オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「ファンタジーアース ゼロ」の戦争が大きく変わる? 「戦術アップデート」で追加,変更される全クラスの新スキルをレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/06/08 00:00

プレイレポート

「ファンタジーアース ゼロ」の戦争が大きく変わる? 「戦術アップデート」で追加,変更される全クラスの新スキルをレポート

 スクウェア・エニックスは,同社がサービス中のオンラインアクションRPG「ファンタジーアース ゼロ」(以下,FEZ)で,2017年6月7日に大規模アップデート「戦術アップデート」を実施した。


 この戦術アップデートでは,本作で初となるレベルキャップ開放や,新スキルの実装ならびに仕様変更が行われる。今回4Gamerでは,この実装に先立ちテストプレイをしてきたので,プレイフィールを紹介しよう。なお,本稿で紹介するスキルの使用感やグラフィックスは開発中のものであり,実装時に変更される可能性があることに注意してほしい。

ファンタジーアース ゼロ


サービス開始から10年にして初めてのレベルキャップ開放


 まず,テストプレイに協力してくれた運営スタッフから,今回のアップデートの概要を説明してもらった。

 上限がレベル40から45になるレベルキャップの開放についてだが,実のところFEZはレベル35あたりまでレベルを上げれば,戦争に参加しても問題なく活躍できる仕様だ。それだけに,ここを区切りとして休眠してしまうプレイヤーも多いという。そこで,その先を遊んでもらう施策の1つとして,レベルキャップの開放に踏み切ったそうだ。

 同時に戦争で得られる経験値の見直しも行い,現在のレベル40まで育てるために必要な時間と,アップデート後にレベル45まで育てられる時間が同じぐらいになるとのこと。また,レベル45になっても経験値は入り続け,あふれた分の経験値は別のポイントに変換してアイテムと交換できるシステムも考えているそうだ。このアイテム交換のシステムは,今後のアップデートでの実装を予定している。

 なお,レベルキャップの開放により,クラス間のダメージ補正にも若干影響が出る。今回のアップデートは,フェンサーとセスタスにクラス補正がないのは従来のままだが,いずれは全クラスを対象として何らかの手を入れたいとのことだ。


全クラス,全武器の新スキル,変更スキルを紹介


 それでは,プレイヤーがもっとも気になるであろう新スキルや,変更されたスキルについて紹介しよう。
 新スキルは,どのクラスもレベル35以降に修得が可能になる。これら新スキルは「やたらと使いやすかったり,強かったりするわけではない」そうだが,性能を十分に理解したプレイヤーであれば,便利なスキルになるものだということだ。


●ウォリアー

 ウォリアーは片手武器,両手武器,大剣のそれぞれに1つずつ新スキルが追加されている。クラスについては,大きな仕様変更はない。

・ソリッドウォール

片手武器のバフスキルで,クランブルストームやピアッシングシュートなどの吹き飛ばし効果を無効化する。前線でクランブルストームとシールドバッシュがかち合う場面がよく見られるが,このスキルを使っておけば吹き飛ばされずに追撃ができる。ハイブリッド型のウォリアー向けではないだろうか
ファンタジーアース ゼロ

・クラックバング

両手武器の新スキルで,その場で武器を地面に叩きつけ,そこから前方に向けて岩を飛ばす。この岩には,最大3ヒットのダメージ判定がある。総ダメージ数はベヒモステイルより高いが,発動はちょっともっさり気味なので,先読みで使わないと避けられてしまうかも
ファンタジーアース ゼロ
ファンタジーアース ゼロ

・アサルトエッジ

大剣の新スキル。滑るように前に進みつつ,真空の刃を3つ発生させる。公式サイトのスクリーンショットではかなりの長射程に見えるが,実際にはエクステンブレイドよりも少し長い程度。横に広いので,面制圧に向きそうだ
ファンタジーアース ゼロ


●スカウト

 銃のスキルが一新されて,デバフ系スキルのほとんどが撤廃や変更となり,中距離ダメージディーラーとして生まれ変わった。弓スキルの仕様変更としては,アローレインの射程が若干延びたことと,ピアッシングシュートの威力が下がり,ヒット範囲が狭かったことがある。短剣スキルの変更点はとくにないが,基本攻撃が短剣,弓,銃共用になったことは嬉しいところだろうか。
 なお,弓と銃の共通スキルが撤廃(弓では弓スキル,銃では銃スキルしか使用できない)されたことで,これらの武器でのスキルビルドが,大きく変わることになる。


