オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「Razer DeathAdder Elite」レビュー。ド定番マウスシリーズの最新作は,ゲーマーの期待に応えてくれるか
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/02/06 00:00

レビュー

ド定番マウスシリーズの最新作は,ゲーマーの期待に応えてくれるか

Razer DeathAdder Elite

Text by BRZRK


Razer DeathAdder Elite
メーカー:Razer
問い合わせ先:MSYサポートセンター 電話:048-934-5003
実勢価格:7500〜8500円程度(※2017年2月6日現在)
Razer
 ドがつくゲーマー向けマウス定番モデルの座に長く君臨する「Razer DeathAdder」(レイザー デスアダー,以下 DeathAdder)。Microsoft製マウスの傑作として知られ,惜しまれつつ廃番となった「IntelliMouse Explorer 3.0」(以下,IE3.0)のクローンとしてデビューしてから,毎年のようにアップデートを重ね,“IE3.0クローンのオリジナル”とでも言うべき立ち位置を確保した製品だ。

 その最新モデルとして2016年末に国内市場でデビューした「Razer DeathAdder Elite」(以下,DeathAdder Elite)は,Razerが「世界最高」と位置づける新型光学センサー「Razer 5G Optical Sensor」の採用が最大の特徴だが,果たしてその実力はどれほどか。BRZRK氏がいつものようにきっちりテストしたので,その結果をお届けしたい。

●DeathAdder Eliteの主なスペック
  • 基本仕様:光学センサー搭載ワイヤードタイプ
  • 搭載センサー:Razer 5G Optical Sensor
  • ボタン:左右メイン,センタークリック機能付きスクロールホイール,左サイド×2
  • 最大トラッキング速度:450 IPS
  • 最大加速度:50G
  • フレームレート:未公開
  • 画像処理能力:未公開
  • トラッキング解像度:100〜16000 DPI(※100 DPI刻み)
  • レポートレート(ポーリングレート):1000Hz
  • データ転送フォーマット:未公開
  • リフトオフディスタンス:未公開
  • 実測本体サイズ:70(W)×127(D)×44(H)mm
  • 実測重量:105g(※ケーブルを含む),71.5g(※ケーブル抜き)
  • マウスソール:未公開
  • ケーブル長:約2.1m
  • 対応OS:Windows 8/7/Vista/XP,Mac OS X 10.7〜10.9


基本的にはDeathAdderそのものだが,ホイールと底面にはアップデートが


 4Gamer読者の大多数には今さらの話だが,DeathAdder EliteはIE3.0クローンとなる右手用のワイヤードマウスだ。実測の本体サイズは公称値どおりの70(W)×127(D)×44(H)mmで,そのサイズは従来のDeathAdderから変わっていない。少なくとも筆者の手元にある「Razer DeathAdder Chroma」(以下,DeathAdder Chroma)や「Razer DeathAdder 2013」(以下,DeathAdder 2013)とは完全に同じ形状,同じサイズだ。

4Gamerの比較用リファレンス「Gaming Mouse G500」と並べたところ。DeathAdder Eliteのほうがわずかに小さい
Razer Razer
Razer

Razer
 では,DeathAdder Eliteで何が新しくなったのかというと,スクロールホイール周辺である。
 DeathAdder 2013とDeathAdder Chromaでは,左右中央部をラバーで巻いて,そこに,一定間隔で横方向の溝を設けるとという,よくあるタイプのスクロールホイールを採用していたが,DeathAdder Eliteでは,中央部のラバーに一定間隔で3連の突起が並ぶという形状に変わっている。Razer Mambaシリーズが採用するのと同じホイールになったと紹介したほうが,ピンとくる人はいるかもしれないが,いずれにしても,DeathAdder Eliteのホイールは,全体の横幅が実測約8mmで,左右からLEDイルミネーションの光が漏れ,中央部に巻いてある同6mmのラバー素材では,回転方向の同3mmごとに,3連の突起が同1.5mm刻みで置いてあるタイプとなっている。
 ちなみに,ホイールは24回刻みで1回転。DeathAdder ChromaやDeathAdder 2013と同じだ。

