※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2017
号外No.2
東京ゲームショウまとめ読み!9月22日〜24日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
高難度ミッションに挑戦
METAL GEAR SURVIVE
Co-opモードのプレイレポート
裏切り者を探す心理戦が展開
スマホでプレイするPS4タイトル
「Hidden Agenda」
このスピード感はまちがいなく「バーチャロン」
「とある魔術の電脳戦機」プレイレポート
期待のスマホ向けタイトル
23/7 トゥエンティ スリー セブン
D×2 真・女神転生 リベレーション
アルケミアストーリー
会場で異彩を放つユニークな出展も
“挙式VR”を体験レポート
ツイートが武器になる「Last Standard」
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2012/11/13 14:18

ニュース

シリコンスタジオ,iOSとAndroidに対応した3D性能計測アプリ「MOBILE GPUMARK」を公開

 シリコンスタジオは本日(2012年11月13日),iOSとAndroid向けの3Dグラフィックス性能ベンチマークアプリ「MOBILE GPUMARK」を発表した。同アプリは,App StoreもしくはGoogle Playにて,無料でダウンロードできる。さまざまなシーンをリアルタイム3Dグラフィックスで描画し,スマートフォンやタブレット端末のGPU性能を計測することが可能だ。

MOBILE GPUMARK

MOBILE GPUMARK公式Webサイト

iOS版「MOBILE GPUMARK」ダウンロードページ

Android版「MOBILE GPUMARK」ダウンロードページ


MOBILE GPUMARK
 ベンチマークテストには,「RIGID GEMS」「DEAD PARKING」「NATURAL BONE」「GPU BENCHMARK」といった4項目のテストモードが用意されているので,それぞれ順に説明していこう。

 RIGID GEMSは,宝石を通る光の屈折や反射といった複雑なシェーダプログラムを使用する場合のGPU処理性能や,複数の宝石やリングが衝突する物理シミュレーションを利用する場合のCPU処理性能,そして同社のゲーム開発ミドルウェア「YEBIS 2」を使ったポストエフェクト利用時のGPU性能を計測するモードとなる。
 ちなみにRIGID GEMSに用いられる3Dモデルのポリゴン数は,宝石が1個につき300〜600ポリゴン,リングが1個につき832ポリゴンとのことだ。

RIGID GEMS
MOBILE GPUMARK MOBILE GPUMARK

 DEAD PARKINGは,ポリゴン数が多めの3Dキャラクターを多数表示した場合のGPU性能と,それらの3Dキャラクターを動かして,モーション制御した場合のCPU性能,リアルタイムで影を生成した場合のGPU性能を計測。加えて,ポストエフェクト(グレアや被写界深度といった処理)を行った場合のGPU性能も合わせて測定するモードだ。
 ちなみにDEAD PARKINGで使用されている3Dモデルのポリゴン数は,24体描画されるゾンビが1体につき約2000ポリゴン,主人公が約3300ポリゴン,背景が1万3000ポリゴンになるという。

DEAD PARKING
MOBILE GPUMARK MOBILE GPUMARK

 NATURAL BONEでは,「現行世代のハイエンドコンシューマゲーム機で用いられているものと同等クラス」(シリコンスタジオ)の3Dモデルや高精細なテクスチャデータを描画する場合のGPU性能測定を行う。キャラクターは約1万2000ポリゴン,背景は約15万ポリゴンでそれぞれ描画されているそうだ。

NATURAL BONE
MOBILE GPUMARK MOBILE GPUMARK

MOBILE GPUMARK
 GPU BENCHMARKは,10個のテストからGPUの基本性能を評価するモードとなる。テスト項目は以下のとおり。

  • Fill Test:画面の塗りつぶし性能
  • High Ploygon Model:ポリゴン数が多い3Dモデルの表示性能
  • Many Models:多数のキャラクターを表示した場合の描画性能
  • Per Vertex Lighting:光源計算を頂点ごとに行う場合の性能
  • Per Vertex Lighting&Specular:光源計算を頂点ごとに行う場合の性能(鏡面反射あり)
  • Per Pixel Lighting &Specular:光源計算をピクセルごとに行う場合の性能(鏡面反射あり)
  • Per Pixel Lighting&Specular&Normalmap:光源計算をピクセルごとに行う場合の性能(鏡面反射あり&法線マップあり)
  • YEBIS Resolution 420x234:YEBISの内部解像度が420×234ドットの場合の性能
  • YEBIS Resolution 800x450:YEBISの内部解像度が800x450ドットの場合の性能
  • YEBIS Resolution 1280x720:YEBISの内部解像度が1280x720ドットの場合の性能

GPU BENCHMARK
MOBILE GPUMARK MOBILE GPUMARK

 いずれのテストも,解像度の設定が行えるようになっており,「High」「Normal」「Low」の3段階から選択できる。Highがデバイスの解像度のまま,Normalがデバイスの解像度を縦横ともに0.75倍した解像度,Lowがデバイスの解像度を縦横ともに0.5倍した解像度でそれぞれテストを行うことになる。
 また,各テストには「デモモード」が用意されており,デモモードでは,エフェクトの有無やオブジェクトやキャラクターの増減が行えるほか,視点を動かすことも可能だ。

デモモードは,テストによって設定できる項目が異なる
MOBILE GPUMARK MOBILE GPUMARK

 各テストの測定結果は,シリコンスタジオのサーバーにアップロードすることができ,同社のWebサイトでランキングを確認することが可能となっている。ただし,アップロードできるのは,解像度設定Highでテストを行った場合の結果のみになるという。

テストの結果は,シリコンスタジオのサーバーにアップロードし,同社Webサイトでランキングを確認することが可能だ
MOBILE GPUMARK MOBILE GPUMARK

 iOSとAndroidとで,プラットフォームの垣根を越えて,自分のデバイスがどのくらいの3D性能を備えているのかが計測できるのは,なかなか面白い。シリコンスタジオによれば,Windows版も予定しているとのことなので,Windows版が登場すれば,より比較が行いやすくなるだろう。もしかすると,今後はMOBILE GPUMARKが3Dベンチマークの標準になっていくかもしれない。

MOBILE GPUMARK公式Webサイト

iOS版「MOBILE GPUMARK」ダウンロードページ

Android版「MOBILE GPUMARK」ダウンロードページ

  • 関連タイトル:

    MOBILE GPUMARK

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月22日〜09月23日