・ダガーストライク

ダガーを投擲する短剣の新スキル。連射が可能で,射程も威力も実用には十分。単体で使うのではなく,倒しきれなかったときの追撃に良さそうだ
ファンタジーアース ゼロ

・ドッジシュート

弓の新スキルは,矢を放つと同時に後方にステップする回避用の攻撃スキル。射程はパワーシュートよりも若干短い。射程ギリギリで使うと,後ろには下がれるが相手に攻撃がヒットしないこともある
ファンタジーアース ゼロ

・フリックショット

銃の基本となる射撃攻撃
ファンタジーアース ゼロ

・ファストショット

ほかのクラスの新スキルにあたる,レベル35で修得可能なスキル。フリックショットより若干射程は短いが,発動モーションや弾速が異様に速い。ソーサラーの上級魔法なら,始動モーションを見てからファストショットで止めることも可能らしい
ファンタジーアース ゼロ

・ラッシュバレット

前側三方向へ攻撃。トライヴェノムから毒効果を抜き,威力をアップさせたスキルと考えていい。なお,トライヴェノム,オイルショット,アシッドショット,デイジーフラッシュは削除された
ファンタジーアース ゼロ

・クラッシュショット

射程の長い高威力の単発攻撃。消費Pwが少々多いのがネックか
ファンタジーアース ゼロ

・クイックビート

銃床を使っての近距離打撃攻撃。ソーサラーに対しては,ヘビースマッシュを超える威力が出せる。建築物への攻撃にも有効だろうか
ファンタジーアース ゼロ

・コメットキャノン

放物線を描いて敵にヒットさせる曲射攻撃。高低差のあるところで役立ちそうだ
ファンタジーアース ゼロ

・バーストキャノン

至近距離で放つ攻撃。銃スキルでもっとも攻撃力が高い。ただ,使用すると反動で自身も後ろに下がってしまい,また,その間は完全に無防備になるので使いどころが難しい
ファンタジーアース ゼロ

・スウィープキャノン

コメットキャノンと同様の曲射攻撃だが,こちらは範囲指定攻撃で,着弾地点の中央とその外周とで2段階の攻撃判定がある
ファンタジーアース ゼロ

・ホワイトバレット

ホワイトブロウの仕様変更スキルで,攻撃がヒットした相手の視界を一定時間遮る。弾をばらまくようなモーションになったが,どこまで攻撃判定があるのか分かりづらいのが難点か
ファンタジーアース ゼロ


●ソーサラー

 ソーサラーは,杖,魔道具共用の新スキルが3つ追加。さらに魔道具は,上級魔法がすべて仕様変更,または完全に別のスキルに変更された。


・エレキオーブ

ゆっくりとした速度で正面に大きめの雷球を放つ新スキル。敵にヒットすると,その場で雷球が破裂し,範囲内の敵にダメージを与える。スパークフレアの雷版といったところだ
ファンタジーアース ゼロ
ファンタジーアース ゼロ

・フレイムサークル

自分を中心に炎の渦を巻き上げる新スキル。ヒットダメージはあまり高くないが,DoTダメージ(Damege over Time,継続ダメージ)はヘルファイアと同じく高い。フリージングウェイブの炎版といったところだが,吹き飛ばし効果はない。発動モーションが長く,フリージングウェイブで相打ちにもちこめる場面でも,フレイムサークルだと負けてしまう。正直,テストプレイでは使いどころが見いだせなかった
ファンタジーアース ゼロ

・アイスターゲット

ヒットさせた相手の耐性を10秒間下げる追加効果を持つ氷系の新スキル。追加効果は攻撃がヒットする,もしくは一定時間経過で消えてしまう。使い勝手は,スカウトのオイルショット(アップデートで消えてしまうが)に近い。シールドバッシュで動きを止めた敵に差し込むなどワンポイント的な使い方がベターか
ファンタジーアース ゼロ

・メテオインパクト

アップデート前は,中央,右,左という順に3つの隕石が落ちるスキルだったが,アップデート後は中央の1つのみとなった。落ちてくる隕石が少し大きくなったものの,実質的に攻撃範囲は狭くなった。ただ,狙った場所に落とせるようになっていて,ヒットする範囲も把握しやすい
ファンタジーアース ゼロ

