オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
The Tower of AION公式サイトへ
読者の評価
69
投稿数:395
レビューを投稿する
海外での評価
81
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2013/04/15 20:39

イベント

「AION」の次期大型アップデート“Episode 4.0 新たな翼”が公開に。“エヌシージャパン ユーザー感謝祭 2013”2日目をレポート

 2013年4月14日,エヌ・シー・ジャパンの主要タイトルを集めたオフラインイベント「エヌシージャパン ユーザー感謝祭 2013」(2日目)が,東京のベルサール秋葉原にて開催された。

The Tower of AION

■関連記事:

 感謝祭の2日目は,「The Tower of AION」のオフラインイベントが実施され,4月30日に実装予定予定の次期大型アップデート“Episode 4.0 新たな翼”の紹介や,来場者参加型のイベントなどが行われた。これらの模様はニコニコ生放送を通じてライブ中継されたほか,AIONの一般サーバーと連動したイベントも行われたので,会場に足を運べなかったファンも,オンライン上で参加できたのではないだろうか。

 AIONのカンファレンスでは,新たにディレクターに就任したFSドガノフこと栗原氏が登場し,実装が半月後に迫った次期大型アップデート“Episode 4.0 新たな翼”の紹介を行った。

The Tower of AION
The Tower of AION

 今回のアップデートにおける最大の見どころは,AIONのサービス開始以来初となる新クラスが,一挙に2種類追加されることだ。会場では,マジックガンとマジックキャノンを使い分ける遠距離アタッカー「バレットウイング」と,ハープを手に攻撃/回復/サポートと幅広く活躍できる「メロディウイング」の魅力が,栗原氏によりあらためて紹介された。



 また,新クラスの追加に向けて企画された,武器デザインコンテストの結果も発表された。韓国NCsoftのデザイナーチームと協議したうえで,バレットウイングとメロディウイングに,1種類ずつの武器を実際に開発したそうだ。

 ウォータースピリットをモチーフにしたハープは,メロディウイングの華やかなイメージにぴったりのデザイン。だが,続いて紹介されたバレットウイング用のマジックガンのモチーフは,なんと“輪ゴム銃”だ。韓国NCsoftのデザイナーチームに,この独特な意匠を伝えるのに,栗原氏はかなり苦心したとのことだ。これらの武器が今後どのような形で登場するのか,プレイヤーは楽しみにしていてほしい。

The Tower of AION The Tower of AION
The Tower of AION The Tower of AION

 なお,今回の新クラス追加に伴い,アカウント内に作成できるキャラクターのスロットが“1枠”追加されることが明らかになった。コアプレイヤーの中には,既存の6スロットがレベルキャップのキャラクターで全部埋まっている人もいるかもしれないが,まずはどちらのクラスから育成するか,今から頭を悩ませることになりそうだ。

The Tower of AION

 新クラスに続く形で紹介されたのは,新たに登場するインスタンスダンジョンのラスボスだ。「ルナディウム」に登場する「ウィッチ グレンダル」は強力な範囲攻撃,そして「カタラマイズ」に登場する「ヒペリオン」は強力単体攻撃を繰り出してくるという。

The Tower of AION The Tower of AION

 新たに追加される広域エリアでは,3か所で“要塞戦”が行われるそうだ。北カタラムの“シルス要塞”は,内部から外部へとワープが行え,奇襲作戦が可能とのこと。南カタラムの“バッセン要塞”は,久々の追加となる飛行可能地域。そして同じく南カタラムの“プラデス要塞”は地形が四角構造となっており,多彩な戦術が試せるそうだ。

The Tower of AION The Tower of AION
The Tower of AION

 感謝祭はベルサール秋葉原の地下1階で行われたが,1階にはEpisode 4.0が適用された試遊台が設置されており,来場客は一足早く体験できた。新クラスのプレイフィールをはじめ,広域エリアのカタラムや,リニューアルされたUIなどを入念にチェックしていたようだ。日本版のEpisode4.0は,韓国における“1次アップデート”と“2次アップデート”を併せた大ボリュームとなっているので,特設サイトでの続報にも期待したいところだ。