Razer
 もう1つ,スクロールホイール手前に,標準ではDPI設定変更が割り当てられた2ボタンが追加となったのも,DeathAdder Eliteにおける大きなトピックである。2007年に登場した初代以降,DeathAdderはずっと,上面カバーと一体化した左右メインボタンとセンタークリック機能付きスクロールホイール,左サイド2ボタンという5ボタン構成だったが,そこに手が入ったわけだ。

 DPIを切り換えるためのボタンが追加になったこと,しかも1個ではなく2個追加になったのを,筆者は歓迎している。1ボタンだと,複数のDPI設定を切り換えるとき,順繰りに押していかねばならないが,2ボタンであればそういう手間がかからず,直感的に行えるからだ。
 ゲーム中,邪魔にならない部分に,有用なボタンが追加となったことは,プラスになりこそすれ,マイナスになることはないだろう。

 また,ソールの配置が変わったのも,DeathAdder Eliteにおける重要な変更点の1つと言えるだろう。
 DeathAdder ChromaまでのDeathAdderシリーズは,本体底面の奥側(=左右メインボタン側)に「L」型ソールを2個,手前側(=後方側)に「(」型ソールが1個という配置だったのが,DeathAdder Eliteでは,奥側と手前側にそれぞれ大きなソールが1枚ずつ並び,さらにセンサーの周りを「O」の字型で囲むソールも搭載するというデザインに切り替わった。ケーブルを取り外した状態で比較したマウス本体の実測重量はDeathAdder Elite,DeathAdder Chromaいずれも約105gなのだが,ソールの設置面が増えたことで,滑りやすさは若干増したと言える。

DeathAdder Elite(左)とDeathAdder 2013(右)のソール配置。DeathAdder Chromaのソール配置写真は撮っていないが,DeathAdder 2013と同じなので,今回からデザインが変わったことになる
Razer Razer

Razer
 ものすごく細かい指摘をしておくと,上面カバー部にあるRazerロゴの位置が,DeathAdder ChromaとDeathAdder 2013では左右メインボタンが生むスリットの根本から手前側に向かって実測約10mmのところに配置されていたのが,DeathAdder Eliteでは同19mmと,より手前側に移動したという違いはある。ただ,性能や使い勝手を左右する外観要素という観点で言えば,少なくとも筆者が確認した限り,そのほかの部分はDeathAdder Chromaとまったく同じだ。DeathAdderシリーズらしい,凹みのある左右メインボタンや,本体前後方向に2個並ぶ左サイドボタンの形状や大きさ,六角形状の突起が並んだ左右側面部の滑り止めラバー,本体右側面で薬指や小指を置くスペースの形状は,従来製品の仕様を完全に踏襲している。

指を配置しやすくするための凹みが左右メインボタンには設けられている(左)。右は本体前後方向に2個並んだ左サイドボタン。本体奥側(=左右メインボタン側),手前側とも,長さ21mm,幅9mmで,側面からは約1mm突き出たような格好だ。ボタン自体の形状はフラットに近い
Razer Razer
左側面では,親指を配置することになるエリアに,滑り止めラバーが貼ってある。最近のRazer製マウスでお馴染み,六角形状の突起が並んでおり,これが滑り止め効果をもたらす。効果は良好だ
Razer Razer
右側面は,薬指や小指を配置することになる底面側から扇状に滑り止めラバーが貼ってある。これまた,握ってみると,指先がドンピシャでラバーに触れるため,軽い力で握っても確かなグリップが得られる
Razer Razer

Razer
 なお,DeathAdder Eliteでは,「目に見えないアップデート」として,左右メインボタン用のスイッチが,Razerとオムロン スイッチアンドデバイスの共同開発による「Razer Mechanical Mouse Switch」へ変わったのもトピックとなっている。
 Razer Mechanical Mouse Switchは5000万回の押下に耐えるとのことで,そうなると新型ボタンのクリック感が気になるという人もいるかと思うが,実際のところ,クリック感や押下感はDeathAdder Chromaから変わった印象は受けなかった。スイッチの変更は,あくまでも耐久性向上のためということなのかもしれない。

