※見出しをクリックすると記事が読めます
DMMゲームズ号外を自動表示しない
号外No.1
東京ゲームショウレポート
今熱い最新タイトル情報
話題の記事

事前登録受付中!

オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2011/08/15 21:02

ニュース

Google,Motorola Mobilityを買収

 北米時間2011年8月15日,Googleは,Motorolaから分社化した個人向けモバイル製品メーカーであるMotorola Mobilityを買収することで最終合意に達したと発表した。買収金額は125億ドル(約9607億円)で,これは8月12日時点におけるMotorola Mobilityの株価に63%上乗せされた数字だ。
 両社の取締役会では,全会一致で承認済み。買収は2011年末までか,2012年の早いうちに完了する見込みとなっている。

 Googleは,今回の買収により,Androidのエコシステム(生態系。ここでは「関係するパートナー各社の収益構造」くらいの意)をより成長させ,モバイルコンピューティング市場における競争力を高められると述べている。
 なおこの買収後も,Androidはオープンプラットフォーム,そして活発なオープンソースコミュニティであり続け,Motorola MobilityはAndroidの1ライセンシーとして,独立した経営を行っていくとのことだ。

 GoogleのLarry Page(ラリー・ペイジ)CEOは,リリースに合わせて行った公式blogへのポストで,「Motorola Mobilityの買収は,AppleやMicrosoftなどからの非競争的な威圧からAndroidを守るための,特許ポートフォリオ強化につながる」とも述べ,今回の買収の背景に,特許紛争があったことを認めている。広義にAndroidプラットフォームを強化すべく,ハードウェアメーカーを買収した,というわけだ。
 とはいえ,HTCやSamsung,LG Electronics,Sony Ericssonといった,Motorola Mobilityの競合は心中穏やかでないだろう。Page氏は同じblogポストで,「今後も多くのパートナーと協力していく」と述べ,配慮を見せてはいるが,果たしてこの買収がどういう意味を持つことになるのか,今後は,今まで以上に要注目である。

Googleによるニュースリリース(英語)

Larry Page氏によるGoogle公式blogへのポスト(英語)


  • 関連タイトル:

    そのほかのハードウェア

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月21日〜10月22日
タイトル評価ランキング
88
TERRA BATTLE (iPhone)
83
81
人狼オンライン (BROWSER)
81
マリオカート8 (Wii U)
2014年04月〜2014年10月