オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
メイプルストーリー公式サイトへ
  • ネクソン
  • Wizet
  • 発売日:2003/12/03
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
  • Amazonで買う
読者の評価
62
投稿数:53
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2008/12/17 19:37

イベント

WebMoney Award 2008発表,今年最も愛されたオンラインゲームは「メイプルストーリー」

 ウェブマネーは,オンラインゲームの人気投票による集計をまとめた,今年度のWebMoney Award 2008発表会を開催した。
 毎年行われているこのAwardだが,今回は以前とはかなり様相を変えた大がかりなものになっている。まず,投票と同時に41問におよぶ詳細なアンケートを取ったり,ユーザーを集めて座談会を開いたり,発表会にユーザーを招待したりなど,「"USER's VOICE" for "Internet Life"」をテーマに,投票とユーザーの意見の収集,そして表彰と運営側へユーザーの声を届けるという位置付けのイベントに生まれ変わった。
 ユーザーの声を届ようという姿勢は,一般ユーザーにも評価されたようで,びっしり4ページ分の詳細なアンケートが追加されたにも関わらず,昨年の9万票を大きく上回る11万5499票もの投票が行われている。

 そんななかで,得票の多かった20作品に贈られるBest Games賞は,以下のとおり。投票者のコメントをあわせて紹介しよう。

@games
 「こういうのの中ではセルフィのアバターが一番可愛い」
アラド戦記
 「2Dと侮れない。スキルが勝負を決するゲーム性がいい」
サドンアタック
 「リアルで面白い。無料FPSとしては完成度が高い」
スカッとゴルフ パンヤ
 「キャラの着せ替えがいい。シーズン4で楽しみ方が広がった」
SPECIAL FORCE
 「いままでのFPSにない爽快感。みんなで協力するミッションがいい」
777タウン.net
 「ゲームが50以上あるのに安くていい」
大航海時代 Online
 「競争などを重視しない,これまでなかったシステムがいい」
テイルズウィーバー
 「キャラごとのストーリーやレベル上げが楽でいい」
トキメキファンタジー ラテール
 「可愛い。すべてにおいて親しみやすい」
ハンゲーム
 「面白いイベントがとにかく多い」
ファンタジーアース ゼロ
 「50対50の大規模戦が楽しい。衣装が個性的でいい」
Master of Epic
 「万能キャラが作れないからこそキャラを作る楽しみがある」
マビノギ
 「可愛い。キャラを作る自由度がとにかく高い」
メイプルストーリー
 「可愛い。ゲームやっててたくさんの友達ができた」
モンスターハンター フロンティア オンライン
 「狩りをしながらの武器や装備の製造にやり甲斐がある」
ラグナロクオンライン
 「3Dが多い中手描き風のキャラがいい」
リネージュII
 「グラフィックスがいい。世界観が凄くよくてのめり込める」
Livly Island
 「いつも出迎えてくれるので癒される」
ルーセントハート
 「星座などロマンチックで初心者も入りやすい」
RED STONE
 「低スペックでもOkでゲーム性がいい」

 それぞれの受賞コメントは省略するが,来年のアップデートに触れていたものだけ少し紹介しておこう。可愛さで評価されているラテールでは,カッコいい系のアップデートが行われるとのこと。また,マビノギでは,来年は日本独自のコンテンツが追加されていくとのこと。今後の詳細情報にも期待したい。

Best Games賞を受賞した方々

特別賞のドワンゴ杉本誠司氏とサイバーエージェント武石幸之助氏
Best Rookie賞のガマニアデジタルエンターテインメント茂木敬吾氏
GRANDPRIXを受賞のネクソンジャパン金奉石氏
 続いて,オンラインゲームの間接的な普及に貢献したということで,特別賞も発表された。特別賞は,ニコニコ動画とアメーバブログに贈られた。当人も熱心なオンラインゲームプレイヤーでもあり,当日のプレゼンテーターをしていたモデルの加藤夏希さんもアメーバブログを使っているとのことだったが,モデルとしてのブログなのでゲームのことは,あまり書かないように釘を刺されているとのことだった。それでもたまに書いちゃいますけどねと語っていたのだが,もっとゲームのほうにも広げてほしいところだ。