USB端子は,Razer BladeノートPCと同じ緑色に変わったが,布巻タイプで直径3mmという太さは従来と変わらない。ケーブルは硬くなく,クセが長時間残ったりしない,良好なものだ
Razer Razer


持ち方を選ばないオールラウンダー


Razer
 サイズも含め,基本形状に変化がないことから,「万人向けの握りやすさ」という,DeathAdderの持つ大きな特徴にも変化は生じないと容易に想像できると思うが,一応のお約束として,今回も「つまみ持ち」と「つかみ持ち」「かぶせ持ち」,そして筆者独自の持ち方(ではないかもしれないが,筆者はそう思っている)「BRZRK持ち」の4パターンで握ったときの写真とその評価を,以下のとおり掲載しておきたい。
 結論から先に述べると,DeathAdderらしく,これといった不満は感じない。メインボタンの打点が本体手前側(=後方側)になりやすい「つまみ持ち」の場合は,つまむ位置を意識的に奥側(=メインボタン側)にするよう意識する必要があるが,注意すべき点はそれくらいだ

Razer
つまみ持ちの例。マウスを挟み込むための親指と薬指,小指を,本体両サイドに貼られたラバーの上に置くことで快適に操作できる
Razer
つかみ持ちの例。こちらの持ち方も,ラバー上に指を配置することで,苦もなく握り込めた
Razer
かぶせ持ちの例。小指をラバーの上で伸ばすように配置し,薬指をその上に乗せるように持てば,滑ることもなく握れる
Razer
BRZRK持ちの例。小指と薬指が窮屈に感じるのであれば,少し前側(=奥側)に指を配置するといいだろう


Razer Synapseの使い勝手もこれまでどおり


 DeathAdder Elite自体はWindowsのUSBクラスドライバで動作し,統合ソフトウェア「Razer Synapse」(旧称:Razer Synapse 2.0,以下 Synapse)を導入すれば,センサーやボタン,あるいは「Razer Chroma」(以下,Chroma)ベースとなるLEDイルミネーションの挙動を変更できるようになる。これは,最近のRazer製マウス,というかRazer製ゲーマー向け周辺機器で共通の仕様だ。

 おそらくは,DeathAdder Eliteの購入後,Synapseを導入したPCに接続すると,ファームウェアやソフトウェアのアップデート要求を受けることになるだろう。素直に従ったうえで,Synapseを再起動すると,SynapseはDeathAdder Eliteの「マウス」−「カスタマイズ」を開いた状態で立ち上がるはずだ。

「マウス」−「カスタマイズ」では,左メインボタン以外のボタン割り当てを変更できる。面白いことに,上下スクロールへもコマンド割り当てが可能だ
Razer

 「マウス」以下の「パフォーマンス」タブではセンサー周りの設定,「照明」タブではLEDイルミネーションの設定を行える。

Razer
「パフォーマンス」タブではセンサー周りの設定が可能。ポーリングレートは1000Hzまで対応しているが,初期設定では500Hzになっている
Razer
「照明」タブではマウス本体に内蔵されているLEDのカラーや,明滅する効果ではその速度,あるいは輝度を調整できる
LEDの色を指定したところ。上段左から赤,橙,黄,緑。下段左から水,青,紫,白だ。青が若干薄いと言えば薄いが,全体として色の出方はキレイだ。とくに白は見事である
Razer

 「較正」タブでは,「Razer Taipan」以降のRazer製マウス中上位モデルが採用し,DeathAdderシリーズではDeathAdder 2013以降で対応が始まった「マウスパッドに対してセンサー出力の最適化を行い,読み取り性能やリフトオフディスタンスを改善する機能」の調整を行える。

