オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「Radeon Software Adrenalin Edition 18.1.1」リリース。「古いDX9タイトルが動作しない」問題へ正式に対策が入る
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/01/19 14:49

ニュース

「Radeon Software Adrenalin Edition 18.1.1」リリース。「古いDX9タイトルが動作しない」問題へ正式に対策が入る

 北米時間2018年1月18日,AMDが,公式最新グラフィックスドライバ「Radeon Software Adrenalin Edition 18.1.1」(以下,Adrenalin 18.1.1)を公開した。同じ「18.1.1」を冠するドライバとしては,1月4日付けで「古いDirectX 9タイトルが動かなくなる」という問題に対策したα版がリリース済みだが,それが正式なOptional版(=非WHQL版)へ昇格したという理解でいいだろう。

 入手したい人は,下に示したリンクを使ってもらえれば幸いだ。

64bit版Windows 10用Adrenalin 18.1.1
32bit版Windows 10用Adrenalin 18.1.1(※Radeon RX・Pro Duo・R9 Fury・R9 300・R7 300シリーズは非対応)
64bit版Windows 7用Adrenalin 18.1.1
32bit版Windows 7用Adrenalin 18.1.1(※Radeon RX・Pro Duo・R9 Fury・R9 300・R7 300シリーズは非対応)

ノートPC向けの64bit版Windows 10用Adrenalin 18.1.1
ノートPC向けの32bit版Windows 10用Adrenalin 18.1.1(※Radeon R9 M300・R7 M300・R5 M300シリーズは非対応)
ノートPC向けの64bit版Windows 7用Adrenalin 18.1.1
ノートPC向けの32bit版Windows 7用Adrenalin 18.1.1(※Radeon R9 M300・R7 M300・R5 M300シリーズは非対応)

4Gamerの最新ドライバリンクページ

 「Display Driver Package」のバージョンは「17.50.15.01-180112a1-322990E-RadeonSoftwareAdrenalin」で,これはα版の「17.50.07.02-180104a-322612E-RadeonSoftwareAdrenalin」と比べると,「17.50」に続く数字が大きく上がっている。18.1.1というバージョンが同じため,冒頭では「昇格」と述べたが,実際には別モノと言っていいのではなかろうか。

 DirectX 9タイトルに向けた修正が正式に入っている時点で,対応GPUのユーザーは導入が吉だが,英文リリースノートを見る限り,「Radeon Software Adrenalin Edition 17.12.2」と同様,今回もAdrenalin Edition導入後に発覚した問題への対策を図ったものといった印象なので,その点でも価値は大きいと言えそうだ。
 ただし,ドライバの導入作業は自己責任となるので,その点はだけはあらかじめお断りしておきたい。


#### 以下,英文リリースノートまとめ ####

●Adrenalin 18.1.1の対応GPU
  • Radeon RX Vegaシリーズ
  • Radeon RX 500・400シリーズ
  • Radeon Pro Duo
  • Radeon R9 Furyシリーズ
  • Radeon R9 300・200シリーズ
  • Radeon R7 300・200シリーズ
  • Radeon R5 300・200シリーズ
  • Radeon HD 8500以上のRadeon HD 8000シリーズ
  • Radeon HD 7700以上のRadeon HD 7000シリーズ
  • Radeon R9 M300・M200シリーズ
  • Radeon R7 M300・M200シリーズ
  • Radeon R5 M300・M200シリーズ
  • Radeon HD 8500M以上のRadeon HD 8000Mシリーズ
  • Radeon HD 7700M以上のRadeon HD 7000Mシリーズ


●Adrenalin 18.1.1の対応APU
  • リリースノートに記載なし


●Adrenalin 18.1.1が統合するコンポーネント
(※比較対象はRadeon Software Adrenalin Edition 18.1.1 Alpha)
  • Display Driver Package:17.50.07.02-180104a-322612E-RadeonSoftwareAdrenalin(←17.50.07.02-180104a-322612E-RadeonSoftwareAdrenalin)
  • Radeon Settings:2018.0104.518.9521(←2018.0104.518.9521)
  • 2D Driver:8.1.1.1634
  • Direct3D:9.14.10.01316
  • OpenGL:6.14.10.13506
  • OpenCL:23.20.15007.2002
  • Mantle:9.1.10.0237
  • Mantle API:102400
  • Audio Driver:10.0.1.6
  • Vulkan Driver:2.0.1
  • Vulkan API:1.0.65


●Adrenalin 18.1.1における最適化
(※比較対象はRadeon Software Adrenalin Edition 17.12.1)
  • リリースノートに記載なし


●Adrenalin 18.1.1における新要素
  • リリースノートに記載なし


●Adrenalin 18.1.1で解決した問題
  • 少ない数のDirectX 9世代ゲームタイトルが起動時にクラッシュしたり,動作不安定になったりすることのある問題
  • FreeSyncが有効な環境で,Radeon Overlayの「Performance」(パフォーマンス監視)メトリックを有効化すると,スタッター(stutter,カクつき)が発生することのある問題
  • 著作権保護付きビデオの再生を行うと,再生中に(プレーヤーが)フリーズしたりハングしたりすることのある問題(※丸括弧内は筆者推測。おそらくこういうことだと思われる。原文は「Protected video content may intermittently experience a freeze or hang during playback.」)
  • ストアアプリ「映画&テレビ」を用いてビデオの再生を行うと,画面に何も表示されなくなることのある問題
  • マルチGPU構成時に,「StarCraft II: Wings of Liberty」で画面表示がおかしくなることのある問題
  • ベゼルコンペンセーション(Bezel compensation,ベゼルコレクションとも言う)の設定を行うとき,複数のディスプレイを正常に並べられなかったり,そもそも設定が正常に機能しなかったりする問題
  • システムがスリープから復帰した後でWebブラウザ「Edge」からビデオの再生を行うと,何も表示されないことのある問題
  • 複数のゲームが起動している状態でRadeon Overlayの「Performance」(パフォーマンス監視)メトリックを有効化すると,Radeon Overlayの色が断続的におかしくなることのある問題
  • Radeon WattManで,プロファイルの読み出しを行うと,ファン回転数指定用スライダーの位置が変わらないことのある問題
  • Vulkan APIを採用するタイトルで,Enhanced Syncが有効にならないことのある問題
  • マルチGPU構成が有効な環境で「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」を実行すると,メニュー上の表示がちらつくことのある問題
  • マルチGPU環境下で(Radeonのプロセッサ情報を得られる)CLINFOコマンドが正しくない結果を返すことのある問題
  • 関連タイトル:

    Radeon Software

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月20日〜05月21日