オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
パッケージ
Core 2
  • Intel
  • 発表日:2006/07/27
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2007/09/21 11:45

ニュース

[IDF Fall 07]Intel,Skulltrailのベンチマークパフォーマンスを公開

 Intelは,Intel Developer Forum Fall 2007の会場で,報道関係者に対し,Skulltrail(スカルトレール,開発コードネーム)の実機を用いたベンチマークテストを公開した。

IntelのSkulltrailマザーボード
Core 2

 Skulltrailのシステム構成は以下のとおり。

  • CPU:動作クロック3.4GHz&FSBクロック1600MHzのクアッドコア×2(L2キャッシュ6MB×2)
  • GPU:GeForce 8800 GTX×2(NVIDIA SLI動作)
  • メインメモリ:Micron Technologyが開発中のPC2-6400 DDR2 SDRAM FB-DIMM 2GB×2(CL=2)
  • HDD:Seagate Technology製「Barracuda 7200.10」(320GB)
  • OS:32bit版Windows Vista Ultimate

 比較対象はIntel X38ベースのシステムで,以下のような構成となる。HDDとOSは共通になる。

  • CPU:Core 2 Extreme QX9650/3GHz(L2キャッシュ6MB×2)
  • GPU:GeForce 8800 GTX×1
  • メインメモリ:Corsair Memory製「CM3X 1024-1333C9DHX」(PC3-10600 DDR3 SDRAM DIMM)1GB×2
  • HDD:Seagate Technology製「Barracuda 7200.10」(320GB)
  • OS:32bit版Windows Vista Ultimate

Intelが公開したベンチマークテスト構成。「System A」がSkulltrailだ
Core 2
 Intelによれば,SkulltrailのCPUクロックについては,同プラットフォームの正式発表時にラインナップされるものと異なる可能性があるとのことだ。
 今回のベンチマークテストは開発中の製品を用いたものということもあり,「Intelがセッティングしたシステムで,Intelがベンチマークソフトを走らせる」という簡易的なもの。BIOSもいずれのシステムも開発中のバージョンを使用しているため,ベンチマーク結果はあくまでも参考値ということになる。

 というわけで,「3DMark06 Build 1.1.0」のスコアを以下のとおりお知らせしたい。スコアは左がSkulltrail,右が比較対象のものだ。「デフォルト設定で走らせている」(Intel)そうなので,解像度は1280×1024ドットで,アンチエイリアシングや異方性フィルタリングは無効の状態になっていると思われる。

●3DMark06 Build 1.1.0のスコア
  • 3DMark Score:17068 / 12065
  • SM2.0 Score:6184 / 4938
  • GT1 Return To Proxycon(fps):54.096 / 41.754
  • GT2 Firfly Forest(fps):48.978 / 40.538
  • HDR/SM3.0 Score(fps):7684 / 4822
  • HDR1 Canyon Flight(fps):85.011 / 44.410
  • HDR2 Deep Freeze(fps):68.675 / 52.022
  • CPU Score:6277 / 4544
  • CPU1 Red Valley(fps):2.181 / 1.482
  • CPU2 Red Valley(fps):2.890 / 2.228

3DMark06のテスト結果。左がSkulltrail,右がIntel X38システムのスコアだ
Core 2 Core 2

SkulltrailシステムでCINEBENCH 10を実行しているところ。クアッドコアCPU×2構成により,8スレッドが走っている
Core 2
 なお,参考までに,3Dレンダリングベンチマークソフト「CINEBENCH 10」(Beta)から,CPUによるレンダリングパフォーマンスをテストする「CPU Benchmark」のスコアも,以下のとおり示しておきたい。

●CINEBENCH 10 Betaのスコア
  • CPU Benchmark:21669 / 11861

CINEBENCH 10 Betaのスコア

テストの様子。左がSkulltrailシステムである
Core 2
 言ってしまえば「Intelによる,Intelのためのベンチマーク」なので,GeForce 8800 GTXのSLI動作とシングル動作を比較することになっているなど,3Dグラフィックスパフォーマンスの比較としてあまりフェアではない。とはいえ,Skulltrailが搭載するデュアルCPUの可能性は,3DMark06のCPUスコアからも読み取れよう。
 また,SLI対応のグラフィックスドライバは,「NVIDIAから特別に供給された開発中のバージョン」とのこと。Skulltrailプラットフォームへの最適化度合いはそれほど高くないはずだが,「nForce 680i SLI」をベースとした“Intel CPU+SLI”の構成と比べても,優れたパフォーマンスを引き出しているといえるベンチマーク結果であることだけは確かだ。

  • 関連タイトル:

    Core 2

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月16日〜10月17日