オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「Radeon Software Crimson Edition 16.6.1 Hotfix」,「Mirror’s Edge Catalyst」&「Paragon」のDay 0ドライバとして登場
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2016/06/07 11:11

ニュース

「Radeon Software Crimson Edition 16.6.1 Hotfix」,「Mirror’s Edge Catalyst」&「Paragon」のDay 0ドライバとして登場

 北米時間2016年6月6日,AMDから,公式最新Hotfix版グラフィックスドライバ「Radeon Software Crimson Edition 16.6.1 Hotfix」が公開となった。

 今回のHotfixリリースは,日本を含む全世界で6月9日リリースとなる「Mirror's Edge Catalyst」(邦題 ミラーズエッジ カタリスト)と,7日に発売予定の「Paragon」に向けた最適化版ドライバという位置づけだ。また,「DARK SOULS III」用のCrossFireプロファイルが追加になったというのも,マルチGPU派にとっては重要な情報だろう。

 すぐに入手したい人は,下に示したリンクを利用してほしい。

64bit版Windows 10用Crimson 16.6.1 Hotfix
32bit版Windows 10用Crimson 16.6.1 Hotfix(※Radeon Pro Duo・R9 Fury・R9 300・R7 300シリーズは非対応)
64bit版Windows 8.1用Crimson 16.6.1 Hotfix
32bit版Windows 8.1用Crimson 16.6.1 Hotfix(※Radeon Pro Duo・R9 Fury・R9 300・R7 300シリーズは非対応)
64bit版Windows 7用Crimson 16.6.1 Hotfix
32bit版Windows 7用Crimson 16.6.1 Hotfix(※Radeon Pro Duo・R9 Fury・R9 300・R7 300シリーズは非対応)

ノートPC向けの64bit版Windows 10用Crimson 16.6.1
ノートPC向けの32bit版Windows 10用Crimson 16.6.1 Hotfix(※Radeon Pro Duo・R9 M300・R7 M300・R5 M300シリーズは非対応)
ノートPC向けの64bit版Windows 8.1用Crimson 16.6.1 Hotfix
ノートPC向けの32bit版Windows 8.1用Crimson 16.6.1 Hotfix(※Radeon Pro Duo・R9 M300・R7 M300・R5 M300シリーズは非対応)
ノートPC向けの64bit版Windows 7用Crimson 16.5 2.1 Hotfix
ノートPC向けの32bit版Windows 7用Crimson 16.6.1 Hotfix(※Radeon Pro Duo・R9 M300・R7 M300・R5 M300シリーズは非対応)

4Gamerの最新ドライバリンクページ

 Display Driverのバージョンは「16.20.1025-160602a-303160E」で,「Radeon Software Crimson Edition 16.5.3 Hotfixの「16.20.1013-160520a-302818E」からは若干の引き上げ。実際,最適化を除くと,バグ修正の規模自体は小粒だったりもする。
 ただ,いま「小粒」としたリストアップ項目を見てみると,Webブラウザからビデオ再生すると画面がちらつく,「Origin」もしくは「Uplay」上で配信されているタイトルに対してCrossFireが有効にならないなどといった,対象となる人が多そうな問題が並んでおり,全体としての重要性は高い印象を受けた。
 「公式最新版以外は導入しない」というポリシーでもなければ,Mirror's Edge CatalystおよびParagonの発売を待っていたという人以外でも,自己責任で導入する意味がありそうだ。


#### 以下,英文リリースノートまとめ ####

●Radeon Software Crimson Edition 16.6.1 Hotfixの対応GPU
  • Radeon Pro Duo
  • Radeon R9 Furyシリーズ
  • Radeon R9 300・200シリーズ
  • Radeon R7 300・200シリーズ
  • Radeon HD 8500以上のRadeon HD 8000シリーズ
  • Radeon HD 7700以上のRadeon HD 7000シリーズ
  • Radeon R9 M300・M200シリーズ
  • Radeon R7 M300・M200シリーズ
  • Radeon R5 M300・M200シリーズ
  • Radeon HD 8500M以上のRadeon HD 8000Mシリーズ
  • Radeon HD 7700M以上のRadeon HD 7000Mシリーズ
  • AMD FX APU with Radeon R7 Graphics
  • AMD A-Series APU with Radeon R8・R7・R6・R5・R4・R3 Graphics
  • Athlon/Sempron APU with Radeon R3 Graphics
  • AMD E-Series APU with Radeon R2 Graphics
(※Carrizoベースの「FX-8800P」「PRO A12-8800B」「PRO A10-8700B」「PRO A8-8600B」「PRO A6-8500B」「A10-8700P」「A8-8600P」「A6-8500P」は非対応。AMDはこれらのユーザーに対し,「Radeon Software Crimson Edition 15.12」を使うよう推奨している)


●Radeon Software Crimson Edition 16.6.1 Hotfixが統合するコンポーネント
(※比較対象はRadeon Software Crimson Edition 16.5.3.1 Hotfix)
  • Display Driver:16.20.1025-160602a-303160E(←16.20.1013-160520a-3028)
  • Radeon Settings:2016.0602.1651.28487(←2016.0520.1721.29404)
  • 2D Driver:8.1.1.1558
  • Direct3D:9.14.10.1197
  • OpenGL:6.14.10.13440
  • OpenCL:2.0.6.0
  • Mantle: 9.1.10.123(※Mantle API:98309)
  • Audio Driver:7.12.0.7723
  • Vulkan:1.0.11.0


●Radeon Software Crimson Edition 16.6.1 Hotfixにおける最適化
(※比較対象はRadeon Software Crimson Edition 16.5.3 Hotfix)
  • 「Mirror's Edge Catalyst」」「Paragon」用アプリケーションプロファイルの追加


●Radeon Software Crimson Edition 16.6.1 Hotfixにおける新要素
CrossFireの拡張
  • 「DARK SOULS III」用CrossFireプロファイルの追加


●Radeon Software Crimson Edition 16.6.1 Hotfixで解決した問題
  • Webブラウザ上でビデオを再生すると,画面がちらついたり表示がおかしくなったりすることのある問題
  • 「DiRT Rally」における雨もしくは夜のステージにおいて,GPUから低い性能しか得られないことのある問題
  • ディスプレイ出力方式としてインタレースを選択していると,Radeon Settings上にHDMIの拡大縮小設定に関する選択肢が出てこないことのある問題
  • 「Origin」もしくは「Uplay」で配信されるゲームタイトルに対してRadeon Settings上からCrossFire関連の設定を行っても,有効にならないことのある問題
  • CrossFireを有効化すると,「Fallout 4」において一部のテクスチャがちらつくことのある問題
  • Oculus VR製ヘッドマウントディスプレイ「Rift」とほかのディスプレイがそれぞれ異なる解像度で(グラフィックスカードと)接続されている場合,Rift側で画面がちらつくことのある問題
  • Windows Updateを行い,そのうえで最新版のRadeon Software Crimson Editionを導入すると,Radeon Settingsの「Radeon追加設定」(Additional Settings)が開かないことのある問題(※Windows Update,そして最新版のRadeon Software Crimson Editionというのがそれぞれ何を指すかは明らかになっていない。原文は「Radeon Settings additional settings page may fail to open after performing a Windows Update and then installing the latest Radeon Software Crimson Edition.)
  • 関連タイトル:

    Radeon Software

  • 関連タイトル:

    ミラーズエッジ カタリスト

  • 関連タイトル:

    Paragon

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月18日〜10月19日