまま0対7で勝利した。


Alliance of Valiant Arms Alliance of Valiant Arms
Alliance of Valiant Arms Alliance of Valiant Arms

 エキシビションマッチ終了後,解説のBRZRKさんは「完成度が高く,粗がない動き」とASTRICKを絶賛。またAVAのプロデューサーを務める井上洋一郎氏は,ASTRICKがチャレンジマッチなどで事前にウォーミングアップできたのに対し,ReGuLuSが試合直前まで調整に追われ緊張をほぐす暇がなかったことに触れ,「ASTRICKをアウェイにするつもりが,逆にReGuLuSの足を引っ張ってしまった」とコメントしていた。とはいえReGuLuSを始めとする来場者達が,ASTRICKのプレイから学んだものは決して少なくないはず。実力が高いクランのプレイを生で見られたというだけでも,価値のあったイベントといえるだろう。

Alliance of Valiant Arms
エキシビションマッチを行ったReGuLuSとASTRICK
会場には,実に多くのAVAプレイヤーが集まった

「Alliance of Valiant Arms」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Alliance of Valiant Arms

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月26日〜07月27日
タイトル評価ランキング
88
82
ARMS (Nintendo Switch)
82
NieR:Automata (PS4)
74
鉄拳7 (PS4)
69
2017年01月〜2017年07月