オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
信長の野望・蒼天録 パワーアップキット公式サイトへ
読者の評価
35
投稿数:1
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

信長の野望・蒼天録 パワーアップキット

信長の野望・蒼天録 パワーアップキット
公式サイト http://www.gamecity.ne.jp/products/products/ee/Rlsoutenpk.htm
発売元 コーエーテクモゲームス
開発元
発売日 2003/02/14
価格 6090円(本体とのセット版は1万4490円)(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
35
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • コーエーが正面から戦国時代に向き合った奇作 35
    良い点
    PKでシリーズ史上初めて戦国時代初期の15世紀を扱う
    ⊂觴腑廛譽い任硫執郛紂△泙気棒鏐
    K杜と根回し、まさに戦国
    い修譴辰櫃す蕎訐
    ジ鼎信長の野望らしさ満載の時代がかったインターフェース
    渋さ満点
    俸禄問題は解決
    悪い点
    ^豸してわかるほどの手抜き感
    △犬磴鵑韻鵐押璽爐寮鐺
    G者ゲー
    ぅ譽肇蹐辰櫃気鮟个群瓩ていまいち操作性の悪いインターフェース
    ダ鏐颪蕕靴気鮟个群瓩てキャラゲーとして失敗
    Ε侫襯好リーン固定
    総評
    【よい点】
    PKでの最初のシナリオは1495年開始。これまでにないシナリオは新鮮であった。のみならず、ついに戦国時代ほぼ全体を射程を収めたという意味で同時期の三国志次併姐饂代を1年刻みで網羅)と並び、当時のコーエーの意気込みが感じられた。
    ∪鏐饂代といえば下克上。これまでは大名ゲーであり本当の意味での戦国らしさはなかったが、裏切り、成り上がるプレイをシリーズにもたらした。シナリオ開始が1495年、つまり北条早雲の小田原城奪取から始まっていることも象徴的で、これまでにない信長を作ろうという意気込みが感じられ、実際それが実現されている。一度夢破れ城主に成り下がっても再起ができる点も従来にない。
    9臉錣亘杜と根回しが重要となっており、シリーズ中でも天翔記と並んで謀略の重要性が高い。合戦中も知略に依存する策戦の有効性が高いので、知略系の武将が強くなっている。
    す蕎訐錣肋星録の攻城戦をリアルタイムにしたような感じで、城を攻めている感じがそれっぽくて楽しい。
    チ虻醉鮴さに比べてインターフェースが古くさく感じる。天翔記時代まで帰ったような、どこか懐かしげなレトロ感がある。
    Υ薀哀蕕皀瓮ぅ鵐ャラは将星録ばりに陰影があり、また大抵の一般武将は色味が全体的に渋く、音楽も重厚。政略フェイズも家臣がずらっと並ぶ評定画面がメインとなり、全体として重苦しい雰囲気がある。
    Я虻遒瞭馘世世辰進靉縮簑蠅浪魴茵A虻遒里茲ΔCOM大名が雇いすぎて宿老ほど俸禄不足で抜けていくという大名家自然崩壊現象はなくなった(これは直して当然であるが)。

    【悪い点】
    ―勢力は有名武将でもテンプレ列伝、戦闘は後述するようにじゃんけんゲーム、武将数の絶対数不足など明らかに作りかけで出した感があり、PKでさえも新シナリオ大名家の家紋が追加されていない、以前の作品の別武将の顔の使い回しなどの手抜きと思われる点がある。ただこれは今作が初めてではないため、今作固有の問題点とは必ずしも言い切れないが。
    ∪鐺がつまらない。基本は3すくみのリアルタイムじゃんけんゲーム。将星録風。策戦が強い。わかりやすくスピーディになり、忙しさは減ったが、前作の似非RTS戦闘がそれなりに面白かっただけに残念すぎる。
    G者の使い勝手が良すぎ、暗殺、謀略なんでもござれ。大抵のことは忍者で解決できる。
    だ略/軍略フェーズに分かれていることもあり、インターフェースはいまいちわかりづらい。しかも嵐世記のきれいな城下を眺める、文字も華やかなメインインターフェースと比べて、陰鬱。前作が非常にデザイン性に溢れ、かつわかりやすかったのと比べると洗練が感じられない。
    ゥャラ絵も渋ければ能力も渋めで、全体的に低く調整されており、さらにゲームシステム的に知略の影響が大きすぎるため、謀略系の一部の武将を除いて全体的に地味に感じる。前作嵐世記がかなり高めに能力を設定して大味だったために余計に華がない。武将のキャラ立ちが少なく、キャラゲーとしての魅力に欠ける。
    Ε侫襯好リーンでしかプレイできない。Steamの再販版ではウィンドウ対応にして欲しかった。

    昔買ったPC版はWin10で動かせないので、Steamのシブサワコウアーカイヴス再販版をこのたび懐かし買いした。再販版はウィンドウ表示対応しているかもしれないと淡い期待を持っていたが、まさかのHD画質での全画面であった。久しぶりにプレイしたので懐かしかったが、やはり全体的に粗が目立つ。意欲作であり、面白いところも多々あるが、欠点が多く、当時としても微妙であったが、今となってはどうしてものめりこめない作品に感じる。嵐世記に引き続き内政も地味で、箱庭感がほぼないのも個人的に好みではない。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 2 1 2
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月17日〜12月18日