オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
Sound BlasterXシリーズ初のゲーマー向けキーボード&マウスが国内発売決定。キーボードはオムロン製キースイッチ搭載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2016/12/16 12:24

ニュース

Sound BlasterXシリーズ初のゲーマー向けキーボード&マウスが国内発売決定。キーボードはオムロン製キースイッチ搭載

 2016年12月16日,Creative Technologyの日本法人であるクリエイティブメディアは,Sound BlasterXシリーズとしては初となる英語配列キーボード「Sound BlasterX Vanguard K08」(以下,Vauguard)と,マウス「Sound BlasterX Siege M04」(以下,Siege)を国内発売すると発表した。両製品とも,2016年11月の時点で登場が予告されていた製品である。
 Vanguardは2017年1月下旬,Siegeは2016年12月下旬発売予定で,直販ページ「クリエイティブストア」での価格は順に,1万9800円,8900円(税別)となっている。単純計算した税込価格は順に2万1384円,9612円だ。

Sound Blaster
Vanguard
Sound Blaster
Siege


Vanguard K08


 まずはキーボードのVanguardから見ていこう。
 Vanguardは,英語配列104キーをベースとして,メインキー左側に5個のマクロキーを,テンキー上側に音量調整用のローラーを備えるUSBキーボードである。

Vanguardには,着脱可能な大きめのパームレストが付属する
Sound Blaster

 Vanguard最大の特徴は,キースイッチに,オムロン スイッチアンドデバイス(以下,オムロン)製のメカニカルキースイッチを採用することだ。Creative Technology(以下,Creative)では,このキースイッチを「Perceive-React-Execute Switch」(以下,PRES)と称しているが,基本的にはLogitech G(日本ではLogicool G)のキーボードが採用する「Romer-G」と同じもののようで,Logitech G/Logicool Gによる独占採用期間が終了したことを受けて,おそらくは同じか,そのマイナーチェンジ版を採用しているものと考えている。

 なお,各キーには,1677万色から発光色を選べるカラーLEDが埋め込んであり,後日提供予定の設定ソフトウェア「Sound Blaster Connect」によって,発光色や発光パターンをカスタマイズできるようになるとのことだ。

 ロールオーバー数は26キー対応で,「Anti-Ghosting」(アンチゴースト)対応。[Windows]キーのロック機能もあるので,ゲーマー向けキーボードに必要とされる要素は一通り備えているという理解でいいだろう。

 総じてスペックは悪くないのだが,税込価格で比較したとき,Logitech G/Logicool Gの「G910 Orion Spectrum RGB Gaming Keyboard」(国内製品名:G910r RGBメカニカルゲーミングキーボード,以下 G910r)と実勢価格がほぼ同じというのは,相当に人を選ぶだろう。せめてもう少し販売価格が下がってくれるといいのだが。

●Vanguardの主なスペック
  • 接続インタフェース:USB
  • キースイッチ:メカニカル
  • 基本キー数:英語109キー
  • キーピッチ:未公開
  • キーストローク:3.5mm
  • アクチュエーションポイント:1.5mm
  • 押下特性:45g
  • ロールオーバー:26キーロールオーバー
  • キー耐久性:7000万回
  • ポーリングレート(レポートレート):未公開
  • マクロ機能:搭載
  • バックライト:搭載
  • サイズ:465(W)×149(D)×37.6(H)mm(※パームレスト含まず)
  • 重量:約1300g(※ケーブル含まず)
  • ケーブル長:約2m
  • 対応OS:Windows 10・8.x・7
  • 直販価格:1万9800円(税別)
  • 発売予定時期:2017年1月下旬
  • 保証期間:未公開

Siege M04


Sound Blaster
 ゲーマー向けマウスのSiegeは,右手専用のワイヤードマウスである。
 ゲーマー向けマウスでは定番といえる,PixArt Imaging製光学センサー「PMW3360」を採用。トラッキング速度は250IPS,最大加速度は50Gというスペックとなっている。