・レーザーブラスト

削除されたレイディアントシールドの代わりに追加された新スキル。セスタスのゲイザースマッシュと同じチャージ型スキルで,スキルを使用してチャージを行い,もう一度スキルを使うことで前方に向かって太いレーザーを発射する。チャージ中に別のスキルを使うと,チャージは解除される。威力はヘルファイアほどではないが,その分射程が長く,最前線の一歩後方あたりからでも攻撃が届くのが利点。しかし,発射中は無防備になるので,使用タイミングに注意したい
ファンタジーアース ゼロ

・グラビティキャプチャー

指定地点へ設置するタイプのスキルだったグラビティフィールドが,グラビティキャプチャーになって仕様が変更された。グラビティキャプチャーは,キャラクターから指定地点まで重力フィールドが移動し,一定時間展開される。このフィールドに触れると一定時間,移動速度が低下し,ステップもできなくなる。消費Pwは増えたが,使い勝手は大きく向上したのではないだろうか
ファンタジーアース ゼロ
ファンタジーアース ゼロ


●フェンサー

 実装当時のフェンサーは対人近接特化のクラスだったが,現在はルーンなども使う近〜中距離戦のクラスとなっている。それを後押しするかのような,中距離射程の新スキルが導入された。


・テンペストピアース

中射程の遠距離攻撃スキル。見た目ほどではないが,中央から左右にかけて当たり判定がある。貫通はしない
ファンタジーアース ゼロ

・ストライクダウン

新スキルではないが,復活したスキルの中でもっとも注目度が高いであろう,相手の攻撃を無効化するストライクダウン。物理攻撃の回避に成功するとイレイスマジックのようなエフェクトが付くようになった。なお,このスキルで,ヘビースマッシュの反撃が可能だった。研究のしがいのあるスキルかもしれない
ファンタジーアース ゼロ


●セスタス

 サクリファイスが削除され,アイデンティティーの約半分を失ったセスタス。さらにスキルツリーも大幅に変更されたため,実質的に歩兵能力も下がったかもしれない。
 なぜサクリファイスを削除したのか運営スタッフに聞いたところ,「戦争が停滞し,ムダに長引いてしまうので削除が決まった」ということだ。ただ,サクリファイスを前提にジャイアントの攻撃力や建築物の耐久力が設定されているので,それらの調整を今後のアップデートで行いたいとのことだった。

・エナジースフィア


拳から気を放つ中距離攻撃スキル。最初は「0ゲイザーを復活させようと思った」らしいが,紆余曲折を経て,この新スキルになったらしい
ファンタジーアース ゼロ


 一通り説明を受けたり,テストプレイを行ったりしたあと,運営スタッフらと新スキルを交えた模擬戦を行ってみた。筆者は魔道具装備の氷ソーサラーでプレイしてみたが,グラビティキャプチャーがなかなか面白かった。これは指定地点まで敵を貫通して進むので,攻めでも撤退時にも使いやすい。個人的に注目したいスキルである。

 アイスターゲットも使ってみたが,1回のみのデバフと考えると,敵の進軍を押さえるのにはちょっと物足りない感じだ。どちらかといえば,攻勢時に力を発揮するスキルなのだろう。ちなみに受けた攻撃としては,アイスボルトやアイスジャベリンの差し合い中に,視界外から飛んできたダガーストライクが意外と痛かった。

ファンタジーアース ゼロ
ファンタジーアース ゼロ

 この模擬戦は10vs.10ぐらいの小規模な社内テストだったということもあり,戦争で新スキルがどれだけ脅威なのかは計りきれなかった。やはり,実戦で使ってみて(もしくは受けてみて),初めて分かるというものだ。

 以前にも大規模なスキル調整があったが,そのときには事前にプレイヤー参加の大規模テストが実施された。今回はそういったテストなしでアップデートが実施されるので,ぜひプレイヤーからのフィードバックを寄せてほしいとのこと。

 一方,新スキルでできることは増えるが,戦闘バランス自体は実装前とそれほど大きくは変わらないと運営スタッフは予想しているそうだ。その大きな理由が,FEZ特有のシステムである「召喚」にある。召喚をうまく使えば,歩兵戦をフォローできるからだという。
 ただ,現状では少しレイスの脆さを感じているので,強化の予定があるとのことだ。

 ともあれ,この「戦術アップデート」によるレベルキャップの開放と新スキルの追加で,戦場の雰囲気が一変しそうだ。どんな戦争が巻き起こるのか,そして前線の模様がどのように変化するのか,非常に楽しみと言えるだろう。

「ファンタジーアース ゼロ」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ファンタジーアース ゼロ

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月13日〜12月14日
タイトル評価ランキング
83
82
ARMS (Nintendo Switch)
73
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
70
2017年06月〜2017年12月