オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
Razer,ゲーマー向けキーボード用のメカニカルキースイッチを独自開発。緑軸とオレンジ軸の2モデル
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2014/03/07 14:08

ニュース

Razer,ゲーマー向けキーボード用のメカニカルキースイッチを独自開発。緑軸とオレンジ軸の2モデル

 北米時間2014年3月6日,Razerは,ゲーマー向けキーボード用に最適化されたという,独自開発のメカニカルキースイッチ「Razer Mechanical Switch」を発表した。「Razer Green switch」(以下,Greenスイッチ)と,「Razer Orange switch」(以下,Orangeスイッチ)の2種類がラインナップされている。

Razer Razer
Greenスイッチ(左)とOrangeスイッチ(右)のイメージ画像

Razerが公開したムービーより。左のGreenスイッチは1.9mm押し込んだところで反応するが,右の青軸は2.2mmまで反応しないという
Razer
 Greenスイッチはカチッとした感触を持つスイッチとされており,押下圧は約50g,キーストロークは約1.9mm,指を離したことをキースイッチが認識するまでの距離(以下,リセット距離)は約0.4mmというスペックになっている。Razerは,Greenスイッチの比較対象として,製品名を挙げずに「Cherry MX Blue」のスペックを記載しているが,そちらは押下圧が約50g,キーストロークが約2.2mm,リセット距離が約0.7mm。この違いをもってRazerはGreenスイッチの高速性を謳っている。

Razerが公開した,Greenスイッチと「Standard Mechanical Switch」の比較
Razer

 一方のOrangeスイッチは,静音性を重視したスイッチとされており,押下圧は約45g,キーストロークは約1.9mm,リセット距離は約0.05mmとなっている。比較対象と思われる「Cherry MX Brown」だと順に約45g,約2.0mm,約0.1mmなので,Razerとしては,「“Cherry茶軸”より素速く操作できる」と謳いたいのだろう。

Razerが公開した,Orangeスイッチと「Standard Mechanical Switch」の比較
Razer

 なお,GreenスイッチとOrangeスイッチはいずれも6000万回の打鍵に堪えるとのこと。スペック上はCherry MX Blueが2000万回,Cherry MX Brownが5000万回なので,この点でもRazer独自スイッチのほうが上回るわけだ。

Razer
 Razerのプレスリリースや,YouTubeに投稿された動画によると,既存のメカニカルキースイッチは一般的なタイピングのために設計されたもので,ゲーマーの要望に応えたものではなかったという。そこで同社では,ゲーマー向けキーボード用のメカニカルキースイッチを一から開発し,その結果誕生したのが,Razer Mechanical Switchとのことだ。
 開発に当たっては,打鍵に対する反応の速さと精度,そして耐久性に重点が置かれたということで,少なくともスペックを見る限りでは,その狙いを達成できているように見える。


独自開発のメカニカルキースイッチを採用する製品の1つ「Razer BlackWidow Ultimate」
Razer
 なお,新型キースイッチは,Razer BlackWidowシリーズの新モデルに搭載される予定。Greenスイッチを採用する製品としては,「Razer BlackWidow Ultimate」「Razer BlackWidow」「Razer BlackWidow Tournament Edition」の3製品がラインナップされている。
 一方,Orangeスイッチ採用の製品は,「Razer BlackWidow Ultimate Stealth」「Razer BlackWidow Stealth」「Razer BlackWidow Tournament Stealth Edition」の3製品が登場する予定だ。

 各製品の価格と発売時期は以下のとおり。Greenスイッチ搭載製品は北米市場だと3月14日発売になっているので,こちらが先に出回るようだ。日本市場への投入予定は今のところ明らかになっていないものの,既存のBlackWidowシリーズが国内販売されていること,Razer BlackWidow UltimateとRazer BlackWidowは日本語配列版も販売されていることを考えれば,新製品の国内販売も期待できよう。
 実際の打鍵感については,製品を試用してみない限り評価しがたいが,ゲーマーとしては注目すべき製品となりそうだ。

Greenスイッチ採用製品
製品名 価格 発売時期
Razer BlackWidow Ultimate 139.99ドル 3月14日
(プレオーダー受付中)
Razer BlackWidow 99.99ドル 3月14日
(プレオーダー受付中)
Razer BlackWidow Tournament Edition 79.99ドル 2014年4月

Orangeスイッチ採用製品
製品名 価格 発売時期
Razer BlackWidow Ultimate Stealth 139.99ドル 3月28日
(プレオーダー受付中)
Razer BlackWidow Stealth 99.99ドル 2014年4月
Razer BlackWidow Tournament Stealth Edition 79.99ドル 2014年4月

Razerの当該プレスリリース(英語)

Razer Mechanical Switchの情報(英語)

  • 関連タイトル:

    Razer

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月22日〜11月23日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
76
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年05月〜2017年11月