 ボタン構成は,左右メインとセンタークリック機能付きスクロールホイール,スクロールホイール手前×1,左サイド×3の計7ボタンというレイアウト。左右メインボタンに,オムロン製スイッチを採用している。

Siegeの天面(左)と左側面(右)。左サイドボタンは,側面中央を囲むように,大きめのボタンが3つ配置されている
Sound Blaster Sound Blaster

 スクロールホイールとパームレスト部分のシンボルマーク,そしてマウスの底面を囲むように,カラーLEDイルミネーションを埋め込んであるのも特徴の1つだ。LEDの発光色や発光パターンは,Vanguardと同じく,後日提供のSound Blaster Connectでカスタマイズできるとのことだ。

 特筆すべきポイントがないのに税込1万円近い価格とあっては,強豪ひしめくゲーマー向けマウス市場で生き残れるのかどうかは疑問が残る。販売店は限定されるものの,店頭販売も行うそうなので,実機を試して気に入れば選択肢に入ってくるかもしれない。

●Siegeの主なスペック
  • 基本仕様:光学センサー搭載ワイヤードタイプ
  • 搭載センサー:PixArt Imaging PMW3360
  • ボタン:左右メイン,センタークリック機能付きスクロールホイール,ホイール手前×,左サイド×3
  • 最大トラッキング速度:250IPS
  • 最大加速度:50G
  • フレームレート:未公開
  • 画像処理能力:未公開
  • トラッキング解像度:最大1200 DPI
  • レポートレート(ポーリングレート):最大1000Hz
  • データ転送フォーマット:未公開
  • リフトオフディスタンス:2mm
  • 本体サイズ:67.65(W)×135.6(D)×43(H)mm
  • 重量:110g(※ケーブル含まず)
  • マウスソール:未公開
  • ケーブル長:約2m
  • 対応OS:Windows 10/8/7
  • 直販価格:8900円(税別)
  • 発売予定時期:2016年12月下旬
  • 保証期間:未公開

クリエイティブメディア公式Webサイト



#### 以下,リリースより ####

ゲーミング用ブランド「Sound BlasterXシリーズ」に1680万色のAurora ReactiveライティングシステムLED搭載の
ゲーミングマウス「Sound BlasterX Siege M04」とゲーミングキーボード「Sound BlasterX Vanguard K08」が登場!
SoundBlasterXゲーミングデバイス2製品[販売店限定]発売のお知らせ

〜「Siege M04」は高性能オプティカルセンサーと高速マイクロコントローラーユニットを採用し優れたトラッキングと素早い応答、
「Vanguard K08」は英語104キー+5マクロキーに高耐久性メカニカルスイッチを採用、高速で快適、正確なタイピングを実現〜

 全世界で延4億人以上ものユーザーに愛されるSound Blasterブランドより誕生したゲーミングソリューションを実現するブランドSound BlasterXシリーズより、新たにAurora ReactiveライティングシステムLED搭載のゲーム用マウスとキーボードが登場。
 プレシジョンゲーミングマウス「Sound BlasterX Siege M04」を12月下旬より、RGBメカニカルゲーミングキーボード「Sound BlasterX Vanguard K08」を2017年1月下旬より「販売店限定」にて発売します。
 Sound BlasterXシリーズラインナップ、USB接続のゲーミングマウス「Siege M04」は、高性能なオプティカルセンサーと高速なMCU(マイクロコントローラーユニット)を採用し、優れたトラッキングと素早い応答を実現。また、左/右メインボタンには5000万回のクリック耐久性を誇るオムロンスイッチアンドデバイス製のメカニカルスイッチを採用し、高い耐久性を実現しています。Aurora ReactiveライティングシステムLEDを搭載しており、マウスのエッジ全体やBlasterXの“X”ロゴを1680万色カラーでライティングします。
 また、USB接続のゲーミングキーボード「Vanguard K08」は、英語104キー+5マクロキーにオムロンスイッチアンドデバイス社と共にデザインし生み出された、P.R.E.(Perceive/認知、React/反応、Execute/実行)体験を実現する、カスタムメカニカルスイッチ−PRES(Perceive-React-Execute Switch)を採用。ゲームにおける激しいキー操作であっても高い耐久性を実現、また高速で快適なタイピングと正確なキー認識を実現しています。これらのキーにAurora ReactiveライティングシステムLEDによるRGBバックライトを備えており、キートップを1680万色カラーでライティングします。