The Tower of AION
The Tower of AION The Tower of AION

Episode 4.0の導入に伴い,キャラクターの初期装備(インナー)のデザインが変更。栗原氏は「男性キャラクターには興味がない」と力強く語り,天族/魔族用の(女性キャラ用の)新デザインを嬉しそうに紹介していった
The Tower of AION The Tower of AION

既存クラス用に追加されるスキルの一覧。注目すべきは,繰り返し使うことで段階的に効果がアップする“チャージスキル”。戦術の幅が一段と広がりそうだ
The Tower of AION The Tower of AION

 AIONのオフラインイベントではお馴染みの,来場者参加型のアトラクションも2種類行われた。
 最初に実施されたのは,Episode4.0で追加されるインスタンスダンジョンを舞台にしたPvPアトラクション「The Tower of Battle スティールローズEDITION」。来場者が天族のキャラクター24名,魔族のキャラクター24名を操作し,敵対種族の本拠地にある“守護塔”を,30分間の制限時間内に何本破壊できるかを競うルールだ。

 アトラクションが始まると,まずは両勢力が真正面からぶつかり合い,ライン戦が繰り広げられる。しかしアトラクションの勝利条件を意識し,敵対種族の守護塔を狙うキャラクターが次第に目立ちはじめ,スティールローズ号の全域で激しいPvPが展開された。

 ただし,守護塔の前には強力な“神長”が待ち受けているほか,守護塔自体も反撃してくるため,攻略は一筋縄ではいかない。そのため,近くに座っている来場者同士がお互いに声を掛け合う姿も見られた。

The Tower of AION
The Tower of AION The Tower of AION

The Tower of AION
The Tower of AION The Tower of AION
The Tower of AION The Tower of AION

 続いて行われたアトラクションは「The Tower of Mission スニーキングMASTER」。来場者はレベル60のボウウイングを操り,敵対種族のエリアへ潜入し,ダッシュで目的地を目指すという内容だ。ちなみにこのキャラクター,攻撃関連のスキルはすべて使用不可。トラップ系のスキルと,敵から身を隠す“ハイド”だけが使用可能で,つまり,いかに敵をやりすごすか(=スニーキング)がポイントとなる。

 このアトラクションの開催地は,シエルワールドであることがあらかじめ告知されていた。ニコニコ生放送の影響もあり,アトラクションが始まる際は,相当な数の一般プレイヤーが手ぐすねを引いて待ち構えていたようだ。結果,攻撃スキルが使えないボウウイングは,次から次へとハイドを見破られ,バタバタと餌食に……。会場の参加者には少々分が悪かったかもしれない。

The Tower of AION The Tower of AION
The Tower of AION The Tower of AION
The Tower of AION The Tower of AION

 その後は恒例のジャンケン大会が行われ,エヌシージャパン ユーザー感謝祭 2013はつつがなく終了。
 2日間の感謝祭で大規模なイベントが行われた「The Tower of AION」リネージュ2」「リネージュ」は,それぞれ4月末にかけて,大型アップデート順次行われる。既存プレイヤーを中心に大きく盛り上がることは間違いないが,各タイトルには無料プレイ範囲がたっぷりと設けられており,新たに始める人にとっても絶好のタイミングといえよう。興味を持った人は,この機会にプレイしてみてはいかがだろうか。


The Tower of AION
前日に引き続き,イベントのゲストとしてMr.マリックさんが登場。メロディウイングやバレットウイングにちなんだマジックで会場内を盛り上げた
The Tower of AION The Tower of AION


「The Tower of AION」公式サイト


The Tower of AION
  • 関連タイトル:

    The Tower of AION

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2017/04/26)
タワー オブ アイオン スターターキツト
発売日:
価格:
amazonで買う
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月26日〜04月27日
タイトル評価ランキング
87
82
NieR:Automata (PS4)
70
FINAL FANTASY XV (PS4)
2016年10月〜2017年04月