オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2012/09/27 16:25

ニュース

AMD,「Enduro」対応の「Catalyst 12.9 Beta」を公開。ゲーム関連のバグ潰しも進む

 北米時間2012年9月26日,AMDは,同社製GPUとAPUに対応するグラフィックスドライバの公式最新β版「Catalyst 12.9 Beta」を公開した。
 対応製品は下にまとめたとおりで,対応OSはWindows XP〜8だ。

●Catalyst 12.9 Betaの対応製品
  • デスクトップPC向けRadeon HD 7900・7800・7700シリーズ
  • デスクトップPC向けRadeon HD 6000シリーズ(※Radeon HD 6450は除く)
  • デスクトップPC向けATI Radeon HD 5000シリーズ
  • ノートPC向けRadeon HD 7000M&6000Mシリーズ
  • ノートPC向けATI Mobility Radeon HD 5000シリーズ
  • APU A・E&Cシリーズ

 すぐに入手したい人は,下に示したリンクを利用してほしい。

Catalyst 12.9 Beta
※リンク先にはWindows 8・7・Vistaに対応したパッケージと,Windows XPに対応したパッケージが用意されています。また,Windows 8・7・Vista環境では.NET Framework 4.0が必須とされているので,まだ導入していない人は「with .NET 4.0」と書かれたパッケージをダウンロードするのがお勧めです。

 Display Driverのバージョンは9.001(1209201304-9.001-120913a-146933E-ATI.2)で,長らく続いた「8」世代から「9」世代入りを果たしたことになるが,そんなCatalyst 12.9 Betaにおける最大のポイントは,ノートPC向けのスイッチャブルグラフィックス(+α)技術「AMD Enduro Technology」(以下,Enduro)のアップデートにより,Catalystからスイッチャブルグラフィックス設定が可能になったことだ。

 Enduroについては9月13日の記事が詳しいので,ぜひそちらをチェックしてもらえればと思うが,Radeon搭載ノートPCを持っている人が,PCメーカーによる「スイッチャブルグラフィックス対応ドライバ」のリリースを待つことなく,AMDの最新リファレンスドライバを利用できるようになるというのは,ゲームをプレイする前提だとメリットが大きい。Radeonを搭載するゲーマー向けノートPCというのは日本市場だとあまり見かけないが,これを機に増えてくるのを期待したいところである。

 なお,今回も例によって英文リリースノートの和訳を試みて本稿の最後にまとめてあるが,Enduroへの対応以外にも,Windows 7環境におけるゲーム関連のバグ修正が目立つ点は注目しておきたい。
 AMDはβ版ドライバを「現状渡しの無保証版」と位置づけているので,あくまでも導入は自己責任でお願いしたいが,ノートPCユーザーはもちろん,デスクトップPCユーザーも,導入を検討する価値はあるように思われる。

 ところでAMDは,Catalyst 12.9とは別に,ATI Radeon HD 4000〜2000シリーズのユーザーに向けた,WDDM 1.1ベースのWindows 8用ドライバ「Catalyst 12.6 Legacy Driver for Windows 8」も北米時間25日付けで公開している。旧世代のGPUでWindows 8を利用したい人は,下に示したリンクから入手してみるといいかもしれない。

Catalyst 12.6 Legacy Driver for Windows 8

 ただし,ドライバ名に「β版」という表記はないものの,「現状渡し」とはされているので,自己責任で導入しようという人はその点ご注意のほどを。


●ノートPC向けCatalyst 12.9 Betaの新要素
・AMD Enduro Technologyのアップデート
  • Catalyst Control CenterからEnduroのスイッチャブルグラフィックス設定が可能に(※AMD Enduro TechnologyはノートPCでのみ利用可能。詳細は9月13日掲載の記事を参照してほしい)

・Catalyst Control Centerのユーザーインタフェース刷新
  • スイッチャブルグラフィックス設定やプロファイル設定を,Enduroのアップデートに合わせて最適化。「バッテリー駆動時はCPU統合型グラフィックス機能,ACアダプター駆動時は単体GPUをそれぞれ使う」といった設定が行えるようになった


●Catalyst 12.9 Betaにおける性能向上
  • シングルGPU構成時に「ロスト プラネット2」で最大10%


●Catalyst 12.9 Betaで解決した問題(Windows 7)
  • Radeon HD 7000シリーズ搭載環境で「Krater」を実行するとアプリケーションがクラッシュする問題
  • CrossFireXを有効化していると「DiRT Showdown」の「8-Ball」モードでクラッシュする問題
  • 「The Amazing Spider-Man」のプレイ中,特定の場面でゲームの動きがぎこちなくなる問題
  • 「Deus Ex: Human Revolution」でオープニングにおけるゲームの動きがぎこちなくなる問題
  • 「F1 2011」を低いグラフィックス設定でプレイすると,クルマのテクスチャがちらついて見える問題
  • 「DiRT Showdown」をDirectX 11モードで起動すると,ベンチマークモード実行時に画面がちらつく問題
  • 3x1 Eyefinity環境において,「Alan Wake」をDirectX 9モードで実行するとフリーズする問題
  • 3x1 Eyefinity環境において,「Portal 2」をDirectX 9モードで実行するとフリーズする問題
  • システムを再起動すると,Catalyst Control Centerから設定したオーバースキャン設定が保持されない問題
  • 3/4-way CrossFireX構成のEyefinity環境において,特定のDirectX 10およびDirectX 11タイトルで期待どおりの性能が出ない問題
  • CrossFireX構成時にMozilla Firefoxで画面表示が乱れる問題
  • AMD OverDriveを有効化すると,すべての電源ステートでオーバークロックが有効になる問題
  • Windows 7&Vista環境でAMD Video Converterが利用できない問題


●Catalyst 12.9 Betaで解決した問題(Windows 8)
  • リリースノートに記載なし


●Catalyst 12.9 Betaで解決した問題(Windows Vista)
  • Cyberlink製アプリケーション「PowerDVD 12」でBlu-ray Discの再生を行うと画面表示がおかしくなる問題


●Catalyst 12.9 Betaで解決した問題(Windows XP)
  • CrossFireX構成時に「The Chronicles of Riddick: Assault on Dark Athena」を高いグラフィックス設定で実行するとティアリング(テアリング)が発生する問題
  • サウンドドライバが正しくインストールされない問題

  • 関連タイトル:

    Radeon Software

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月22日〜10月23日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
72
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
56
アズールレーン (iPhone)
2017年04月〜2017年10月