 Sound BlassterX Siege M04およびVanguard K08について、Creative社のゼネラルマネージャーであるLong Chye Lowは以下のようにコメントしています。
 「新しくSound BlasterXプロゲーミング製品ラインナップに加わったハイパフォーマンスのゲーミング周辺機器2製品を紹介することができ、我々はとても興奮しています。
 我々はPCゲームの黎明期より、25年以上にわたりSound Blasterを手がけており、オーディオ技術の革新に挑み続けてきました。
 我々のオーディオ製品は、ゲーマーに何が必要かを把握して常にゲームでの競争力を提供してきました。しかしながら、フィールドでのバトルやトラックでのレースでゲームに勝つためには、正確な状況把握や認知(PERCEIVE)のみが必要だけでなく、素早い反応(REACT)と、効果的なアクションの実行(EXECUTE)が必要です。
 そのため、我々は自身に“オーディオだけで良いのか?”と問いただしたのです。

 この度、我々はゲーマーの手や指先によって効果的で正確な操作を提供する事が可能となりました。この新しい装備は、ゲーマーの皆さまに高度なP.R.E.(Perceive/認知、React/反応、Execute/実行)体験をお届けするよう、まさにゲーマーのためにデザインされています。
 これらの装置は、丈夫で機敏に反応するように作られているだけではなく、ゲームに優位性をもたらすようエンジニアリングされており、我々の最先端オーディオによるアドバンテージと共にする事で勝利のチャンスをより高めることでしょう」

 Sound BlasterXプロゲーミング製品ラインナップに加わったゲーミング周辺機器に関して、compLexity GamingのゼネラルマネージャーであるKyle Bautista氏は以下のようにコメントしています。
 「compLexityのメンバーは、Sound BlasterXプロゲーミング製品ラインナップに加わったゲーミング周辺機器の発売に身震いしています。
 求めるものが多いプロゲーマーたちは、次の競技大会が待ちきれない程の素晴らしい製品を生み出すために、Creativeのエンジニア達と共に取り組みました」

 また、Sound BlasterX Siege M04およびSound BlasterX Vanguard K08が採用するメカニカルスイッチの製造元である(OMRON Switch & Devices Corporation)オムロンスイッチアンドデバイス社(Consumer & Commercial Switch Department)業務民生機器用製品部門のゼネラルマネージャーであるEric Liu氏は以下のようにコメントしています。
 「私たちは、プロゲーマーや熱狂的なゲームファンが求めるハイパフォーマンスなSound BlasterXラインナッププロゲーミング周辺機器をCreativeと協力してお届けできることを誇りに思います。
 オムロン製のメカニカルスイッチを搭載したSound BlasterX VanguardとSound BlasterX Siegeは、昨今のゲームプレイにおけるゲーミングキーボードとマウスの観点において、正確なコントロールとレスポンスを確実に具現化しています」

 Sound BlasterX Siege M04およびSound BlasterX Vanguard K08の両モデルとも、Sound BlasterX KatanaやSound BlasterX Kratos S5ゲーミングスピーカーと同様のAurora ReactiveライティングシステムLEDを搭載しています。
 Sound BlasterX Siege M04のマウスエッジ全体や、Sound BlasterX Vanguard K08の109キーのキートップの発光色や発光パターンをカスタマイズすることが可能。Aurora Reactiveライティングシステムを搭載するゲーミングスピーカーと共に、ゲーミングシステムを全体的にライトアップすることもできます。
 Sound BlasterXプロゲーミング製品のゲーミング周辺機器による素早く正確な優れた操作性によって、ゲームでの勝利のチャンスをより高め、さらなる楽しみを感じてください。