 そして,今年サービスが始まったタイトルで最も多くの支持を集めた作品に贈られるBest Rookie賞は,ガマニアデジタルエンターテインメントのルーセントハートに贈られた。ガマニア作品では,本Awardでの初受賞ということで関係者も喜んでいたようだ。
 最後に発表された最高得票タイトルGRANDPRIXには,ネクソンジャパンのメイプルストーリーが選ばれた。得票傾向を見ると,10代男性の絶大な支持を得ていることが分かる。

GRANDPRIXのメイプルストーリーとBest Rookie賞のルーセントハートの得票年齢分布

 かつては電子マネーでの決済を多用する人しか存在を知らないAwardだったため,いま一つピンとこないタイトルが上位になっていたり,一部ではイベントと連動して投票を煽るようなタイトルもあって問題になっていたのだが,今回はかなりそのあたりもきっちり管理され,認知度も上がってきたことで,かなり業界の実情に近い結果が出てきたように思われる。

 会場では,前もって行われていたユーザー座談会の模様を示すムービーも上映され,ユーザーの本音をダイジェストでまとめていた。11万人から選ばれた11人は,男性7人女性4人,学生,フリーター,Webディレクター,プログラマなどさまざまな。出てきた意見をいくつかピックアップして紹介しておこう。

Macユーザーなので,Macでできるオンラインゲームをもっと出してほしいと語っていた加藤夏希さん
メイプルストーリー
 異性のキャラクターを使うかというアンケートの結果には,意外だった人も多いようで,やっぱり女性キャラが多いよねという声が上がっていた。なぜ女性キャラを使うかというと,女性キャラのほうが可愛いという単純なものから,小さな女性キャラが巨大な武器を振り回して戦う姿に萌えるとか,理想の女性キャラが作れたら女性で,そうでなかったら男性キャラを使うという人までさまざま。
 小さいキャラを使う人が理解できないという声もあれば,小動物みたいで可愛いという声も。
 攻城戦など,みんなで協力してできるコンテンツを評価する人がいる一方,コミュニティの問題で,勤怠率が問題になったり,リンクシェルだとちょっときついよねとか,テキストだけで会話するとどうしてもきつくなるので,せめて顔文字くらいは使わないとという意見も。誕生日の人がいたのでみんなで花火を打ち上げたという話には,そういうゲームに関係ない無駄要素がいいよねと話が弾んでいたようだ。
 OFF会には行きたくないという人が過半数を占めたものの,リアルで会うとキャラとのギャップが楽しいとか,日本全国にいるので場所決めが難しいなどの声が上がっていた。
 今後,どんなものがほしいかというものに対しては,懐かしいゲームのオンライン化だとか,海外でやっているものの日本語化などを希望する人が若干名。海外とはプレイスタイルが大きく違うので,むしろ切り離してほしいという意見も。そのほか,オフラインで携帯電話などで遊んだ結果がオンラインゲームに反映されるようなものとか,会話で苦労するゲームは困るということで,ボイスチャットへの対応や,音声を変換して出力するようなものがほしいなどの意見が出ていた。

 日頃プレイヤーが感じていることを,こういう機会にまとめてゲーム運営会社に伝えていくことは,今後のオンラインゲーム業界にとっても有意義なことであろう。今回から始まった新しい方向性は,オンラインゲームプレイヤーすべてにとって歓迎すべきことだろう。来年はさらに規模を大きくしていきたいとのことなので,よりいっそうの発展を期待したい。

WebMoney Award 2008

http://www.webmoney.jp/award2008/index.html

  • 関連タイトル:

    メイプルストーリー

  • 関連タイトル:

    ルーセントハート

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月19日〜04月20日