オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2009/05/29 18:07

ニュース

Windows XP&2000のDirectXに脆弱性。PCが悪意の第三者から操作される危険あり

 北米時間2009年5月28日,Microsoftは,DirectXの新たな脆弱性に関する「セキュリティアドバイザリ」を公開した。それによると,影響を受けるOSはWindows XP/2000/Server 2003で,すでに限定的な攻撃が行われていることが確認されているという。
 Windows Vista(やWindows Server 2008)は対象外だ。

マイクロソフトセキュリティアドバイザリ(971778)

 脆弱性が見つかったのは,DirectXでストリーミングメディアを担当するDirectShowのコンポーネントで,悪意をもって作成されたQuickTime形式のファイルを実行すると,リモートでコードが実行される(=PCの制御が外部から可能となる)というもの。QuickTime形式のコンテンツは,Webサイトのストリーミングビデオにもよく利用されているため,場合によっては,そこから影響を受けるおそれがある。
 現在Microsoftは,この問題に関する調査を進めており,完了後,ユーザーを保護するための適切な措置を講ずる予定とのこと。Windows Update,もしくは,それ以外の緊急パッチ配信で,自動的に修正される見込みだ。

 なお同社は,ひとまずの回避策として,「レジストリからQuickTimeのキーを削除する」という方法を,Microsoftサポートオンラインで公開している。対象となるOSのユーザーで,万全を期したい場合は従うのが正解だが,当然のことながら,この対策を行うと,QuickTime形式のメディアファイルを再生できなくなる。この点は注意が必要だろう。
 とにもかくにもMicrosoftには,一刻も早いパッチのリリースを望みたい。
  • 関連タイトル:

    DirectX

  • 関連タイトル:

    Windows XP

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月21日〜07月22日
タイトル評価ランキング
88
82
ARMS (Nintendo Switch)
82
NieR:Automata (PS4)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年01月〜2017年07月