オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.2.1」がWHQL版に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/02/23 11:53

ニュース

「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.2.1」がWHQL版に

 北米時間2017年2月22日,AMDは,公式最新版グラフィックスドライバ「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.2.1」(以下,Crimson ReLive 17.2.1)のWHQL(WHQL:Windows Hardware Quality Labs,ウィクル)通過を発表した。

 「Display Driver Package」のバージョンは「16.60.2011-170210a-311199C-ATI」で,「Optional」(随意選択版)の「16.60.2011-170210a-311139E」と大きな違いはもちろんなし。当たり前だが,統合する各種コンポーネントにも違いはないので,純然たるWHQL通過版という理解でいい。

 というわけで,「WHQL版以外は導入しない」というポリシーの人にとっては,重要なアップデートということになるだろう。入手にあたっては下に示したリンクを利用してもらえればと思う。
 ただし,ドライバのアップデート作業は自己責任となるので,その点だけはご注意を。

64bit版Windows 10用Crimson ReLive 17.2.1
32bit版Windows 10用Crimson ReLive 17.2.1(※Radeon RX・Pro Duo・R9 Fury・R9 300・R7 300シリーズは非対応)
64bit版Windows 8.1用Crimson ReLive 17.2.1
32bit版Windows 8.1用Crimson ReLive 17.2.1(※Radeon RX・Pro Duo・R9 Fury・R9 300・R7 300シリーズは非対応)
64bit版Windows 7用Crimson ReLive 17.2.1
32bit版Windows 7用Crimson ReLive 17.2.1(※Radeon RX・Pro Duo・R9 Fury・R9 300・R7 300シリーズは非対応)

ノートPC向けの64bit版Windows 10用Crimson ReLive 17.2.1
ノートPC向けの32bit版Windows 10用Crimson ReLive 17.2.1(※Radeon R9 M300・R7 M300・R5 M300シリーズは非対応)
ノートPC向けの64bit版Windows 8.1用Crimson ReLive 17.2.1
ノートPC向けの32bit版Windows 8.1用Crimson ReLive 17.2.1(※Radeon R9 M300・R7 M300・R5 M300シリーズは非対応)
ノートPC向けの64bit版Windows 7用Crimson ReLive 17.2.1
ノートPC向けの32bit版Windows 7用Crimson ReLive 17.2.1(※Radeon R9 M300・R7 M300・R5 M300シリーズは非対応)

4Gamerの最新ドライバリンクページ


#### 以下,英文リリースノートまとめ ####

●Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.2.1の対応GPU
  • Radeon RX 400シリーズ
  • Radeon Pro Duo
  • Radeon R9 Furyシリーズ
  • Radeon R9 300・200シリーズ
  • Radeon R7 300・200シリーズ
  • Radeon HD 8500以上のRadeon HD 8000シリーズ
  • Radeon HD 7700以上のRadeon HD 7000シリーズ
  • Radeon R9 M300・M200シリーズ
  • Radeon R7 M300・M200シリーズ
  • Radeon R5 M300・M200シリーズ
  • Radeon HD 8500M以上のRadeon HD 8000Mシリーズ
  • Radeon HD 7700M以上のRadeon HD 7000Mシリーズ
  • AMD FX APU with Radeon R7 Graphics
  • AMD A-Series APU with Radeon R8・R7・R6・R5・R4・R3 Graphics
  • Athlon/Sempron APU with Radeon R3 Graphics
  • AMD E-Series APU with Radeon R2 Graphics
(※Carrizoベースの「FX-8800P」「PRO A12-8800B」「PRO A10-8700B」「PRO A8-8600B」「PRO A6-8500B」「A10-8700P」「A8-8600P」「A6-8500P」は非対応。AMDはこれらのユーザーに対し,「Radeon Software Crimson Edition 15.12」を使うよう推奨している)


●Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.2.1が統合するコンポーネント
(※比較対象はRadeon Software Crimson ReLive Edition 17.1.2 Optional)
  • Display Driver Package:16.60.2011-170210a-311199C-ATI(←16.50.2711-170125a-310869C)
  • Radeon Settings:2017.0210.908.16431
  • 2D Driver:8.1.1.1591
  • Direct3D:9.14.10.01249
  • OpenGL:6.14.10.13469
  • OpenCL:21.19.519.2
  • Mantle:9.1.10.0179
  • Mantle API:102400
  • Audio Driver:10.0.1.1
  • Vulkan Driver:1.4.1
  • Vulkan API:1.0.37


●Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.2.1における最適化
(※比較対象はRadeon Software Crimson ReLive Edition 17.1.2)
  • 「For Honor」への最適化。Radeon RX 480シリーズ搭載環境で検証したところ,最大4%
  • 「Sniper Elite 4」への最適化。Radeon RX 480シリーズ搭載環境で検証したところ,最大5%


●Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.2.1における新要素
・GPUプロファイルの更新
  • 「For Honor」「Sniper Elite 4」のいずれもDirectX 11モードに向けたマルチGPUプロファイル追加


●Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.2.1で解決した問題
  • マルチGPU構成時に「For Honor」を実行し,ゲーム中にフルスクリーンへの切り換え,もしくはメニューの表示を行うと,ゲームアプリケーションがクラッシュすることのある問題
  • 「Graphics Core Next」アーキテクチャ採用のRadeonを搭載する環境でH.264形式のビデオを再生するとき,早送りもしくはシークを行うと,画面表示がおかしくなることのある問題
  • フルスクリーン表示するアプリケーションを実行したとき,対応ディスプレイを利用していてもFreeSyncが有効にならないことのある問題
  • Radeon Chillを有効化していると,「Counter-Strike: Global Offensive」の実行時に,(Radeon Chillの)デフォルト値がおかしくなる問題(※丸括弧内は筆者推測。おそらくこういうことだと思われる。原文は「Counter-Strike: Global Offensive has incorrect default slider values with Radeon Chill enabled. Users can modify these values to suit the experience they want.」なので,17.1.2ドライバを導入済みの環境でも手動で変更することはできるようだ)
  • Radeon ReLiveでキャプチャしたビデオに対してシステム情報をオーバーレイ表示させると,そこにGPU情報が出てこないことのある問題
  • 「DayZ」でRadeon ReLiveのInstant ReplayもしくはRecordingが有効だとゲームアプリケーションがクラッシュする,もしくはそもそもRadeon ReLiveが動作しないことのある問題
  • Radeon R9 380シリーズ搭載環境でメモリクロックが低負荷ステート時のそれに固定されてしまうことのある問題
  • 「Windows Media Player」もしくは「PowerDVD」を実行しつつ,Radeon ReLiveのRecordingをフルスクリーンで行うと,画面がちらつくことのある問題(ということだと思われる。原文は「Radeon ReLive recording in fullscreen with Windows Media Player or Power DVD may experience flickering.」)
  • Radeon HD 7900シリーズ搭載環境で「Sid Meier's Civilization VI」を実行し,ゲーム側で影の設定を無効化すると,影の表示がおかしくなることのある問題
  • 「GRID Autosport」を実行し,ゲーム側のグラフィックス設定から「advanced lighting」を有効化すると,ゲームアプリケーションがハングすることのある問題
  • 関連タイトル:

    Radeon Software

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:03月27日〜03月28日