「較正」タブからは,Razer製マウスパッドなら選択するだけ,それ以外のマウスパッドでは較正作業を行うことで,センサー出力を最適化できる。他社製マウスパッドと組み合わせるときは「その他」を選択したうえで,画面の指示に従ってマウスを動かせばいい。複数のマウスパッドに向けて異なる最適化設定を行って,その内容を保持することも可能だ
Razer Razer

 ……といった感じで,ソフトウェア周りはいい意味でこれまでどおりだ。もともとシンプルな作りのソフトウェアということもあり,初めてRazer製マウスに触れる場合でも(最初はSynapseのユーザー登録が必要,という点を除けば)とくにまごつくことなく設定できるだろう。
 やはり,統合ソフトウェアはシンプルでなければ。


「世界最高」のRazer 5G Optical Sensor,実力やいかに


Razer
 というわけで,本題である。Razerが新しく採用してきた光学センサーの話をせずに,DeathAdder Eliteの話をすることはできないだろう。

 Razer 5G Optical Sensorの最大トラッキング速度は450 IPSで,これはRazerの第4世代光学センサーが持つ同200IPSと比べ,単純計算で2.25倍の操作追従性を持つことを示している。では,実際のところはどうか。さっそく,センサー性能のテストに入りたい。

 テストで使用した環境は以下のとおりだ。

●テスト環境
  • CPU:Core-i7 4770(4C8T,定格クロック3.4GHz,最大クロック3.9GHz,共有L3キャッシュ容量8MB)
  • マザーボード:GIGA-BYTE TECHNOLOGY GA-Z87X-UD4H(Intel Z87 Express)
    ※マウスはI/Oインタフェース部のUSBポートと直結
  • メインメモリ:PC3-12800 DDR3 SDRAM 8GB×2
  • グラフィックスカード:MSI GTX 970 GAMING 4G (GeForce GTX 970,グラフィックスメモリ容量4GB)
  • ストレージ:SSD(東芝「HG6」(THNSNJ256GCSU,Serial ATA 6Gbps,容量128GB)
  • サウンド:オンボード
  • OS:64bit版Windows 10 Pro

●テスト時のマウス設定
  • ファームウェアバージョン:Synapse側に表示なし
  • Razer Synapseバージョン:2.20
  • DPI設定:100〜16000 DPI(※工場出荷時設定は1800 DPIだが,筆者のこれまでのテストに従い,主に800DPIを利用)
  • レポートレート設定:125/250/500/1000Hz(※工場出荷時設定は500Hzだが,筆者のテストでは主に1000Hzを利用してきたので,今回も1000Hz設定を基準とした)
  • Windows側マウス設定「ポインターの速度」:左右中央
  • Windows側マウス設定「ポインターの精度を高める」:無効

 まずは恒例,「MouseTester」を用いたセンサー性能の検証だ。
 ここでは,DeathAdder EliteをARTISAN製マウスパッド「飛燕 MID」と組み合わせ,ポーリングレートを1000Hzで固定してから,400,800,1600,3200 DPIの各DPIでそれぞれSynapse上の較正を行って,テストを行う。

 下に並べたグラフ画像がその結果だ。
 グラフはY軸のプラス方向が左への振り,マイナス方向が右への振り,横軸がms(ミリ秒)単位での時間経過を示している。青い点が実際のセンサーのカウント,青い波線はそれを正規化したもので,波線が滑らかで,かつ,その上に青い点が並んでいるほどセンサー性能が良好ということになるが,確かにグラフ波形はきれいなほうだ。

 折り返しのところでやや乱れ気味なのと,800 DPI以上では横移動時にいずれもわずかな乱れが出ているのは気になるところで,このあたりからは依然として最適化の途上という印象も受け,少なくとも現時点で世界最高とは言い切れないというのが正直なところだ。
 ただ,最適化途上でこれだとすると,ポテンシャルは相当に高いと言っていいようにも思われる。

400 DPI設定時。振り返しのタイミングで若干の乱れはあるものの,比較的安定しているように見える
Razer
800 DPI設定時。基本的には400 DPI設定時と同じだが,横移動時の乱れが1か所で観測された
Razer
1600 DPI設定時。800 DPI設定時と同じような結果になった
Razer
3200 DPI設定時。こちらも400&800 DPI設定時と同じ傾向だ
Razer