製品カテゴリー:USB接続ゲーミングマウス
製品名 型番 標準価格 クリエイティブストア価格 発売時期
[販売店限定]
Sound BlasterX Siege M04
(サウンドブラスターエックスシージエム04)
SBX-SIG-M04 オープンプライス 8,900円(税抜) 12月下旬

製品カテゴリー:USB接続ゲーミングキーボード(英語104配列+5マクロキー)
製品名 型番 標準価格 クリエイティブストア価格 発売時期
[販売店限定]
Sound BlasterX Vanguard K08
(サウンドブラスターエックスヴァンガードケー08)
SBX-VGD-K08 オープンプライス 19,800円(税抜) 1月下旬予定
*上記のクリエイティブストア価格には消費税は含まれていません。

●Sound BlasterX Siege M04[販売店限定]
 Sound BlasterX Siege M04はCreativeのAurora ReactiveライティングシステムLEDを搭載したプロフェッショナルグレードのUSB接続ゲーミングマウスです。
 PixArt Imaging製のPMW3360赤外線LEDセンサーと高速な32ビットマイクロコントローラーを採用し、ネイティブで最大12000DPIの解像度と、最大加速度50G、250IPSの最大トラッキング速度による優れたトラッキング性能と、ポーリングレート1000Hzの高速な応答性能を実現しています。
 左/右メインボタンには5000万回のクリック耐久性を誇るオムロンスイッチアンドデバイス製のメカニカルスイッチを採用し、高い耐久性を実現しています。また、センターにはDPI切り換えボタンを備え、ボタンスイッチで解像度を3段階で切り替えることができます。その他、ホイールボタンと3つのサイドボタンの計7ボタンを備えています。
 右利き向けに人間工学的にデザインされたボディは、手に収まるようフィットし、滑りにくいマットな表面と網目状のラバーによってしっかりとグリップすることができます。また、低摩擦のPTFE製マウスソールによってスムーズなマウス移動が行なえます。
 また、Sound BlasterX Siege M04は、Aurora ReactiveライティングシステムLEDを搭載しており、マウスのエッジ全体やBlasterXの“X”ロゴを1680万色カラーでライティングします。
 Aurora ReactiveライティングシステムLEDの発光色や発光パターンなどの設定は、後日ダウンロード提供予定のWindows用ソフトウェア「Sound Blaster Connect」によってカスタマイズが可能となる予定です。

■機能と特徴
●高性能オプティカルセンサー&高速マイクロコントローラーユニットで優れたトラッキング性能と高速な応答
PixArt Imaging製のPMW3360赤外線LEDセンサーと高速な32ビットマイクロコントローラーを採用し、ネイティブで最大12000DPIの解像度と、最大加速度50G、250IPSの最大トラッキング速度による優れたトラッキング性能と、ポーリングレート1000Hzの高速な応答性能を実現しています。

●左右メインボタンには耐久性の高いオムロン製ボタンを採用、合計7つのボタンを搭載
左/右メインボタンには5000万回の耐久性を誇るオムロンスイッチアンドデバイス製のメカニカルスイッチを採用し、高い耐久性を実現しています。
また、センターにはDPI切り換えボタンを備え、オンザフライで解像度を3段階で切り替えることができます。その他、ホイールボタンと3つのサイドボタンの計7ボタンを備えています。

●人間工学的にデザインされたボディ、スムーズなマウス移動
右利き向けに人間工学的にデザインされたボディは、手に収まるようフィットし、滑りにくいマットな表面と網目状のラバーによってしっかりとグリップすることができます。また、低摩擦のPTFE製マウスソールによってスムーズなマウス移動が行なえます。

●1680万色のAurora Reactiveライティングシステム
Aurora ReactiveライティングシステムLEDを搭載しており、マウスのエッジ全体やBlasterXの“X”ロゴを1680万色カラーでライティングします。

●Sound Blaster Connectソフトウェア
Aurora ReactiveライティングシステムLEDの発光色や発光パターンなどの設定は、後日ダウンロード提供予定のWindows用ソフトウェア「Sound Blaster Connect」によってカスタマイズが可能となる予定です。
*WindowsパソコンにSound Blaster Connectソフトウェアをインストールした場合に、各種設定のカスタマイズが行える予定です。

