オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
募集中
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2005/09/17 02:15

ニュース

[TGS2005#06]「スプリンターセル カオスセオリー」もプレイアブル

 PCゲーム出展タイトルがひしめき合うATIブースで,衝撃の展示品を発見した。ユービーアイソフト「トム・クランシーシリーズ スプリンターセル カオスセオリー 日本語版」PC版のプレイアブルバージョンである。

 本作については,Xbox 360版が11月17日に発売予定だが,PC版についてはATI Technologies(以下,ATI)ブースでの出展が事実上の正式発表。ATIブースで展示されていたバージョンは,マスター版ではないものの,ほぼ全編をプレイ可能なバージョンとのこと。ローカライズ作業はかなり進められているようだ。

 今回,PC版カオスセオリーについていろいろ教えてくれたのは,フランス人のエマニュエル・ケルサレ氏。来日して7年になるとのことで,見事な日本語で解説してくれた。が,ゲーム概要は英語版で何度か紹介しているので,割愛する。詳しく知りたい人は,英語版インプレッション記事「こちら」を参照してほしい。
 日本語版については,ゲーム中のインフォメーションやメッセージなどのテキスト翻訳はもちろん,前作「パンドラトゥモロー」と同様セリフも日本語吹き替え。サム・フィッシャー役の玄田哲章氏ほか,豪華声優陣が再び熱演している
 ちなみに本作は,日本がゲームの舞台に含まれており,ゲーム中には,"ニヤリ"な日本語が書かれた掛け軸などが出てくるステージが結構ある。このあたりについてケルサレ氏に聞いてみたところ,なんと「よりリアルな雰囲気を出すために,正しい日本語に修正されています」という(残念な?)答えが返ってきた。「日本人のファンには,そのまま残してほしいと願う人も多いかも」と伝えたところ,「実はいくつかは,そのまま残っているのです……」と,恥ずかしそうに答えていた。ばんざーい!



 このところ,ユービーアイソフト(というかこの場合は本家Ubisoft)のPCタイトルは,国内ではライブドアからの発売が続いているが,看板タイトルである「スプリンターセル」シリーズだけは,どうしても(日本法人の)ユービーアイソフト自ら発売したかったということだ。
 PC版の発売日は未定で,現時点では「なんとか11月には」という方向で進められているようだ。ただPC版も,Xbox 360版とほぼ同時期にリリースされるのではないかと推測される。どちらを購入しようか迷っている人のために,「PC版はコンシューマ版と違い,カオスセオリーの目玉であるゴア描写がカットされていない」というケルサレ氏からの情報をそっと載せておこう。(Kawamura)

※画面写真は英語版のものです。

  • 関連タイトル:

    トム・クランシーシリーズ スプリンターセル カオスセオリー

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2012/06/10)
トム・クランシーシリーズ スプリンターセル カオスセオリー 日本語版
Software
発売日:2005-11-17
価格:
amazonで買う
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月31日〜11月01日
タイトル評価ランキング
87
TERRA BATTLE (iPhone)
83
81
マリオカート8 (Wii U)
79
人狼オンライン (BROWSER)
2014年05月〜2014年11月