 以上を踏まえて体感レベルの話だが,振り返しタイミングにおける波形の乱れは限定的ということもあり,ゲームプレイ時の違和感は,テストした限り皆無だった。横移動時のわずかな波形の乱れが体感に影響している印象もない。
 ただ,「世界最高」を謳うのであれば,もう少し目に見える結果を出してほしかったなあというのも,筆者の率直な感想である。

 続いてはSynapseが「リフトオフレンジ」と呼ぶリフトオフディスタンス計測だ。DeathAdder Eliteを接続した状態でSynapseを起動すると,「較正」タブにリフトオフレンジの設定スライドバーがあり,ここでは1から10まで設定できるのだが,表1は,デフォルト値である「3」で,用意したマウスパッド11製品における結果をまとめたものだ。
 筆者の体感と照らし合わせ,4Gamerでは2mm未満であれば合格としているのだが,ご覧のとおり,設定値3の状態で,DeathAdder Chromaは非常に良好なスコアを示している。どうしてもカスタマイズしたいというのでなければ,このまま使って何の問題もないテスト結果である。


 センサーテストの最後は「直線補正」(=アングルスナップ)有無の検証だ。ここではWindows標準の「ペイント」から線を引いて,補正の有無があるかを確認する。その結果が下の画像で,いわゆる直線補正はないと言っていいだろう。ゲーム中にも違和感はなかったことを付記しておきたい。

ラインを引いているときに,直線補正が有効だと感じやすい違和感はなかった
Razer Razer

 最近はセンサーテストよりも優先して掲載していた,遅延状況のテスト結果も,ここで示しておきたい。
 テスト方法は「G900 Chaos Spectrum Professional Grade Wired/Wireless Gaming Mouse」(以下,G900)のテスト時と同じ。簡単に言えば,「マウスクリックをしてから音楽制作ソフト上のシンセサイザが音を鳴らすまでの遅延」をチェックすることで,簡易的に割り出すというもので,ざっくりした手順は以下のとおりとなる。

  1. テスト対象のマウスを定位置で固定する
  2. マイクスタンドに吊したRazer製マイク「Razer Seirēn」を,マウスの左メインボタンすぐ近くに置く
  3. Windowsから音楽制作ソフト「Fruityloops」を起動。本アプリ上にあるソフトウェアシンセサイザの鍵盤をクリックする
  4. クリック音をRazer Seirēnで集音しつつ,「XSplit Gamecaster」を使って,「Razer Seirēnで集音した音」と「Fruityloops上の鍵盤で鳴った音」をミックスし,映像として録画する
  5. 動画編集ソフト「AviUtl」で,音声をWaveファイルとして切り出す
  6. サウンド編集ソフト「Audacity」でWaveファイルを開き,クリック音とシンセサイザの音が出るまでの時間を計測する
  7. テストを連続30回行ったうえで,ブレ対策のため最初の5回をカット。6回めから30回めの平均を取ってスコアとする

 今回のテストにあたって,比較対象としてはDeathAdder Chromaのほか,競合の「G403 Prodigy Wireless Gaming Mouse」「G403 Prodigy Gaming Mouse」(以下順に G403WL,G403)を用意した。G403WLはワイヤレスおよびワイヤード両対応なので,両方でテストを行う。

 その結果が表2で,ことマウスクリックの遅延に関して言えば,DeathAdder Eliteは,置き換え対象となるDeathAdder Chromaと同等のスコアを示している。
 しかし,こうして並べてみると,競合製品であるG403系のすごさが際立ちますな……。



分解してRazer 5G Optical SensorとRazer Mechanical Mouse Switchの正体に迫る


 最後はDeathAdder Eliteを分解し,内部構造,そしてRazer 5G Optical SensorとRazer Mechanical Mouse Switchの正体に迫ってみよう。
 従来のDeathAdderと同様,DeathAdder Eliteは,底面側に隠されているネジを外すと,簡単に分解できる。