■主な仕様 ※こちらに記載の製品仕様は発表時のものであり予告なく変更される場合があります。
  • 外形寸法(L×W×H):約135.6×67.65×43mm
  • 重量:約110g(ケーブル含まず) /約143g(ケーブル含む)
  • ボタン:7ボタン(左/右メイン、センタークリック付スクロールホイール、DPIトグル、左サイド×3)
  • 光学センサー:赤外線 LEDセンサー
  • センサー解像度:200〜12000DPI
  • 最大トラッキング速度:250IPS
  • 最大加速度:50G
  • リフトオフ距離:2mm
  • インターフェイス:USB
  • レポートレート:1000Hz

■パッケージ内容
  • マウス本体(約2mナイロン編組 USBケーブル付)
  • マウスソール(交換用 1セット)
  • クイックスタートガイド /ハードウェア保証書
*Creativeソフトウェアはダウンロード提供となります。

■必要なシステム構成 ※こちらに記載のシステム要件は発表時のものであり予告なく変更される場合があります。
  • Intel Core 2 Duo、または AMD Athlon 64x2 Dual Core、または同等以上のプロセッサー(2.8GHz以上を推奨)
  • Microsoft Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7
  • 600MB以上のディスクスペース
  • 2GB以上のシステムメモリー
  • 使用可能なUSB 2.0ポート
  • インターネット接続(ソフトウェア等のダウンロードやアップデート、ユーザー登録、サポートを受ける際に必要)

Sound BlasterX Siege M04を販売予定のクリエイティブメディア直販オンラインストア
*予告なく変更される場合があります。

●Sound BlasterX Vanguard K08 [販売店限定]
 Sound BlasterX Vanguard K08は Creativeの Aurora ReactiveライティングシステムLEDを搭載したハイパフォーマンスな USB接続ゲーミングキーボードです。
 オムロンスイッチアンドデバイスと共にデザインし生み出された P.R.E.(Perceive/認知、React/反応、Execute/実行)体験を実現する、カスタムメカニカルスイッチ−PRES(Perceive-React-Execute Switch)を採用。このゲーム向け専門に開発されたカスタムスイッチは、7000万キーストロークの高耐久性を誇り、大きなキーアクションや多量のタイピングにも対応する設計となっています。
 また、PRESキースイッチは動作不具合を低減させるフェイルセーフ機構、クロスポイントコンタクト技術を採用しており、各キーに2つのスイッチ端子を備える事で、キー端子の酸化や微粒子の付着等による動作不良を低減しています。
 押下圧45gと軽いキータッチのPRESキースイッチは、総トラベル 3.5mm/プリトラベル 1.5mmと距離が短く、高速で快適なキー打鍵が行えます。
 アンチゴースト対応の 26キーロールオーバー機能によって、素早いキー入力や複数キー同時押しを正しく認識する事ができます。
 英語 104キーと 5つのマクロキーは、Aurora Reactiveライティングシステム LEDによる RGBバックライトを備えており、キーボード全体のキーバックライトの発光色や発光パターンなどの設定は、後日ダウンロード提供予定の Windowsソフトウェア「 Sound Blaster Connect」によってカスタマイズが可能となる予定です。
 その他にも、独立した音量コントロールダイアルとマルチメディアボタンを備えており、ゲームサウンドの音量を素早く変更したり、メディアプレーヤーソフトウェア等での音楽再生をコントロールすることも可能です。また、Windowsキーロックボタンやバックライトキーも備えており、Windowsキーの無効化やバックライトの操作も素早く行えます。
 Sound BlasterX Vanguard K08には着脱可能なパームレストが付属しており、パームレストを取り外しよりコンパクトにすることも可能です。また、USBパススルーポートも備えており、Sound BlasterX Siege M04などのマウスをキーボードに接続する事もできます。