上面カバーを取り外したところ。撮影の都合上,メイン基板と上面カバー側基板をつなぐケーブルの一部を取り外している
Razer
スイッチを押すディップ近影。スイッチとの接触面に薄いプラ板のようなものが貼り付けられていた。このプラ板はDeathAdderシリーズで初搭載だ
Razer Razer

 下は筐体からメイン基板を取り外したところだ。センサーユニットには「PMW3389DM-T30U」という刻印があるので,PixArt Imagingのカスタムセンサーを採用していると断言していい。これが450 IPSを実現する光学センサーというわけである。
 その傍らにあるマイクロコントローラには「LPC11U35F」とあるので,「Cortex-M0」ベースで,フラッシュメモリも統合したNXP Semiconductors製品ということになる。要するに「32bit ARMマイコン」ということだ。

メイン基板。スクロールホイール用のスイッチは型番不詳だった
Razer

メイン基板を斜めから撮影したカット。(筆者が撮影したので,ボケていて申し訳ないが)左右メインボタン用スイッチの型番を確認可能だ
Razer
 そして気になるメインボタン用マイクロスイッチだが,ボタンで押し込まれる部分の突起が緑というのがさすがRazerといったところだ。
 筐体側側面から読み取れる型番は「D2FC-F-5(50M)RZ」。こちらはいかにもオムロン スイッチアンドデバイス製といった型番だが,「50M」というところから,スペックでもある5000万回の押下耐性,「RZ」からはRazer向けカスタムモデルであることを容易に想像できる。

こちらは上面カバーに取り付けられていたサブ基板を撮影したカットだ。ご覧のとおり,かなり小振りなサブ基板には,スクロールホイール手前側2個と,左サイド2個のボタン用マイクロスイッチが搭載されている。残念ながら,これらも型番は分からない
Razer Razer

※注意
 マウスの分解はメーカー保証外の行為です。分解した時点でメーカー保証は受けられなくなりますので,本稿の記載内容を試してみる場合には,あくまで読者自身の責任で行ってください。分解によって何か問題が発生したとしても,メーカー各社や販売代理店,販売店はもちろん,筆者,4Gamer編集部も一切の責任を負いません。また,今回の分解結果は筆者が入手した個体についてのものであり,「すべての個体で共通であり,今後も変更はない」と保証するものではありません。


さすがの完成度を持つ新世代DeathAdder。右利きの人に広く勧められる


製品ボックス
Razer
 以上,DeathAdderの最新モデルをチェックしてきた。定評ある本体形状をそのままに,使い勝手や性能の改善を重ねてきたRazer主力製品の最新世代モデルだけに,完成度はとても高い。古い世代のDeathAdderを使っている人のアップグレードパスとしてはもちろんのこと,万人向けの形状は,初めてのゲーマー向けマウスとしてもアリだろう。

 ただし,そういう事情なので,ぱっと見の新しさは,スクロールホイール手前のボタンくらいしかない。センサー性能はよいが,分かりづらいところで,またメインボタンスイッチに至っては,Logitech G/Logicool G製マウスの一部が採用するような「ボタンを押せばすぐ分かる,従来製品との違い」もないので,ゲーマー向けマウスについて自分で情報を調べるようなタイプの人でもないと,DeathAdder Eliteのよさが分かりづらいというのはあると思う。

Razer
 気になる実勢価格は7500〜8500円程度(※2017年2月6日現在)と,円安が進んでいる割には,相応に手を出しやすいレベル。G403系という強力なライバルは登場したものの,依然としてDeathAdderはこの価格帯における本命の1つであると言えるだけのものを,DeathAdder Eliteは持っている。

DeathAdder EliteをAmazon.co.jpで購入する(Amazonアソシエイト)

DeathAdder Eliteをパソコンショップ アークで購入する


RazerのDeathAdder Elite製品情報ページ

  • 関連タイトル:

    Razer

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月25日〜09月26日