■機能と特徴
●P.R.E.(Perceive/認知、React/反応、Execute/実行)体験を実現、カスタムメカニカルスイッチ
オムロンスイッチアンドデバイスと共にデザインし生み出された、P.R.E.(Perceive/認知、React/反応、Execute/実行)体験を実現する、カスタムメカニカルスイッチ−PRES(Perceive-React-Execute Switch)を採用。このゲーム向け専門に開発されたカスタムスイッチは、7000万キーストロークの高耐久性を誇り、大きなキーアクションや多量のタイピングにも対応する設計となっています。

●動作不具合を低減させるフェイルセーフ機構、クロスポイントコンタクト技術を採用
PRESキースイッチは動作不具合を低減させるフェイルセーフ機構、クロスポイントコンタクト技術を採用しており、各キーに 2つのスイッチ端子を備える事で、キー端子の酸化や微粒子の付着等による動作不良を低減しています。

●高速で快適、正確なキー打鍵
押下圧 45gと軽いキータッチの PRESキースイッチは、総トラベル 3.5mm/プリトラベル 1.5mmと距離が短く、高速で快適なキー打鍵が行えます。
アンチゴースト対応の 26キーロールオーバー機能によって、素早いキー入力や複数キー同時押しを正しく認識する事ができます。

●1680万色の Aurora Reactiveライティングシステム
英語 104キーと 5つのマクロキーは、Aurora Reactiveライティングシステム LEDによる RGBバックライトを備えており、キートップを 1680万色カラーでライティングします。

●Sound Blaster Connectソフトウェア
Aurora Reactiveライティングシステム LEDの発光色や発光パターンなどの設定は、後日ダウンロード提供予定の Windowsソフトウェア「Sound Blaster Connect」によってカスタマイズが可能となる予定です。
*Windowsパソコンに Sound Blaster Connectソフトウェアをインストールした場合に、各種設定のカスタマイズが行える予定です。

●マルチメディアボタンなど便利な機能
その他にも、独立した音量コントロールダイアルとマルチメディアボタンを備えており、ゲームサウンドの音量を素早く変更したり、メディアプレーヤーソフトウェア等での音楽再生をコントロールすることも可能です。また、Windowsキーロックボタンやバックライトキーも備えており、Windowsキーの無効化やバックライトの操作も素早く行えます。
Sound BlasterX Vanguard K08には着脱可能なパームレストが付属しており、パームレストを取り外しよりコンパクトにすることも可能です。また、USBパススルーポートも備えており、Sound BlasterX Siege M04などのマウスをキーボード側に接続する事もできます。

■主な仕様 ※こちらに記載の製品仕様は発表時のものであり予告なく変更される場合があります。
  • 外形寸法(H×W×D):約215×465×37.6mm(パームレスト含む)/約149×465×37.6mm(パームレスト含まず)
  • 重量:約1.3kg(ケーブル含まず) /約1.4kg(ケーブル含む)
  • キー配列:英語 104キー+ 5マクロキー
  • キースイッチ:メカニカルスイッチ
  • キーストローク:3.5mm
  • プリトラベル:1.5mm
  • キー押下圧:45g
  • キーロールオーバー:26キー
  • インターフェイス:USB

■パッケージ内容
  • キーボード本体(約2mナイロン編組 USBケーブル付)
  • パームレスト(着脱可能)
  • クイックスタートガイド /ハードウェア保証書
*Creativeソフトウェアはダウンロード提供となります。

■必要なシステム構成 ※こちらに記載のシステム要件は発表時のものであり予告なく変更される場合があります。
  • Intel Core 2 Duo、または AMD Athlon 64x2 Dual Core、または同等以上のプロセッサー( 2.8GHz以上を推奨)
  • Microsoft Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7
  • 600MB以上のディスクスペース
  • 2GB以上のシステムメモリー
  • 使用可能な USB 2.0ポート× 2
  • インターネット接続(ソフトウェア等のダウンロードやアップデート、ユーザー登録、サポートを受ける際に必要)

Sound BlasterX Vanguard K08を販売予定のクリエイティブメディア直販オンラインストア
  • 関連タイトル:

    Sound Blaster

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月27日〜05月28日